しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

びっくりかずあそび」 みんなの声

びっくりかずあそび 作・絵:チャック・マーフィー
訳:きたむら まさお
出版社:大日本絵画 大日本絵画の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1996年
ISBN:9784499303330
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,977
みんなの声 総数 10
「びっくりかずあそび」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 確かにこれはアートな絵本だ。

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    小さい子の手に触れたら簡単に壊されてしまいそうな仕掛け絵本です。私は蝶が苦手なので、8の数字の時はぎゃーっ!てなりました。図書館の本だった為、破損が酷く、こんなアートな感じなら、自分家用に買っておいてもいいなと思いました。

    掲載日:2017/06/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • びっくり!です

    白黒の大きな数字で、まずはびっくり!です。数字を開けたり引っ張ったり回したりするとカラーの強烈な生き物が隠れているので、またまたびっくりしました。数字も、びっくりしながら学ぶことができるので遊んで学べるからいいなあって思いました。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 毎日読んでいます。

    • こたつ猫さん
    • 20代
    • パパ
    • 群馬県
    • 男の子4歳、男の子0歳

    4歳の息子が毎日、弟に読んでいます。
    文字はないのですが、数字の裏に隠れている生き物たちに親も感動しました。
    うちでは最後の「0」を見せてから最初の「1」を読みます。
    色鮮やかな絵に弟は口をあけて見つめています。
    生き物の数を数えて教えてくれる頼もしいお兄ちゃん。
    息子に任せても壊れない素敵なオススメ絵本です。

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 数字のアート!

    数字の中に動物や昆虫が隠れていて、数字をめくったりすると登場するしかけ絵本です。

    数字や数を数えることに興味を示していた2歳の息子に。

    モノクロの数字とは対照的に隠れてるものはどれも色鮮やかで、描写も忠実。

    ただ、本自体の紙も薄く、繊細な作りのため、2歳児には扱いにくいようです。
    自分でやりたいのに、やると壊してしまう・・・。

    内容は、2歳児あたりがちょうどいいのに、一人で扱えるような歳の子には物足りない内容。。。ということで、☆2つ!です。

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ポップに飛び出す!

    モノトーンをバックに現れるいろいろな(1から10まで)の生物。鮮やかなチョウチョやオウムは圧巻。数遊びと題名にありますが、ポップアートの要素が高く、子どもと見ても楽しいのですが、どちらかと言えばアート好きな大人の趣味の本という印象。仕掛け絵本の好きな大人にはたまらない一冊です。仕掛け絵本にしてはお値段も高くないので、気軽に買えるし、贈り物に差し上げると喜ばれます。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせにも良いと思います!

     5年生の読み聞かせに選んでみました。

     まず、仕掛けをめくらずに、「one・two…」とtenまで読み
    その後で、もう一度ゆっくり仕掛けを楽しみながら、読んでいきました。モノトーンとカラフルの対比がきれいだったので、そうすることでより仕掛けが生きてくるのではと考えました。

     みんな、仕掛けが出てくるたびに歓声を上げて楽しんでくれました。
     
     角度によって見え方も違うので、ページによって多方向から見えるように動かしてみました。

     自宅文庫の1冊で、今まで読み聞かせにと考えたことがなかったのですが、こんな絵本もあるんだよと紹介できて、喜んでもらえてよかったと思っています!

     息子たちもずいぶん楽しんだので、折れたり破れたりしていました。
    今回修復もしてあげられて、良い機会でした。

    掲載日:2011/06/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 飛び出る絵本

    1〜10の数字が書いてあり、ひものような紙をひっぱると、それぞれの数にあった虫や蝶や人などが出てきます。ひっぱるのが子供には面白いようで、気に入っていました。

    色がカラフルで外国っぽいです。でも虫の色はちょっと毒々しいように見えます。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • カラフル

    数字と一緒に数を表す絵が飛び出てくる絵本です。

    とにかく大きな数字にビックリしました(笑)
    そして数字をめくると中から、素敵な絵が出てきます。
    私が特に気に入っているのは、鳥と子ども達のページです。
    子ども達は、沢山いるからこそ楽しそうな表情をしています。

    色彩が豊かなので、見ているだけでも十分に楽しめる絵本だと思いました。
    まだ数に興味のない子ども達でも楽しめるオススメの一冊です☆

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノクロとカラーのコントラスト

    ページを開くと一見白黒の数字がただ描かれているだけなのですが、それぞれの数字をめくると、中からとってもカラフルな動物や昆虫などがその数だけ現れます。
    モノクロからカラーというその変化にまずびっくりするのですが、それぞれの仕掛けがまた素晴らしい。
    初めて見たときは、その仕掛けの多様さに感動してしまいました。
    ポップアップも凝っていてそれぞれ違いがあり、引っ張ったり回したり、それこそびっくりする仕掛けがいっぱい!
    子供はもちろん釘付けです。

    紙はそこそこ丈夫ですが、ボードブックほど硬くはないので子供が小さいうちは大人が開いて見せてあげるのがいいかもしれません。
    わが家でも破られるのがもったいなくて、普段は自分では取れない高い場所に置いておき、リクエストされた時にだけ出して見せてあげてました。
    2歳になった今ではあまり乱暴に扱わなくなったので、時々自分で引っ張り出しては開いて見ています。

    最後の10のページが圧巻。
    本当によくできていて、オススメの仕掛け絵本です。

    掲載日:2008/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しく数あそび

    • ぽた子さん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子5歳

    各ページに、ページ一杯の大きな数字。
    白地に黒か、黒地に白抜きかで描かれていて、インパクトがあります。
    そして、なんとその数字がめくることが出来るのです。
    そう、その数を表す、とても色彩豊かな絵が、飛び出してくるのです!!

    数字の余白や数字の中に、絵が現れたりするページもあり、驚かされます。
    それから、思わず微笑んでしまうような仕掛けもあります。

    「びっくりいろあそび」に続き、我が家では大好評!
    私がやるんだと、取り合いになってしまうほどでした。

    ただ、飛び出す仕掛けが精巧なので、開閉の容易でないページがあるので、
    幼稚園くらいまでの子には、親が手をかしてあげるほうがいいかもしれません。

    掲載日:2007/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが / 赤ちゃんのことばあそび 愛蔵版 だっだぁー / オニじゃないよ おにぎりだよ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


『キッズペディア 世界の国ぐに』 <br>編集者・高成浩さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット