たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぞうの せなか」 みんなの声

ぞうの せなか 作:秋元 康
絵:網中いづる
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784061323650
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,902
みんなの声 総数 12
「ぞうの せなか」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ゾウの世界

    このお話は、自分の死期が分かるお父さんゾウが自分の息子のゾウにさりげなくゾウの生き方を教えてあげる素敵な親子関係のお話でした。男同士の言葉のないやり取りがうちの子には響いたのか「なんかかっこいい!!」と言って共感していました。

    掲載日:2015/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもに向けて

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ぞうのおとうさんからこぞうに向けてのメッセージ。
    感じるところがある絵本でした。
    「死」というものを3歳の娘はどうとらえているのかまだよくわかりませんが、聞いてくれました。でもやっぱりまだちょっと早かったように思います。
    大きくなったこぞうが…というラストも納得です。

    掲載日:2014/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一人前にするための愛

    自分の命がもう長くないことを感じ、息子に色々なことを
    考えさせて体験させて成長させるお父さんの深い愛を感じました。
    おとうさんのせなかを見て育った息子のぞう、きっとおとうさんと
    同じように優しく強いおとうさんになるのでしょう。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 潔さ。

    • 蒼良さん
    • 20代
    • せんせい
    • 兵庫県

    象は自分の命があまり長くないとわかると
    そっと離れてどこかで最後を迎えるという話を以前ききました。
    そのような内容の絵本も
    この「ぞうのせなか」以外にも読んだことがあります。

    実際のところはどうなんでしょうね。

    それはともかく、
    受け継がれる命のバトン。
    そんなものを感じました。

    そして、お父さん象の潔さ。

    自分は果たして多くの子どもの手本となれているだろうか。
    改めてそんなことを感じさせられる絵本でした。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えても考えても

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子18歳、女の子16歳、女の子14歳

    死期をさとったお父さんゾウが幼い息子ポッポに、生きるための知恵や力を授けます。
    それはことばではなく、自分の背中で、行動で…

    まっすぐ前を向いて、夜の道を息子に後をつけさせながら
    何を思っていたでしょう。
    このおとうさんの潔さに涙がにじみました。

    自分は死に向かいながら、残される息子の生に執着する。
    これは親の究極の愛の形。

    私がこの状況になった時、どれほど冷静にどれほど潔くいられるのか…
    そして何を残せるだろう…

    たくさん考えました。でも、答えが出るのにはまだまだ時間がかかりそうです。
    ただ、こうしている間も娘たちは私の背中を見ているんだろうな。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命の継承

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    放送作家として活躍する作者は同名の小説でもおなじみです
    内容はゾウの親子を通して、継がれていく「命」がテーマとなってます
    読みながら親子の愛情も静かに伝わってきますね
    親の言う通りにはしなくても、親のやるとおりに子供はするということが、成長する子供たちを見ると、納得する今日この頃です・・・
    でもポッポのように親となった時に、気持ちは理解し、また伝わっていくのだと信じます
    優しいイラストと色彩が穏やかなひと時を与えてくれるお話です

    掲載日:2009/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
    • まぁのさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子1歳

    おとうさんゾウが夜みなが寝静まってからこっそりどこかに行くのを、あとをつけていく子どこのゾウ。
    それから毎晩おとうさんのあとをつけて行き、ある晩おとうさんに見つかってしまいます。
    本当はおとうさんは、こどもがついてきているのを知っていました。おとうさんは自分の死が近いことを悟り、こどもにいろんなことを教えるために夜道を歩いていたのです。

    ゾウさんが好きな息子に内容を知らずに借りてきました。
    おとうさんの愛情を感じながら、ひとり去っていく姿に読みながら涙が止まらなくなりました。
    なにも言わないおかあさんにもせつなくなりました。
    そして月日が流れこどものゾウがおとうさんになる。いろんなことを感じ考える本でした。

    息子はジーっと聞いていましたが、まだ1歳8ヶ月で内容はわからないと思うのでもう少し大きくなったらまた読みたいと思いました。

    掲載日:2009/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親としてのせなか。

    ぞうさんの絵本と思って手に取りました、

    2歳の娘に読んであげるつもりで.......。

    ストーリーが進んでいき、最後に近づくと

    とっても大切な事を教えてる本なのだと気付きました。

    親の背中は、子供の生きて行く上で必要な事を

    教えてあげる背中なんですね。

    私はどんな背中を見せてあげられるのだろう?

    と考えさせられる絵本でした。

    掲載日:2009/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないよ

    • 葉っぱの音さん
    • 20代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子0歳

    ぞうが好きな娘が図書館で選んできた本。
    読んで泣きそうになりました。

    娘にはちょっと早く感じました
    もう少し大きくなったら(年長さんぐらい)ぜひまた読んであげたいと思います


    限りある命、子どものために残された時間を使うお父さん。
    そのせなかは本当に大きく素敵です。
    お父さんの愛情がたっぷり伝わってきました。

    命について教えるにはいい本
    切ないけどやさしいぬくもりのある絵本でした。

    掲載日:2008/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 命について

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ポッポのおとうさんは、命の終わりが近いことに気づき、子どもに色んなことを教えようとします。ポッポは、今までと違うおとうさんに戸惑い、気になってそっとついていきます。おとうさんは、よくわからない動きをするのですが、それは、ポッポに何かを教えようとしていたのです。
    命に限りがあること、わかっていても、子どもたちに伝えるのは、なかなか難しいことですが、ポッポのおとうさんのように、自然に教えられたら素晴らしいと思います。『子どもは親の背中を見て育つ』といいますが、尊敬する父親の背中を見ているポッポは、きちんと伝わったことでしょう。父親との別れは、とてもつらいものですが、優しい絵遣いで、読みながら、すんなり受け止められるように思います。
    『命』について、改めて、子どもたちと感じることができるはずです。

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット