くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

はなとはなのはなし」 みんなの声

はなとはなのはなし 作・絵:木曽 秀夫
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\680+税
発行日:1997年
ISBN:9784577017661
評価スコア 4
評価ランキング 24,206
みんなの声 総数 1
「はなとはなのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 絵本であそぼう!

    • カナピンさん
    • 40代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子3歳、女の子0歳

    いのししのおじさんが足をけがして入院。主人公のぶーたがお見舞いにはなをもっていこうと考えます。
    ページをめくると「はなははなでもおおちがい」。
    次々と出てくるのは全部”鼻”。
    てんぐ、まじょ、ピエロ、らくだ・・・など全部で10種類の絵があり、開いている穴から指を出してそれぞれの鼻に見立てるという仕組みです。
    穴の大きさや形はまちまちで、どのように指を出せばいいのかは最初のページに描かれています。
    二人の娘はいろんな動きをする指の鼻に大喜び。
    指を捕まえようと手を伸ばしてきたところで指を引っ込めたりして親子でふざけて遊んでいます。

    掲載日:2007/11/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】木村カエラはじめての絵本出版記念連載B

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット