おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

おおかみと7ひきのこやぎ」 みんなの声

おおかみと7ひきのこやぎ 作:平田 昭吾
絵:井上 智
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\350+税
発行日:1985年
ISBN:9784591020012
評価スコア 4
評価ランキング 18,964
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お友達宅にて

    お友達宅にて、ママとその娘が「おおかみと7匹の子やぎ」ごっこをしていました。

    どんな内容か忘れてしまい、ふと購入。

    あぁ、そうだ、おおかみが留守番しているこやぎを食べてしまう物語だ。

    自分が小さい頃、あんなにたくさん読んだ絵本も、成長すると忘れてしまうものですね。

    にしても、昔話ではオオカミは悪者にされがちでかわいそうだなぁ、と思いました。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 美人なおかあさんやぎ!

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子3歳

    この絵本は、随分おかあさんやぎが美人でした(笑)。ストーリーも簡単な言葉でまとめてあって、子供にはわかりやすいようです。

    私はこういうアニメ画っぽい絵本は好きではないのですが、子供は色合いが鮮やかでいいのか、好みますね。値段がお手ごろなのはいいところです。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっぴり怖いおおかみが魅力的

    • みっくるみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    おおかみと7ひきのこやぎのやりとりが楽しめる本です。

    この本の中でおおかみさんは悪役だけど、
    こどもは大好きのようです。
    毎日眠る前に読むお話のひとつで、娘は暗記してお話が出来るくらいすきです。

    ちょっとこわいけどでも惹かれてしまう狼が出てくるお話です☆

    掲載日:2011/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • おおかみごっこ

    2歳くらいから読んでいますが、今でもお気に入りの一冊です。
    もちろん影響されて下の子も大好きです。
    お話がとってもわかりやすく、絵もカラフルできれいだからいいのかもしれません。
    家の中で、「おかあさんですよ、あけてください
    と何度やったことか。。。
    上の子は、自分の黒い靴下と白い靴下を用意しておおかみを演じてました。
    下の子も、じょうずなのですが他のお話ごっこをやってもすぐにおおかみと言っているのが、、、なんとも言えないです。

    上の子ももう5歳になるので、他のおおかみとななひきのこやぎも
    読んであげたいなとは思います。

    掲載日:2008/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お気に入りでよく読まされます

    この話は色んなところから出てるんですが、気軽に買えるお値段だったのでこちらのシリーズを買ってみました。
    子供が持ちやすい大きさと、かわいらしい絵でよく読んでと言われます。
    7ひきのこやぎが狼の悪知恵に負けてしまい、7番目のこやぎだけが見つからないシーンが印象的のようです。
    世界の童話シリーズはたくさんあるので、これからもこのシリーズが我家に増えそうです。
    持ち運びにもいいですよ。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    いただいた本です。アニメ絵本という身近さと、ストーリーがおもしろかったのか、息子のお気に入りとなり何度も読んでほしいと言われました。

    名作絵本はどうしても後回しになりがちなので、興味を持ってくれてよかったと思いました。

    残酷な話ですが、お母さんが助けに来てくれる、悪者のおおかみに報復があるところが子どもにとってはおもしろいみたいです。

    このお話、前から不思議に思っていることが1つあります。おおかみのお腹をあけた時点でおおかみは痛くて気付くか、死んでしまうような気がするのですが、昔話だからその辺は、いい加減なのでしょうか。

    アニメ絵本なので敬遠していましたが、どんな形であれ子どもが興味を持ってくれるのは嬉しいです。子どもの頃に一度は読んでおきたいお話だと思います。

    掲載日:2008/02/27

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • おでんしゃ
    おでんしゃの試し読みができます!
    おでんしゃ
    作:塚本 やすし 出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
    教科書でもおなじみ、塚本やすし先生の楽しい読み聞かせ絵本。おでんしゃ出発しまーす。


怪盗ルパンとのはじめての出会いにも!厳選の名作短編

みんなの声(6人)

絵本の評価(4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット