だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

麦の穂」 みんなの声

麦の穂 作・絵:エヴゲーニィ・ラチョーフ
訳:田中 潔
出版社:ネット武蔵野
本体価格:\1,300+税
発行日:2004年
ISBN:9784944237739
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「麦の穂」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 民話って世界共通

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    ウクライナらしい、衣装、登場する動物。
    漢字の読めない息子が、またインスピレーションで選んできました。

    4つのお話がありました。
    題名の麦の穂の話、どうなることかと思ったら、やはり納得できる結末が待っていました。

    5歳の息子にはまだわからないこともあるかもしれないけれど、ズルして、いいことないよ!大切な教訓だと思いました。

    ウクライナでもオオカミやキツネは悪者なんですね…。

    掲載日:2008/11/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四つのおはなしが楽しめます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    短いお話ばかりなので、小さな子どもでも楽しく読めそうです。
    弱い立場のものが、最後には勝つものばかりで、読み終わってすっきりとします。

    長いお話から、だんだんと短いお話が入っているので、あきないで読めると思います。

    絵からウクライナの様子も分かります。
    服の形や色合い、家の中のペチカやじゅうたん。
    ストーリーテリングでは、耳だけでお話を聞かせるので、子どもたちの想像ができないところも、
    絵に描かれているとよく分かります。
    両方の体験が、子どもたちのお話への楽しみにつながると思います。

    昔から伝わる民話は、子どもたちにお話の楽しさだけでなく、生きる力も与えてくれます。

    掲載日:2008/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット