なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

白鳥」 みんなの声

白鳥 作:アンデルセン
絵:マーシャ・ブラウン
訳:松岡 享子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1967年
ISBN:9784834011494
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,957
みんなの声 総数 5
「白鳥」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • このうえない逆境物語

    マーシャ・ブラウンの絵のせいでしょうか、この上なく理不尽な逆境ドラマに思える物語です。
    何故に11人の兄弟と末の妹のエリザが、これほどに苦しい試練を受けなければいけないのでしょうか。
    陰湿な苛め社会のなかで、必死に救済を求めるような、そんな構図がブラウンの絵に示されています。
    継母の策略に揺らいでしまう父親の愛情、世間の言葉に呑まれてしまう王さまの妻への愛情…、童話でありながら昼ドラのようなドロドロしさを感じてしまいました。
    このような展開が物語の世界だけであってほしいと思うほど、屈折した現実社会の社会病理をまで思い起こしてしまいました。
    この物語を他でも読んでいるのですが、こんな思いになったのは、ブラウンの絵と物語で描かれた文章のディテイルのせいでしょうか。
    そのなかでエリザはとても健気です。
    最後に救われるくだりでは、心の底からほっとしました。

    余談ですが、物語の中で書かれている「国の半分ほどもする、美しい絵本」って、いったいどんな絵本なのでしょうね。

    掲載日:2014/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙で一目ぼれ

    古本屋さんで見つけて迷わずゲット! こんな素敵な本が絶版だなんて残念です。子どもの頃に聞いてうろ覚えだったのがこの本を読んでくわしく話を知ることが出来ました。エリザのけなげさやお兄さん達の妹を思う愛情がドラマチックに描かれています。おそらくはしょった所はなくほぼアンデルセンの原文のまま書かれてるのではないかと思います。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • マーシャ・ブラウンの

    限定復刊ということで図書館へリクエストしたのですが、間に合わず相互貸出で読むことができました。

    でも、ナビだとまだ購入できるようですね。

    「白鳥の王子」という名前の方がしっくりくるでしょうか。

    こうして読むと結構長いお話だなあと思いました。

    王様が、自分の子どもたちなのに、王子たちに関心をなくしたり、会いたいと呼び寄せた姫なのに、きたない格好をしていたら用はないというようなところ、親としてどうなの?と腹立たしく思いました。

    絵が、マーシャ・ブラウンです。

    白・黒・赤のみの色なのですが、文章を邪魔することもないし、悲しみも伝わってくるしと、とてもいいなあと思いました。

    長いお話なので集団での読み聞かせは難しいと思いますが、ちょっと長めの読み物に慣れた子どもになら親子で読み聞かせを楽しめそうです。

    掲載日:2010/06/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美しいお話と絵

    エリザの強さや美しさの中に信心深さを感じました。
    マーシャブラウンの絵にひかれて、久しぶりに読みましたが
    改めて美しいお話だと思いました。
    少し長いお話なので、大きくなってから読んでやりたいです。

    掲載日:2010/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白鳥の11人の王子たちとエリザ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    アンデルセンのおはなしは子どもの頃たくさん親しんでいましたが、
    本格的に原作を読んだことはなかったように思います。
    ということで、原作に忠実な訳で絵も素晴らしいと松居直さんがお薦めされていた
    今作を手に取りました。
    私にとっては、「白鳥の王子」という題名で親しんだストーリーです。
    11人の王子と末娘のエリザは、義母のお妃によって城を追い出されます。
    白鳥にされた11人の王子を元通りにするため、
    エリザは教えてもらった方法を辛抱強く実行しますが、たくさんの試練があります。
    口をきかず、イラクサを集めて11人分の上着を編むエリザの姿は、
    子ども心にとても印象に残るものでした。
    今回じっくりとストーリーを追って、その深い背景やエリザの描写に触れ、
    その奥深さを感じました。
    読み物に近い文章量なので、じっくりと読める時に、お薦めしたいです。
    控えめなトーンですが、それだけに、物語と呼応する絵もたっぷり味わってほしいです。
    ワーグナーのオペラ、「ローエングリン」にも、弟を白鳥に変えられたエルザというヒロインが登場します。
    彼女も婚約者に素性を聞いてはならぬという約束を課せられます。
    かの地は、そういったストーリーが紡ぎだされる風土なのでしょうね。

    掲載日:2010/03/08

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット