もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

つぐみのひげの王さま」 みんなの声

つぐみのひげの王さま 作:グリム
絵:モーリス・センダック
訳:矢川 澄子
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1979年
ISBN:9784566001503
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,267
みんなの声 総数 3
「つぐみのひげの王さま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読んだことのあるお話だと思いました

    子どもがおしばいをするから、びっくりしました。

    ちょっとかわってるなあと思いました。

    読んだことのあるお話だと思いました。

    あんまりいばったり、なんでもだめっていうとよくないなあと思いました。

    おひめさまはわがままだと思います。

    人をばかにするのはよくないと思いました。

    掲載日:2010/03/23

    参考になりました
    感謝
    1
  • フェリックス・ホフマンの気品ある名作が、こんなにもドタバタ喜劇にリメイクされてしまうなんて…、センダックのエネルギーは半端ではありません。
    子ども友だちが、お芝居俳優に参加して始めた「つぐみのひげの王さま」の劇は、お話がちょっとなげやりならば、絵もおふざけが詰まっていて…、これがセンダック風ですよね。
    子どもたち、舞台監督のおおらかさに感謝しなくてはダメですよ。
    そしてホフマンの絵本があったから、この絵本が面白いのだとも思いました。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • センダックが描く「つぐみのひげの王さま」

    表紙の絵が三等身ぐらいで、子どものような絵だなあと思って読んでみたら、子どもたちが演じる「つぐみのひげの王さま」ということで納得しました。

    見返しのところがお話の導入になっているというちょっと変わった作りです。

    字がびっしりと細かいので、これは子どもの一人読みというよりは読んでもらった方が読みやすそうだと思いました。

    今までに、ワッツとホフマンの絵本で同じ話を読んでいたので、お話としては息子にも馴染みのあるものなので、「この話、聞いたことがある」と言っていました。

    子どもが演じているというところに息子も興味を示していたようです。
    お話自体は高慢のつけとでもいうのか、有名なお話ですよね。

    センダックが描くとこういう世界になるんだなあと興味深かったです。

    掲載日:2010/03/17

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット