にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

たったひとつの」 みんなの声

たったひとつの 作・絵:えざきみつる
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年11月
ISBN:9784751525081
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,223
みんなの声 総数 3
「たったひとつの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 銀河を飲み込む?

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子12歳

    たったひとつの・・・なんだろう。
    変わった題名。不思議に思って借りてきました。

    オオサンショウウオのツーさんは、
    長い間、暗い穴ぐらでじっとしていたので、
    生きているのか、死んでいるのか、自分でもわかりませんでした。

    そんなツーさんが、アオガエルに教わった「シアワセ」を探しに、
    勇気を出して、川を上りカラス山のてっぺん目指して旅にでます。

    オオサンショウウオといえば、
    地味〜な色合いのイメージしかありませんでしたが、
    この絵には、驚かされました。

    この絵本に出てくるオオサンショウウオといい、アオガエルといい、
    なんともいえない肌色、肌触り、とても美しい。
    躍動感があって、ツーさんが銀河を飲み込むシーンは、
    なんて神秘的で美しいのかと、感動さえ覚えました。

    生きているのか死んでいるのかわからなかったツーさんは、
    一歩、自分の世界から抜け出すことによって、
    出会いがあり、生きていることの驚きと感動を知り、
    自分の可能性を見出し、そこから得た「シアワセ」。

    地味〜なオオサンショウウオが、
    とても愛おしく可愛い生き物に見えてきました。

    小学校中学年くらいからおすすめ。

    掲載日:2012/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特

    この絵本の絵がとっても独特な感じがしました。子供はこの絵のタッチが気に入っていたみたいです。ストーリーはオオサンショウウオの大冒険って感じで男の子にはたまらない一冊なのではないのかな??って思いました。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵にひかれて

    オオサンショウウオのツーさんは
    いつも穴ぐらの中。

    長い間じっとしていて生きているのもわからなくなってたけど、
    アオガエルに教えられて、シアワセを探しに出かけます。

    穴ぐらの中で暮らしていたツーさんが、
    シアワセを探しに旅に出ることはとっても勇気がいることです。

    そんなツーさんが勇気を振り絞って探したシアワセ。

    なんだかじーんとくる素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2011/01/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



0歳から遊べる♪初めてのブロック遊びにぴったりのセット

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット