ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

魔術師キャッツ」 みんなの声

魔術師キャッツ 作:T・S・エリオット
絵:エロール・ル・カイン
訳:田村 隆一
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1991年
ISBN:9784593502745
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • エロール・ル・カインの遺作です!!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    形態は絵本なのですが、作品の作りは童話のような感じがしました。
    本書は「ミュージカル・キャッツ」の原詩だそうです!!(知りませんでした!)というか、「キャッツ」の原作が“詩”ということも知りませんでした。
    ここでもやっぱりエロール・ル・カインのイラストがとびっきり素敵です!!
    なのに、この作品がエロール・ル・カインの最後の作品だなんて〜っ!とても残念です。

    描かれている猫たちがとてもユーモラスで、1ページ1ページが目茶目茶楽しいです。
    ミスター・ミストフェリーのつけているマントは夜空の柄で、毎ページ毎ページひるがえり方が違っていて、その模様の動きを楽しませてくれます。
    時にはチェシャ猫のようなポーズをとり木の又の影に身を寄せるミスター・ミストフェリー!!一発で大ファンになってしまいました。

    同時収録されているもう一つのお話は「マンゴとランブルの悪ガキコンビ」という猫の兄弟のお話。
    これもすごく楽しいお話です。
    『詩』にするとどこか形式場って、韻とか音とか〈響きやリズム〉を大切にするあまり、なんだかよくわからない印象を受けるものもありますが、
    T・S・エリオットのこの作品に関してはとても自由で楽しく、声に出してみたらもっと素敵でした。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと難しかったです。

    • 橘朔夜さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子7歳

    もともとはミュージカル「キャッツ」の原詩だそうで。
    大人が読むには大変面白く、かつ興味深い絵本だと思いますが、子供には叙情詩過ぎて少々???って状態でした。

    猫の絵が可愛く、「不思議の国のアリス」に通ずる、不思議な世界をのぞき見する感じにはぞくぞくしました。

    でも、子供の時には?だったけど、大人になってから読み直してあぁ!と感じ入る、細く長く読んでいく本ではないかなと思います。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大好きなミュージカル『キャツ』が、大好きなル・カインの絵で絵本になっているのを知り、購入しました。
    様々なキャラクターの猫が登場するミュージカルですが、タイトルになっている「魔術師」のミストフェリーズのファンは、大変多いのではないでしょうか?(私も一番好きなキャラクターです)
    ミュージカルの場面を思い出しながら読んでいますが、ステージ上ではスマート&カッコイイ印象のミストフェリーズが、絵本では、何だか愛嬌タップリのおちゃめな猫のような絵で、また違う楽しさを感じる事が出来ました。
    また、別のキャラクター「マンゴとランプル」のお話しですが、こちらはミュージカルでは憎めない愛すべきキャラクターのイメージでしたが、こちらは実際に遭遇したらイヤダァ〜と感じてしまいました。

    表紙もとてもおしゃれですので、インテリアとしてもGood!

    掲載日:2009/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい猫ちゃん達

    とにかく、表紙野えがユニークでおしゃれだな〜って
    思って、手にとって読んでみたのですが
    かわいらしい猫ちゃん達がたくさんでてきて、
    微笑ましくなってきます。

    この絵本には二つのお話があるのですが、
    1つめは「大魔術師ミストフェリーズ」。
    超一流奇術をあやつる黒猫ミストフェリーズの魔法のお話。
    子猫たちと組みたいそう?をしてるシーンはかわいさ満点です!
    自分たちの飼い猫が本当にこんな風に魔術を使いこなしてたら
    その練習風景もみてみたいな〜って思っちゃいました。
    大魔術師ミストフェリーズの魔術を目一杯楽しめます。

    2つめは「マンゴとランプルの悪ガキコンビ」
    いたずら猫コンビ!マンゴとランプルのお話。 
    とってもいたずら好きそうな猫さんたちの事を
    表情豊かな挿絵が表しています。
    でも、そのハチャメチャぶりと言ったら・・・
    町中の人々もこのコンビニ会ったら、災難に巻き込まれちゃう!
    もう、止まらないいたずらに苦笑いしちゃいました。

    どちらのお話しも、かわいい猫ちゃん達の
    行き来とした表情と、自由な雰囲気がいっぱいに伝わって
    とっても素敵な絵本でした。

    掲載日:2008/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不適な笑みがたまらない!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子16歳、女の子14歳、女の子12歳

    エロール・ル・カインによる挿絵と言う事だけで、即購入した本でしたが、なんと彼の遺作でした。

    これはミュージカル「キャッツ」の原詩なのだそうです。

    私にはミュージカルの中のミストフェリーズとこの本の中の彼とはだいぶ印象が違って見える。
    暖炉の前で丸まってぼーっとした姿を見せたり、ソファに寝そべりながら、まるで人間を小ばかにしたかのように帽子の中から子猫を取り出して見せたり、ちょっとメタボに描かれています。

    エリオットの詩は事細かな魔術の描写があるわけではなく、
    「ほら、みてごらん」とあるだけ。文章を読んだだけではとらえどころのない猫でしかないのです。
    そこをカインの想像力で挿絵を完成させたのでしょうか。
    ふんだんにイギリスの香りが漂ってきます。
    挿絵だけで楽しめる本かな。(エリオットさんごめんなさい)

    他にいたずら好きの双子の猫の短編が載っています。

    この本の前に「キャッツ ボス猫グロウルタイガー絶体絶命」というのが出版されているようです。

    掲載日:2007/09/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / てぶくろ / そらまめくんのベッド / バムとケロのさむいあさ / ビロードのうさぎ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット