だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ちゅうたの はてなえほん(1) このしっぽ だあれ?」 みんなの声

ちゅうたの はてなえほん(1) このしっぽ だあれ? 作・絵:いしかわ こうじ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\790+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784062143356
評価スコア 4.46
評価ランキング 7,330
みんなの声 総数 12
「ちゅうたの はてなえほん(1) このしっぽ だあれ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クイズが楽しい

    動物のしっぽが少しだけ描かれていて、「このしっぽ、だあれ?」とクイズ形式で答えて進んでいく絵本です。

    出てくる動物たちが、りす、うさぎ、ぞうなど、親近感のある動物ばかりで、子供は楽しかったようです。
    こういうクイズの絵本は小さい子でも一度理解すればものすごく楽しいみたいで、何度も読まされました。最後は答えを覚えていました。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 個性を感じる動物たちの登場

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    手のひらサイズの低年齢向けです。

    この手の作品でよく登場するぶたやぞう、よりも、りすやうさぎが先に登場したり、うまやとらが出てくるとこに、作者の想いを感じました。
    色はカラフルですし、出てくる動物たちは線がはっきりして見やすいです。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かるかな?

    動物のしっぽの絵が半分くらい見えていて

    それをみて、どの動物のしっぽか当てる絵本です。

    うさぎのしっぽは丸くてフワフワで白いですが

    これはうさぎだと分かりにくかったようです。

    うさぎはどちらかといえば耳が長いとイメージの方が

    強いので。

    ぞうの長い鼻が

    このしっぽだあれ?とありますが

    これに対して、しっぽじゃないよ、鼻だよ!!と

    引っかかれないあたりが3歳だなと感じました。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。しっぽからどんな動物が隠れているか当てる絵本。とても可愛らしいです。こうしてみると動物のしっぽにもいろいろあるんだな、と私まで感心してしまいました。2歳の娘も娘なりにいろいろと一生懸命考えながら読んでくれます。とても楽しい本です。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • “これなあに

    • ももうさ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳、女の子1歳

    我が家にも“これなあに かたぬきえほん”シリーズが数冊ありますが、
    言葉のリズムやお話の展開が似ているので、
    (同作者ですから当然と言えば当然ですが・・・f^_^;)
    あのシリーズが好きな子なら、きっとハマります!

    最後にちょっと楽しい一捻りがあるので、
    かたぬきシリーズでは物足りなくなってくる年齢のお子さんにピッタリです^^

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 誰のしっぽ?

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子3歳、女の子1歳

    色々な動物のしっぽが出てきて、「このしっぽ だあれ?」と、
    当てるお話です。
    ねずみくんが案内役に出てきて、このうずまきぐるぐるしっぽはだあれ、などなど色々解説もしてくれるので、子どもたちにとっても動物の学習になるようでとても良いです。

    絵もとても可愛いし、動物の特徴をよくとらえているのでオススメです。

    掲載日:2010/05/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • いしかわこうじさん

    いしかわこうじさんの作品だったのでこの絵本を選びました。色々な動物が登場するのが楽しくて良かったです。主人公と一緒に動物のしっぽから全体を想像し、考える力を養える所が良いと思いました。主人公がその動物特有の魅力を分かり易い言葉で表現しているのも良いと思いました。見やすいように簡略化して描いてある絵も良かったです。

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネズミさんと一緒に・・・・

    「このしっぽ だあれ?」

    って、好奇心旺盛なネズミさんと一緒に楽しめます。

    まだよく理解できないのか、わかるまで何度も知りたがります。

    絵本の内容が孫がわかるまで読まされそうです。「嬉しい悲鳴です。」

    うさぎさんの「ぴょーん」はお気に入りでした。

    クイズ形式ですが、答えがまだ自分で答えれなくても楽しめる絵本です

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • オトとテンポがよくてお気に入り

    • まぁのさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    しっぽを見て、このしっぽだあれ?とあてていきます。
    まだ1歳の息子には、動物をあてていくような読み方はできないですが、動物が出てきたページの、リスの「かりっかりっ」やうさぎの「ぴょーん」などのオトの響きが好きなようです。
    テンポよく進めると喜んでニコニコしています。
    いただいた本で対象年齢がわからなかったのですが、動物がわかるようになったら違った読み方ができるかな?と思います。
    近所の小さな書店には置いておらずノーマークの本でしたが、はっきりした色使いも良いのか、息子のお気に入りの本になりました。
    サイズも小さめなので、おでかけにも持って行きやすくとても良かったです。

    掲載日:2008/08/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすいです

    ちいさなねずみ君が、いろんな動物の尻尾を見て、
    動物をあてていくという、とてもわかりやすい一冊です。
    娘にはちょっと幼すぎる内容の本だったのですが
    最近、お人形やぬいぐるみに読んであげるというお世話モードまっしぐらなので
    本を選ぶ時も、そういう目線で選んでいるようです^_^;
    絵のタッチや色合いが、とてもはっきりしているけれど温かみを感じるもので
    小さなお子さんから楽しめる本だと思います。
    大きさも手ごろな正方形サイズ(^^)
    お出かけの際の一冊にいかがでしょう。

    掲載日:2008/07/14

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット