タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。

影ぼっこ」 みんなの声

影ぼっこ 作:ブレース・サンドラール
絵:マーシャ・ブラウン
訳:尾上尚子
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1983年
ISBN:9784593501793
評価スコア 4
評価ランキング 21,335
みんなの声 総数 2
「影ぼっこ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 影という精霊たち

    アフリカの原野で生活している原住民たちにとって、様々な精霊や神秘性が、生活と密着しているのだと思います。
    この絵本は、そんな世界の中から、影といういう存在に焦点をあてて、ドラマチックに語る散文詩に影絵のようなコラージュで形づくったものです。
    影が魔法のようでもあり、不気味さも持っているのですが、畏敬という言葉がぴったりと当てはまる世界を拡げています。
    高学年向けの絵本だと思います。

    掲載日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 光と火の影の精

    幻想的で少しこわい感じがしました。
    影のような黒色で描かれている、動物や人間が印象的です。影ぼっこは、光と火の影の精です。
    漆黒の闇の中では、ゆらめく炎や立ち上るけむりや灰の中に影ぼっこがみえるのでしょうか。昼間は、影ぼっこはどこにでもいるそうです。

    子供は影ぼっこをこわがっていました。でも
    「影ぼっこはなんだかおそろしい。
     でも こわがることはない。
     影ぼっこは死神とはちがうのだから」
    と書いてあります。

    おそろしいような不思議なお話に、ひきこまれてしまいます。目にみえない影ぼっこをを、すっかり描いている絵がとてもすばらしいなと思いました

    掲載日:2007/11/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『くろくんとちいさいしろくん』発売記念  イベントレポート&インタビュー!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット