うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

ラプンツェル」 みんなの声

ラプンツェル 作:グリム
絵:マイケル・ヘイグ
訳:酒寄進一
出版社:西村書店 西村書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1991年
ISBN:9784890138296
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,468
みんなの声 総数 2
「ラプンツェル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • それぞれこんなにも違うとは!

    グリム童話でも有名な「ラプンツェル」のお話だけに,絵本でもたくさん出版されているので,読み比べてみると,それぞれ雰囲気や味わいも違って面白いですね。
    こちらの「ラプンツェル」絵本は,子供への読み聞かせというよりは大人向けの絵本に思いました。
    イラストでこんなにもラプンツェルの印象って変わるのですね!
    そこがまた読み比べの醍醐味で。
    たくさん出版されている「ラプンツェル」絵本,あとは好みと誰を主観に読むかでしょうか。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれのラプンツェル

    「ラプンツェル」というと何となく反応してしまう私が、もう一冊と手にしたのがこの絵本です。
    調べると「ラプンツェル」には絵本も多いけれど、原作をモチーフにした小説、原作に刺激を受けた小説がなんと多いことでしょう。
    それだけに「ラプンツェル」のイメージは子どもから大人まで深く根付いているように思えます。

    さて、この絵本ですが、めくってみてとても違和感を覚えたのです。
    物語はまさにグリム童話そのものなのです。
    文字が小さいからでしょうか?
    本が薄いからでしょうか?
    内容は同じでも凝縮された感じは、子どもよりも大人の読者層を対象としたからでしょうか?

    何よりもうなってしまったのはヘイグの絵。
    残念ながら自分は邪悪さすら感じてしまったのです。
    私のラプンツェル像が崩れてしまいそう。
    なんともクセのある絵がき方。
    その中でラプンツェルと王子の若さだけは評価できるのですが、もっと恋物語風の描き方をしてほしい。

    ヘイグさんは、妖精のイラストでは有名な方のようですし、調べてみると自分好みの絵も多いのです。
    どうしてこんなことになっちゃったんでしょうか?
    原書の絵本は多いのに邦訳されている本が少なかったり、絶版になっているのはなぜでしょうか?
    日本人にはあまり支持されないということなのかもしれませんが、なんとも不思議な一冊です。

    こんな「ラプンツェル」もあるということです。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット