モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

あめふらし」 みんなの声

あめふらし 作:グリム
絵:出久根 育
訳:天沼 春樹
出版社:パロル舎
本体価格:\1,600+税
発行日:2001年
ISBN:9784894192461
評価スコア 3.8
評価ランキング 29,140
みんなの声 総数 4
「あめふらし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 不思議な物語

    グリムとは言っても、なんだか大人っぽそうな雰囲気が漂って
    いたので、ひとりで読もうと思っていたのですが、5歳の娘が
    読んでほしい読んでほしいと言うので一緒に読みました。
    大人っぽいというかとっても不思議な物語でした。
    出久根さんの絵がやっぱりいい味わいを出していて、物語の
    不思議さに拍車をかけているように思いました。いいなあ。
    グリムにはこんな物語もあるのですね。
    あめふらしをよく知らないから不思議な気持ちになった、というのも
    あるのかもしれません。海辺で暮らしていて、あめふらしを
    日常的に観る機会があるような人が読んだらまた違った思いを
    持つのでしょうね。

    大人の目からみれば「いい味わい」で「いいなあ」と思うことでも
    小さな子どもである(そして怖がりな)娘には、おどろおどろしい
    雰囲気に思えたのではないかしら。
    別の方の挿絵だったら、娘でももっと物語の中に入り込むことが
    もしかしたらできるのかな?とも思いますが、登場人物(動物も)
    すべてがひとくせもふたくせもある感じの様子が、天沼さんの訳で
    出久根さんの絵だから私はいいなと感じたのだと思います。

    掲載日:2012/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • グリムのお話で 出久根 育さんの絵が印象的な絵本でした

    わがままな王女は12の塔に12の窓をもっていて なんでもこの窓から見つけ出すことが出来るという 不思議な窓で 見つけられた者はみんな処刑されるという恐ろしいお話しです
    首をはねられた人97人
    三人の兄妹があらわれ二人の兄さんは見つけられて処刑されるのです
    三番目の弟は  王女と駆け引きするのです
    一日だけ待ってほしい事  見つけても 2度は許してほしいこと
    こんな駆け引きが 残酷な王女は聞き入れるのです(ここが おはなしのおもしろさですね。王女は この若者に恋をしたのでしょうか?)

    若者はどうしたらいいか分からないのでしたが  天のたすけか
    カラス 魚 キツネに出会い 命を助けてあげるのです
    その代わり恩返しをしますからと約束するのです
    ところが 2度見つかります
    とうとう命を奪われるとき キツネは あめふらしに化けるように言うのですが・・・(この あめふらしの正体が分かりませんでした?)
    キツネは駆け引きが上手で「ほんとうのかけひきを知っている」
    このあとは 王女も彼に負けたと思ったのか 意地の悪かったわがままがなくなるのです
    結婚します「わたしの夫は わたしよりすぐれているのだわ」信じて疑わないのです
    夫を尊敬する王女 これでめでたしめでたし  人間も、自分が一番偉いと思っているうちは だめで 相手を尊敬し自分が信頼できるものをもてる方が幸せなようですね
    このお話しは そんなことを言いたかったのでしょうか?
    グリム童話

    それにしても 殺された99人は たまりませんがね

    掲載日:2012/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「あめふらし」って一体何なのでしょう?

    昔話には元々残酷な要素もあるというグリム童話らしいお話だと思いました。

    12個の窓や、97人が犠牲になったところで三人兄弟が現れるなど、寓意がありそうだと思いました。

    読み終わって息子と「あめふらし」とは一体なんだろう?という話になりました。

    文では「若者も水の中をくぐらされ、小さなあめふらしに変身させられました」

    とあります。が、絵で見る限りでは若者の顔と手が出ているのみ。次のページでは、普通の顔と着ぐるみのようなものを着ているのと両方が出てきます。

    「あめふらし」を検索したら「うみうし」とありましたが、これは日本語でのものらしく、ドイツでは一体何にあたるのでしょう?

    「海うさぎ」という軟体動物という説もあり、これは「うみうし」とは違うとか。

    出久根さんの絵も印象に残りましたが、「あめふらし」って一体何なのでしょう?知りたくてたまらなくなりました。

    絵本のどこかに注を入れていただけると非常にありがたかったです。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白いのですが、この王女さまは怖い

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    グリム童話は学生のころ読んだ記憶なのですが、このお話は残念ながらあまり記憶がありません。

    名作童話集などにまとめられているグリムですが、小さな子ども向けにはあまりお勧めできないない、残酷な内容のものって、意外と多いんですよ。
    これも、サラッと読むと「冷えた心の王女様と、若者の素敵な恋の物語」にも見えなくはないのですが、王女差もの残虐さには目を覆いたくなる部分が結構ありました。

    ストーリー的には次から次へとドキドキすることが起きるので、なかなか面白いです。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(3.8)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット