だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

きこえる きこえる ふゆのおと」 みんなの声

きこえる きこえる ふゆのおと 作:マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵:チャールズ・G・ショー
訳:よしがみ きょうた
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784338126069
評価スコア 4.14
評価ランキング 17,184
みんなの声 総数 6
「きこえる きこえる ふゆのおと」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なかなか気がつかない雪の音です。

    マフィンが小さな黒い鼻で雪をつかまえて、「ペロリ」となめた最後の

    ページの赤い舌べらがとても目立ち印象に残りました。

    音に敏感でない私は、マフィンのように音を楽しまないで損をしている

    ような気がしました。音に過剰に反応する孫にとっては、楽しむどころ

    が恐怖感を持ってしまいます。

    孫が音に慣れて怖がらないようになってほしいと思いました。マフィン

    が想像する世界の絵が綺麗でお洒落だと思いました。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋 こおろぎが さよならと なきました 
    ちょうちょうが さよならと とんでいきました
    なんて 詩的な文章でしょう!

     お話が始まりました  マフィンという名前の犬が ふゆのいろんな音を聴いているのです
    ノシッ ノシッ  ザクザク 擬音が たくさん出てきます

    絵もとても抽象的だったり 非常に芸術的な 趣があります(だれかが ないしょばなしを しているの?  非常におもしろく描かれています
    色も鮮やかです。

    マフィンはいろんな音を聞き分ける力を持っていますね 
    いろんな音に 自然の輝きが 満ちあふれています

    なんかいも 何回も 読んでみたら 良いと思います
     
    マフィンは 雪の音を聴いたのですね
    雪をつかまえました   そして ぺろりと なめました
    雪は 美味しかったかな? 
    とてもリズムのある ふゆのおとでした!

    あなたは わたしは   どんな 冬の音を聴くでしょう?
     
    マフィンのような 冬の音が きこえるかな?

    掲載日:2010/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寒い日の夜に、ストーブの前で。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    「きこえる きこえる」シリーズの中で、この「冬の音」編は、かなりドラマチックに作られている気がしました。
    開いてすぐの吹き出しの言葉がいいです。

    「木のはがかぜにちり、ちょうちょうがさよならと とんでいった、
     つめたいふゆ。
     こいぬのマフィンは 耳をぴんと立てました。
     ふゆの音が きこえるかな?」

    この巻は、音から冬らしさを感じさせてくれますので、ぜひぜひ冬の日にお子さんたちに読んであげてほしいです。
    出来ればすごく寒い日の夜にストーブの前で。

    掲載日:2010/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • たくさんある冬の音

    「なつのおと」を読んで良かったので。
    読む前に一息、「冬の音って何があるっけ」娘とふと考え込みました。
    雪や氷は想像がついたのですが……温暖な都会に住み慣れてしまったら思いつきません。

    「なるほど、そんな音もあったか」感心しながら読みました。
    私の脳裏に再現できないものもあり、なかなか手ごわかったです。北国の方が読むとまた違うのだろうなぁ。
    それでもこのシリーズは、娘にも好評で、毎度深く味わっています。
    寒い地方の方に是非読み聞かせてもらいたい。

    掲載日:2008/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 冬に耳を澄ませて

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    マーガレット・ワイズ・ブラウン作の
    子犬のマフィンシリーズ。
    レナード・ワイズガードの絵でおなじみなのですが、
    今作はチャールズ・G・ショーの絵。
    でも印象は同じで、一安心です。
    今回は冬バージョン。
    耳を澄ませるにはもってこいの季節ですね。
    さあ、マフィンと一緒に想像してみましょう。
    鮮やかで斬新な配色が想像を膨らませますね。
    ラストのマフィンの行動が何とも愛らしいです。

    掲載日:2007/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • おしゃれな絵

    雪が降る音って、どんな音なのでしょう。耳と心を澄ましていないときこえない音でしょうね。

    マフィンがいろいろ想像するところがおもしろかったです。読んでいる私たちも、「いったいなんだろう」とわくわくしてきます。

    数色の鮮やかな色でシンプルに描かれた絵が、おしゃれな感じです。

    掲載日:2007/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.14)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット