すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

こぐまのやま」 みんなの声

こぐまのやま 作:マックス・ボリガー
絵:ヨゼフ・ウィルコン
訳:いずみ ちほこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,262+税
発行日:1988年
ISBN:9784915632273
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,314
みんなの声 総数 3
「こぐまのやま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3匹目のよいところは?

    3匹のくまの兄弟が、山のてっぺんを目指してのぼっていくのですが、
    とちゅうで、分かれ道に出くわします。
    1匹目と2匹目は、別々の道を進んでいき、途中、こわい動物に
    あうのですが、てっぺんにつきたいという強い思いで、それを乗り越えて
    いきます。
    そして、3匹目はというと・・・。
    通常、もっといいところを見せたりするのが、定番だと思うのですが、
    結局3匹目は、こわくて、あとずさりして、お話は終わるのです。
    3匹目はいいところなしでお話が終わってしまうので、かわいそうな
    気がしてしまいました。
    でも、最後のページには、3匹そろった絵があり、ちょっとだけ
    すくわれました!!

    掲載日:2014/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3人兄弟の意外な?結末

    • セルバさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、女の子5歳、男の子0歳

     3匹の兄弟のクマが主人公。
     3匹は山の頂上を目指すのですが、おもしろいのは、その行動。途中で進むべき道について意見が分かれ、3匹が全員別々の道を目指すのですが、そのうちの一匹は、先に進むのではないのです。
     「3匹の山羊とがらがらどん」や「梨とり兄弟」など、男3人の話ではたいてい三男、もしくは三人目が大活躍、なイメージですが、これはそうでもないので、是非読んでほしいです。

     娘たちは、「くまぢから」という言葉を気に入っていました。「くまぢから」がどこで発揮されるかは、みてのお楽しみです。
     兄弟それぞれ役割があって、仲良くやって、が一番いいですね。

    掲載日:2010/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • それぞれの性格

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    三匹のこぐまがやまのぼりをします。
    それぞれの性格がおもしろいです。
    なんとしても頂上をめざして歩くこぐま。
    怖くてただうろうろしているこぐま。
    読んでいる子どもたちは、どのこぐまに自分を重ねるのでしょう。
    ほのぼのとした絵で、小さな子どもさんでも喜んで読めそうです。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット