しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

たわごと師たち」 みんなの声

たわごと師たち 作:エドワード・リア
絵:佐々木 マキ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784834012682
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
「たわごと師たち」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ナンセンス人間図鑑

    ありえない人間を、よくもここまで思いつくものだと感心するというか呆れるというか、にぎやかな絵本です。
    原作はどんな詩だったのでしょうか。
    佐々木マキさんのナンセンスワールドのなかで、再構築された作品。
    佐々木さんのエネルギッシュな想像力に、たくましさを感じました。

    掲載日:2015/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナンセンスの海であそぼう

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    イギリスの作家エドワード・リアの詩画集「ナンセンスの本」をもとに、佐々木マキさんが訳・画を手がけた本。

    いくらナンセンス好きな私であっても、この本に出てくるいっぱいのブラック・ジョークには、正直ついていけませんでした。グロテスクなものあり、極端すぎる結果をもたらすものもありで、「これこそがナンセンスなんだ!」と驚嘆してしまいます。

    漫画仕立てになっているので、子どもも読み進められます。でも、笑えるところと笑えないところ、???なところもあって、子どもの脳と心を刺激することは絶対です。

    ナンセンスの世界にどっぷりつかってみるなら、ぜひこの本を。おすすめです。

    掲載日:2007/12/03

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット