モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

あかいハリネズミ」 みんなの声

あかいハリネズミ 作・絵:ジェイドナビ・ジン
訳:深川明日美
出版社:リトルモア
本体価格:\1,700+税
発行日:2007年03月
ISBN:9784898151990
評価スコア 3.33
評価ランキング 36,451
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ネズミのおじいさんに機転がほしかった

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    この絵本、ナビで感想を書いている方は皆さん評価が高くて、びっくりしました。そんなによかったですか?
    イラストは印象的で、個性的で、目を惹きます。
    でも、これはなんだかひどく悲しすぎる話で、「ハリネズミ」が可愛祖すぎませんか?
    こういうお話を子どもたちに届けて、それで、本当に愛や友情や勇気が湧くんでしょうか?
    絵本ではよく「ハリネズミ」が登場しますね。
    汚くて、ノミなんかもいて、背中に針があるから他の動物から嫌われている役回りが多いです。
    この絵本に登場する、ハリネズミお母さんも、最後にハリネズミのことを抱きしめたネズミのおじいさんも、本当にハリネズミのことを大事に思うなら、あそこで死んではいけないんです。
    どうしたら、背中の針を好きな相手に向けなくて抱きしめられるか、教えてあげてほしかった!!

    学生時代に出会った漫画で「山アラシのジレンマ(遠藤淑子:作)」というのがあります。
    この作品では、物語の例えばなしとして「山アラシ(ハリネズミとは種類が違いますが、同じような生態の動物)」が登場します。

    ー「寒さに震える山アラシ同士が出会った時
     お互いに暖めあおうと近づけば近づくほどお互いを傷つけてしまう。 それを『山アラシのジレンマ』というって」
    そんな話をする(心に傷を負っている)友人に対してに対して、
    主人公は
    ー「起き上って抱き合えばいいんだ」って、いとも簡単に答えるんですよ。
    私はこれを読んだとき、感動しましたね〜。何年もたった今でも大事なバイブルの1冊です。

    この絵本にも、ネズミのおじいさんにそういう機転がほしかったな〜。そういうラストだったら、きっともっと、子どもたちの胸に残る気がします。

    掲載日:2010/01/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ハリネズミが可哀想

    何かの比喩でしょうか?
    残念ながらそれをつかめなかったので、残酷なお話の印象が残りました。
    母親を失ったコハリネズミの友だち探しは、狙われたり慈悲を受けたり騙されたり、試練の旅でした。
    一匹の盲目ねずみが抱きしめてくれたけれど、ハリネズミの針がその命を奪ってしまいます。
    これほどに悲しいことはありません。
    3日泣き暮らしたあと、ハリネズミは立直り笑顔でねずみの墓に別れを告げるのですが、どんな気持ちだったのでしょうか?
    人の命の象徴のように赤く染まったハリネズミが、自分で生きていくしかないと気づいたとしたら、何とも悲しい答えのように思いました。

    掲載日:2015/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 腑に落ちません

    • ちぃ太さん
    • 20代
    • その他の方
    • 福島県

    友人に勧められて読みました。
    本当に泣くからと言われたのですが、私は腑に落ちなくて泣く以前の問題でした。
    ハリネズミが赤くなるのはそういうことなのね…というのはすぐに入ってこなくて何度か読み返しました。
    そもそもの友達の定義も私にはしっくり来ませんでしたし、だからどうしたと思ってしまうような内容でした。
    良く言えば感動、悪く言えばお涙頂戴。
    絵は綺麗だと思いますが、遠目も利きませんし、よみきかせにはまず不適切な本だと思います。
    大人の絵本としてひっそり勧めるのはまあ良いでしょうが、賛否両論分かれる本だということはここのレビューを見ても断言できます。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感動?ありえない

    私はこの作品を図書館で読みました

    絵がキレイなのに惹き付けられて読んでみました
    途中まで読んで、「このあと本当の友達を見つけて感動できるような物語なのかな」と思いました

    はっきりいうと、これはもし子供がいれば絶対に読ませたくない絵本です
    ねずみのおじいさん以外みんな自己中心的でおかしいです
    はりねずみは気の毒だとは思いますが、自分のせいでねずみのおじいさんが血を流していることに気づかないのはどうかと思いました
    愛情が欲しい。その為なら他人はどうなってもいい。
    そんな主人公に腹が立って、読んだあとはモヤモヤして仕方ありませんでした

    誰も救われない、けれどさも「どう?感動するお話でしょ?」という意図が見え見えの雰囲気
    この絵本は読んでもいい心地には一切なりません

    絵はキレイなので、その分すごく残念でした

    掲載日:2014/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハリネズミ大好きなので、立ち読みしました。
    赤い、ってそういう意味ですか・・・

    他でも、レビューで絶賛する方が多かったのですが、私は妙に嫌な感じを覚えました。
    まず、大好きなハリネズミがこんな扱いっていうのもあるのですが(笑)
    友情ってそこまで重くないといけないの??
    そこまで重くないと友情って認識しちゃいけないの??
    自分のために命を・・・って、本当に友達にそんなこと要求できる??

    全員が全員そうではないかも知れませんが、子供のなかには
    「これこそが本当の友情!!」なんて勘違いしちゃう子が居るかもしれません。
    ねずみのおじいさんの自己犠牲を友達に要求しちゃうかも知れません(もちろん死んでくれとは言わないでしょうけど)
    そして、自己犠牲をしてくれない子は友達ではないと思ってしまうかもしれません。
    (考えすぎですかね)

    他の方が書かれているように、「機転」が欲しかったですね。
    私が子供のときにこれを読んだとしたら、そうとうショックを受けたと思います。(「泣いた赤鬼」ですら大泣きしましたからねぇ)

    読後の違和感がかなりあった、ということで、星二つです。

    掲載日:2014/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • すべてがハッピーエンドじゃない!

    コハリネズミのお母さんは、
    「あなたを抱きしめてくれる人が友達よ」と、そう言って息をひきとります。

    コハリネズミは、友達探しの旅に出ますが、誰一人抱きしめてはくれません。

    そんな中、出会った盲目のどぶネズミのおじいさん。
    ハリネズミとは知らずに、抱きしめてしまいます。

    もちろん、ハリネズミのトゲが、おじいさんに刺さって血が流れ・・・死んでしまいます。

    悲しい、涙が止まりませんでした。
    どうして、こんな悲しいんでしょう。

    抱きしめてくれた、おじいさんに笑顔で「さよなら」を言って終わるのですが、
    1年生の息子は、その後ハリネズミがどうなったか?続きが知りたい・・と。
    つまりは、ハッピーエンドを望んだのでしょう。

    1年生には、ちょっと難しかったかもしれませんね。

    しかし、すべてがハッピーエンドでない事の現実を知る、
    いい本だったかもしれません!!

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 涙がとまらない

    はずかしながら、本屋で立ち読みしてしまいました。
    タイトルに「おや?」と思ったのと、ハリネズミが好きなのとで思わず手に取りページをめくったら、そのまま最後まで読んでしまいました。

    涙がとまりません。

    店先なのに涙をこらえることができませんでした。
    ラストが切なすぎます。

    ハリネズミが辿る厳しい現実と、盲目のネズミの命がけの優しさが、ダイレクトに心を打って、私は深く考える間もなく胸が痛くなってしまいます。
    ネズミに死なないで欲しかった。

    命と引き替えでなく、ハリネズミを温かく包んでくれる誰かがいて欲しいと願わずにはいられません。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • コハリネズミは、おかあさんが死んだとき 三日三晩泣いて泣いて 涙がかれるほど泣いた、分かります。
    私も父が、荼毘に付されるとき 泣きましたよ。

    お母さんの子供絵の言葉は 真実だと思います。

    「あなたを だきしめてくれるひとが友達だ」と
    しかし コハリネズミはとげがあるので 抱きしめてもらえませんし、なかなか 彼を 愛してくれる出会いはなく 悲しい思いをします。

    かわいそう、 かわいそう そう思いながら 読み進めていくと、最後に 目のみえないネズミのおじいさんと出会うのです。

    このおじいさんは コハリネズミのはりが痛くて血が出てくるのですが
    じっと コハリネズミを抱きしめてあげるのです。

    どんなに幸せだったでしょうね。 
    やっと友達を見つけた コハリネズミです。

    でも ねずみのおじいさんは 命がけでコハリネズミを 抱きしめてくれたのです。

    この愛は 母親と同じ愛情だったのですよね。

    赤いハリネズミのいみが 分かりました。

    この おじいさんのおかげで コハリネズミは 勇気をもらえて 又一人でも生きていくでしょう。 きっと 良い友達が 見つかりますように!

    そう祈らずにはおれませんね!

    悲しい話でしたが 生きることの厳しさと 勇気をもって生きることの
    大切さを 教えられました。

    掲載日:2009/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛すること、愛されることとは何か?

    読んだ後、本当に考えさせられます。

    おかあさんハリネズミは子ハリネズミに
    「抱きしめてくれる人が友達だよ」と言って死んでしまいます。
    おかあさんハリネズミは、ハリネズミという特性を知っているわけで、
    身体に針が刺さるから誰からも抱きしめてもらえない事だって
    分かっていたはずなのに、
    どうしてそんな事を言ったのでしょうか?

    初めて抱きしめてくれたのは、盲目のネズミのおじいさん。
    相手がハリネズミだと知らずに抱きしめてしまいますが、
    身体に針が刺さり血が流れます。
    そして、気付いても眠りについた子ハリネズミを抱きしめ続け、
    朝には死んでしまいます。
    死んだのは自分の所為だと知る子ハリネズミの気持ちを考えると、
    その行動は正しかったのでしょうか?

    しばらくは、これだけで頭がいっぱいになってました。

    そんな私に、こんな事を言ってくれた人がいました。

    「簡単だよ。立ち上がって抱き合えば良いんだよ」
    相手が受け入れるだけじゃなく、
    自分も相手も受け入れあって初めて幸せになれるんだよ、って。

    人間社会も同じだと思いました。

    愛すること、愛されることとは何か?

    小さいお子さんには難しいとは思いますが、
    じっくり話をしてみてはいかがでしょうか?

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当の友達が一人いたら幸せ

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    表紙の赤い色・・はなんでだろう?と思い読みました。

    赤い色は優しい友達の色・・悲しい友達の色・・
    でも・・この色があればコハリネズミは一人でも強く生きていけるのかもしれない・・・

    たった一人でも自分を認めて愛してくれたら強く生きていけるのかもしれない・・

    そんな・・読み終わった後考えてしまうお話でもあります。

    6年生の子ども達と楽しみました。
    泣いてしまう子はいませんでしたが、始めはコハリネズミと出会う動物たちに文句いったり元気に見ていた子どもたちですが、
    コハリネズミの求める友達ってできるんだろうか?と心配になってきた子どもたち口数は少なくなり・・『無理なんじゃないかな?』という暗い気分さえ感じられました。

    友達がいないというのは・・・すごくつらいことだと一番分る子ども達です。
    お母さんはどうして『友達は抱きしめてくれる人・・』なんて言ったんだろう?と出来ない注文に腹もたてているようでした。


    最後に出会った友達・・・
    良かったのかどうなのでしょう・・

    読み終えた後も重い気もちは残るのですが・・・歩きだしたコハリネズミの姿を見て何かを感じると思うのです。

    読み手の年齢も選ぶだろうし・・悲しいお話だけど・・何か心に残るような気がして「友達」や「愛情」「優しさ」「強さ」を考える時読んでほしい本だな・・と思います。

    掲載日:2008/10/16

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じごくのそうべえ / あおくんときいろちゃん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット