モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

隅田川 愛しいわが子をさがして」 みんなの声

隅田川 愛しいわが子をさがして 作:片山 清司
絵:小田切恵子
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2006年
ISBN:9784776401865
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 悲しみの先

     さらわれたわが子を探し求める母親のお話です。
     悲しくて痛みを感じるお話が、読んでいてつらかったです。母親のさびしそうな表情が、せつなかったです。

     隅田川の川岸でやっと消息をつかんだけれど、子どもはすでになくなっていた、、、「深い悲しみの先には、何があるのか」、、、

      室町時代も現代も、人の心は変わらないなと思いました。いつか、お能の舞台をみてみたいです。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 伝統芸能に親しめる本

    • 若葉マークさん
    • 40代
    • その他の方
    • 千葉県
    • 男の子11歳、男の子5歳

    小学校高学年向けに読み聞かせが出来る本を探していてみつけました。
    この物語は 室町時代に世阿弥の長男によって書き下ろされた話で 父親亡き後、大切に育てていたわが子が人買いに誘拐されてしまい、その子をさがして遠い道のりの旅に出る母親の話です。
    決してハッピーエンドのお話ではありませんが、当時このような事件は珍しいことではなかった、ということ。
    母が子を思う気持ちは昔も今も変わらないということ、などを余韻をもって味わうことが出来る本だとおもいます。

    掲載日:2007/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / あさえとちいさいいもうと / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


宮部みゆきさん × 佐竹美保さん 対談インタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット