なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

火うちばこ」 みんなの声

火うちばこ 作:舟崎 克彦
絵:さとう わきこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784097262428
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,439
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • う〜ん・・・教育に悪い!?

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子12歳、男の子10歳

    小4の二男に読み聴かせしました。

    グリム童話は、小さい頃にいくつか読んだことがありますが、この話は初めてだったので読んでみました。

    そしたら・・・冒頭から兵隊さんは欲深で惨酷、しまいには無理矢理手に入れた魔法の力で国までものっとってしまうという、すごいお話。

    あとがきには、‘大冒険と大きなごほうび‘とありますが、私はそんなものではないと思うのです。
    もし、それがこのお話のほんとうなら、このはなしの運びが良くないのだと思います。

    そんなわけで、読み終わってめでたしめでたしという気分にならなかったのは確かです。

    掲載日:2012/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きなごほうび?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    アンデルセン童話です。
    私はこのお話は知りませんでした。

    戦争の任務を終えた兵隊さんが、火うちばこを手に入れたことで、
    幸せになるという昔話です。

    戦争の帰り道、魔女に呼び止められ、火うちばこを取って来て
    ほしいと頼まれます。
    木の穴に入ると、銅貨を守る犬の部屋、次に銀貨を守る犬の部屋、
    そして、金貨と魔法の火うちばこを守る犬の部屋がありました。

    面白いのは、銅貨を見つけてポケットに詰め込みますが、
    次の部屋で銀貨を見つけると、銅貨を置いて銀貨をポケットに
    詰め込み、金貨を見つけると、銀貨を捨てて金貨を持ち去るのです。
    なんて強欲な兵隊さんでしょう。
    でも、人間の本質を見せられたようで、
    恥ずかしい気持ちになりました。

    その後、火うちばこも手に入れるため、
    魔女を殺してしまったのは驚きでした。
    きっと、何かバチがあたるのではないかと思っていたのですが、
    この火うちばこを使って、一国の王さまになって幸せになるのです。

    自分が幸せになるために、魔女から奪い取った火うちばこを使って、
    お金を手に入れたり、おひめさまを誘拐したり、
    なんて傲慢な兵隊だろうと思いましたが、
    どうやら、戦争が終わると失業する兵隊さんが、
    勇ましく、知恵を使うことによって、
    幸せを手に入れるという考えが背景にあるようです。

    それぞれの国の事情や背景を考えながらお話を読むと、
    なかなか面白いものだと思いました。

    掲載日:2011/08/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット