みなみへ みなみへ
作: ダニエル・ダンカン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
海のうえで出会った“あいぼう”。それぞれが帰る場所は……? 一人ぼっちの漁師さんと1羽のトリのお話。

ね、ぼくのともだちになって!」 みんなの声

ね、ぼくのともだちになって! 作・絵:エリック・カール
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1991年05月
ISBN:9784032024302
評価スコア 4.54
評価ランキング 5,075
みんなの声 総数 67
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 動物あてゲーム

    ネズミが色々な動物の尻尾をみて、お友達になってと誘います。
    尻尾をみてどの動物かな?って当てっこします。
    鮮明で美しいエリックのイラストはダイナミックに動物を表現していて、大人も見ていて良い気分になります。

    セイウチは子供にはちょっと難しいみたいですが、その他は分かりやすく正解する度に大喜びしていました。
    最終的に同じ仲間が仲間になってくれました。
    その時の木の根元には腹ペコあおむしがいるので、ちょっとおもしろくな〜っと思いました。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次は誰かな誰かな〜言いながら

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    めくるのが楽しい絵本なんじゃないでしょうか。相変わらず美しい色彩で描かれた動物達に見ていて心が躍ります。ネズミはヘビに食べられるから、2匹で土の中に身を隠した、という解釈でいいのかな?こんな風に新しいお友達に声をかける事が出来たら楽しいよね!

    掲載日:2017/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもかわいいお相手

    題名のことばが、ずっと続いてゆきます。
    ちいさなネズミ君の問いかけに、体の一部分だけ見えて、
    次のページには、どんな動物かがわかるようになっていて、楽しめる絵本です。
    このねずみくんの、問いかけに応えてくれたのは、とてもかわいいお相手でした。
    そしてちいさなおうちも素敵です。

    掲載日:2017/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばれ、ねずみさん

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子5歳、男の子1歳

    ねずみさんがいろんな動物に「ともだちになって」と声をかけます。断られてばかりですが、最後に・・・。ハッピーエンドです。お友達がほしいと思ったら自分から積極的にいかないとですね・・・(反省)。 初めのページからずっと下の方にある緑の線、草や芝生ではないのです。実は・・・びっくりでした。
    この本は幼稚園で園児たちへの出し物として、大型の絵本にして紹介されました。いろんな動物が出てくるし、音楽にのせて読まれると本当におもしろかったです。最後に、ページの下の方に出てくる緑色の細長い動物が園児たちを取り囲むと、みんな大喜びでした。

    掲載日:2016/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちってなにか

    たくさんの動物たちに、
    「ね、ぼくのともだちになって!」って頼むねずみ君。
    セリフはほぼそれだけなんですが。。。
    最後におともだちになれたのは。。。?

    ともだちって何か、
    自分に合う友達って誰か、
    どうやってともだちを作るか。
    セリフは少ないですが物語っているものが多い作品だと思いました。
    さすがエリックカール

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • くりかえし絵本

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    「ね、ぼくのともだちになって!」のセリフをほかの動物に言ってまわるねずみのおはなし。このセリフのくりかえしな絵本です。
    最初から下のほうにある緑色の長いものは気になりますね。
    みんなに声をかけ、友達もできるのですが、それ以外の声をかけた動物たちには相手にされなかったの?という気がしてしまいました。

    掲載日:2015/06/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しい!

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     こどもはともだちおもいです。
    この絵本に登場するねずみを心配して
    いっしょにともだちさがしをしていました。
     いい返事をもらえなかったからといって
    けっしてきらわれたのではなく、あ〜ちょっとやぶにらみね、とか
    あー、ちょっと背がたかすぎるのか、とか
    空でいっしょには、あそべないか・・、とか
    ねずみのきもちを和らげるサポート役を演じながら
    飽きもせずくりかえしくりかえし、見ていました。
     カールさんの素敵な切り絵の動物が、大好きです。感謝。

    掲載日:2013/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後にほのぼの

    しっぽを見ながら、次はなにの動物かなぁ…と当てっこするのが面白かったです。
    大人でもわからないしっぽもあり、大人も本気で「何のしっぽかな」と考えてしまいます。
    「友達になって」と言っても、ずっと返事をもらえなかったねずみですが、最後にはねずみの女の子と友達になって、うれしそうでした。

    掲載日:2013/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • デザインが美しい本

    余白の使い方、デザインと絵がとても美しく、思わず見とれてしまった絵本。
    見開きがとても効果的に使われていて、とても良いです。
    息子にも、このデザインの良さを分かって欲しいなあと思って購入しました。

    ネズミがお友達を探していくお話ですが、
    動物たちのお尻の部分しか見えないので(次ぎの見開きで頭部分があります)、
    クイズにもなります。

    本の下の部分にずっと緑の線が入っていたのですが、、
    これにもオチがあります。
    息子はこのオチが大好きです。

    字がないので、小さいうちから楽しめると思います。

    掲載日:2013/08/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1歳

    1歳の男の子と一緒に読みました。ねずみさんがお友達になってと次々に動物に話しかけていきます。
    最初はその動物の尾の部分が載っているので、誰かな〜?て考えながら読むと面白いです。
    くじゃくだったりあしかだったり、あまり馴染みのない動物が出てくるのも良かったですし、動物が大きくってダイナミックなのも良かったです。

    掲載日:2012/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

67件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



初めて見る者同士の友情、親子の愛情。読み聞かせにもプレゼントにも!

みんなの声(67人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット