雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

絵本星の王子さま」 みんなの声

絵本星の王子さま 作・絵:サン=テグジュペリ
訳:池沢夏樹
出版社:集英社 集英社の特集ページがあります!
本体価格:\1,700+税
発行日:2006年10月
ISBN:9784082990169
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,964
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人向き絵本

    • ぽにょさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子8歳

    んー。 娘に読んで欲しくて購入したんですけどね…。
    難しかった…かな? 絵が寂しかったかな? 文字が多すぎたかな?
    ちょっとだけ、聞いていてくれましたけど。。

    でも、一番読みたかったのは『母』でしたので、たっぷり楽しませていただきました。文庫本だとやはり途中で話がこんがらがってきちゃったりで途中で読むのを止めたりしちゃってたんですよね。
    絵本版になって理解できたことも多々ありました。

    懐かしさと新鮮さとで、大人に楽しい絵本だったかもしれませんね。

    掲載日:2013/05/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • バラの気持ち

     星の王子さまを、はじめて読んだのは小学生のころです。だから、ストーリーはだいたいわかっていますが、やっぱり奥がふかいなと思います。

     この本は絵本で、言葉もわかりやすく訳されていますが、哲学的な内容はそのままです。
     大人になって読み返してみると、あのわがままなバラの気持ちが、すこしわかるようになりました。
     フランス語のタイトルがおしゃれですね

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵本になって

    何年も前に読んだ「星の王子さま」の絵本版を発見しました。
    サイズが大きくなったことで、絵が見やすくなったと思います。
    全ての漢字に振り仮名がついているので、より子供を意識して作られたのでしょう。
    お話の流れは、通常版に沿ったものです。
    ただ、あとがきでも触れていますが、子供にも読みやすいようにと、多少のアレンジがあります。
    その点が、好みの分かれる箇所でしょう。

    訳者として、「子供にもわかりやすく」「この絵本をきっかけに、通常版へと進めるように」とのことですので、そういった意図は充分に感じられる作品です。

    掲載日:2011/09/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 特別ってなに?一緒に考えられる絵本

    何千ものバラを見て自分の大好きなバラが特別じゃないと泣いた王子様が
    きつねと付き合ううちに特別ってなに、本当に大切なものってなにってことに気がついていきます。
    三歳の娘には早いかなと思いましたが、「どうして泣いてるのかな?」とか「どうしてきつねは王子様とあうのが嬉しいのかな?」と聞いたり、保育園のお友達やママの気持ちを話しながら一緒に考えつつ読むことができました。

    大きくなる娘の心の糧となるようまた一緒に読んでいこうと思っています。

    掲載日:2011/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人におすすめしたい

    • みっしさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮城県
    • 女の子8歳

    童話『星の王子様』を元に、絵本として作られており
    とても読みやすいです。
    (童話のほうは翻訳特有の言い回しで大人でも読み辛いんですよね)

    絵本になると、どうしてもイメージが違ってきちゃうのでは・・・
    と思いがちですが、この絵本は、とても世界観が大事にされていて
    哲学的なところや、癒される空気感も出ています。

    挿絵も童話のものとほぼ変わらず、かわいらしく、
    文章も詩的な感じもあり、とても読みやすいです。

    ひとりでゆったり、自分の時間があるときに
    読み深めていくのもいいと思いますし

    子供と肩を並べて読み聞かせするのもいいですね。
    きっと文学少女(文学少年)になってくれるんじゃないかな

    掲載日:2010/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 星の王子さまの入門編

    2年ほど前、家族で星の王子さまミュージアムを訪れた時に購入した思い出の絵本です。
    「絵本」というだけあって、挿絵が沢山入っているので、子供でも読みやすいと思います。
    池沢夏樹さんの訳も分かりやすく、原作から要所要所抜粋してある形になっているので、原作を壊していません。
    4歳になる娘も、時々思い出したかのように、本棚から持ち出してきます。一度に全部読むには長すぎるので、あらかじめ「今日はここまでね。」と決めたり、自分の好きな場面を選ばせて読んだりしています。
    子供も楽しめますが、まだ星の王子さまを読んだことのない大人の方もにもお勧めです。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 原作をこわしていません

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    絵本版?と、本屋さんで手に取りました。

    挿絵はほとんどそのまま原作通り、王子さまの絵が沢山載っています。
    これがすごい!!です。

    思い起こせば、小学生の頃かな?親戚のうちで絵が気になって、手に取って読んでは見たものの、「???」の世界。訳のせいなのか、「もっと、普通のおはなしにしてほしい」と思ったような記憶があります。

    ファンが多いのですが、なんか、私のような(^^ゞ不完全燃焼の方にお薦めかもしれません。新たに気付かされることもあるかもしれませんよ。

    子どもには、入門書?になるかも。

    掲載日:2009/06/01

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / いないいないばあ / もこ もこもこ / 手ぶくろを買いに / がたん ごとん がたん ごとん / ふたりはともだち / チリとチリリ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


新しい命との出会いと戸惑い、そして心からの喜び

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット