うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

いたずらゴブリンのしろ」 みんなの声

いたずらゴブリンのしろ 作・絵:青山邦彦
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784577034460
評価スコア 4.69
評価ランキング 1,490
みんなの声 総数 15
「いたずらゴブリンのしろ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • じっくり絵本の世界を堪能してほしい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    最近、青山さんの絵本をいくつか読みましたが、これが一番絵本らしくて、面白かったです。

    いたずら好きだけど、自分たちの気に入った人間に対しては好意的なゴブリン達も、かわいらしくてよかったです。

    もともと建築設計士だった作者なので、お城の中の表現力はめっちゃ素晴らしかったです。
    お城の中をくりぬいたようなシーンの絵では、あっちこっちの抜け穴やこっそり隠れているゴブリン達の姿が見え、楽しく見ることができました。
    細かいところに面白みがあるので、読み語りなどの大勢の場所で読むより、少人数、または1人でじっくり読んで、絵本の世界を堪能してほしい作品です。

    掲載日:2010/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • いたずらが一番?

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    青山さんの絵本が子供は好きなようなので図書館で借りてきました。
    いたずら大好きなゴブリンたちがいるところにお城を建ててしまった王さま。いたずらされる日々です、まあ仕方ないかしらね(笑)。
    ゴブリンが抜け穴等、そこかしこにいるところが子供は好きなようです。よくもまあこんなにたくさん!
    お話もいいのですが、やっぱり絵が細かくて見ごたえありますね!

    掲載日:2016/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもおすすめです

    6歳長女に借りました。とっても面白いです。ゴブリンの作った城で起こる色々なこと。困ってるゴブリンが新たな救世主になるんです。

    文章は長めかな?と思いますが、とても面白いので、そして先が気になるので年長の長女は夢中で聞いていました。絵もとってもきれいです。

    掲載日:2014/03/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • お城でかくれんぼ

    よく描き込まれた美しいお城はもちろんのこと、色んな角度から見たお城や、中の様子が見える描写など、表現力も素晴らしいです。

    全体図だと、とても分かりやすいですね!

    ここではこんな事していて、あそこではあんな事が起こってて…
    と一つ一つ確認したり、色んなところに隠れているゴブリンを見つけたり。

    とっても楽しいお話です!
    ゴブリンたちやお城の者たちの、賑やかな声が聞こえてきそう!

    掲載日:2013/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないゴブリン

    青山邦彦さんの作品は、すでに何冊か読んでいましたが、たぶん、子供たちはこの絵本が一番好きなんじゃないかなと思いました。
    建物の細かな描写は、いつもながら素晴らしいですね。
    今回は、秘密の抜け穴まで見てわかるので、面白いでしょう。
    イタズラ好きでも憎めないゴブリンの存在も、子供好みのお話だと思います。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 謎が多いゴブリン!

    「ゴブリン」って何?と思いつつ読んでみましたが、
    なるほど、いたずら好きな小人たちのことだったんですね。

    果たしてこのお城は、王様のお城なのかゴブリンのお城なのか??
    ゴブリン達のいたずらに困惑しまくりの王様。
    けれど、決して悪いことばかりじゃなかったりして。

    もともとこの丘にはゴブリンが先に住んでいたという設定、
    なんだか本当にこういうことが起こりそうな感じがして、
    夢があるな〜と思いました。

    この絵本、息子が勝手に読んでいたのですが、「あはは!おもしろいね。」と。
    なんといっても、絵が楽しいんだそうです。
    お城の中が一望できるように丁寧に細かく描かれているのと、
    お城の中にゴブリンがこっそりと隠れているのを絵の中から
    探し出すのがまた楽しいらしく、何度も読み返していました。

    すばしっこいゴブリンがまた謎で、魅力的なんですよね。
    いろんな想像力を掻き立てられる、素敵な一冊です。

    掲載日:2012/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  •  ある国の王様は、隣の国から攻められるのを恐れて、見通しの良い丘に城を建てていました。なかなか進まない工事にイライラしていましたが、ある朝、突然城が出来上がっていました。王様はそこに住むことにしました。
     しかし城では、不思議な出来事が次々に起こります。どうやら、ゴブリンが住んでいるようです。絵本のいたるところにゴブリンが隠れているので、ぜひ探してみて下さい。
     そんな時、隣の国が攻めてきました。ゴブリンが次々出てきて、敵を追い出してしまいました。
     それから、王様はあちこちにゴブリンのためのごちそうや遊び道具を用意しました。ゴブリンは、それには手をつけず、相変わらずいたずらばかりしました。ゴブリンには、かわいい一面もあるのですね。
     王様は、最後にゴブリンが元々住んでいたところに、後から踏み込んだのは自分たちだから、というセリフは、奥が深いなと思います。
     城の断面図がとても精巧に描かれていいます。人間の住むところとゴブリンがの住むところがうまく共存してるところにも通じています。
     作者が、建築を勉強されていたのは、納得です。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 断面図!

    • 四パパさん
    • 30代
    • パパ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子5歳

    戦争好きな隣国に攻められないようお城を建てたい王様、
    なかなか工事は進みませんが、ある朝、突然りっぱなお城が
    完成していたんです。
    おかしいと思いつつとりあえず住んでみた所、城の中ではい
    ろんな物が無くなるわ、部屋は荒らされるわ・・・

    「ゴブリン」「いたずら」という言葉に惹かれて、図書館で手
    に取ったこの絵本、外国の伝説に残る生物で日本の妖怪達と
    は一風変わり、ドラゴンやドラキュラ等に比べると馴染みが
    ない、そんなゴブリンが主役というのが新鮮で面白いなと
    感じました。
    またいたずらと言うのは子供の心を掴むもので、子供達は各
    ページに潜むゴブリン探しをほんとに楽しんでました。
    さらに精密に描かれたお城の断面図は圧巻で、秘密の抜け穴
    を駆使して大活躍するゴブリン達には心が躍りますよ。

    建築設計のお仕事をされていたという青山さんの他の作品も
    見たくなりました。

    お気に入りの場面
    娘:お城の断面図でゴブリンに懲らしめられる兵隊達の姿
    息子:各ページのゴブリン探し
    僕:精密に描かれたお城の断面図

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一目瞭然のお城の様子が楽しい

     タイトルを見て、青山先生の描かれる「西欧のお城」にワクワクしながら読みました。

     小さな国が、領土拡張に意欲的な隣国に攻められぬようにと、見晴らしの良い丘に築城を始めます。
     ところが工事は遅々として進まず、王様はイライラし癇癪を起こす有様。
     ある朝、皆が驚くことが。
     なんと一夜にしてお城が完成していたのです。
     不思議な事とは思いつつ、王様は背に腹は換えられぬとばかりに住むことに。
     ところが、お城の中で度々食べ物がなくなるのです。
     お城を建てたこの丘はもともとゴブリンたちのすみかだったところと、大臣から進言をされた王様は、ゴブリン退治を城じゅうに命じます。

     見事に垂直に切られたお城の断面図。
     一目瞭然のお城の様子は、大人がなかめても楽しめます。
     
     ゴブリン退治もままならないうちに、隣国の兵士たちがお城の中に入り込んできて、王様の国は大ピンチ。

     意外なことに、この城を救ってくれたのがゴブリンたち。
     なんていったって、この土地はゴブリンたちのものですからね。

     思いもよらぬところから飛び出し戦うゴブリンたちの様子が、次の断面図でながめられ、これもまた楽しいんです。

     息子は、食べ物がなくなる各ページで隠れているゴブリンを見つけ笑っていました。

     ラストのゴブリンたちへのごちそうや遊び道具をお供えしている様子も楽しめました。

     青山先生の微細な描写に唸りながら一冊を堪能しました。

    掲載日:2011/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が最高です!

    初めて読む青山邦彦さんの絵本でした。
    何気なく手にした本でしたが、内容はもちろん、
    絵が大変すばらしくって驚きました。
    丁寧な絵を描く作家さんはたくさんいらっしゃいますが、
    青山邦彦さんの絵は独特で、上手く言えませんが、
    外国っぽいと言うか…線が細いと言うか…
    とにかく、読むのをやめて、夢中で絵を観てしまう
    そんな魅力的な絵本でした。
    後で知ったのですが、建築のお仕事をされていたとか…
    なるほど、納得です。
    ゴブリンをみんなで探すと言う楽しみもあります。
    ぜひ、読んでいただきたいです。

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.69)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット