あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

びんぼう神とふくの神」 みんなの声

びんぼう神とふくの神 作:小暮正夫
絵:梶山 俊夫
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1992年11月
ISBN:9784333015931
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,202
みんなの声 総数 3
「びんぼう神とふくの神」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 優しいおじいさんとおばあさん

    このお話は、貧乏神がとりついているせいで貧しい暮らしをしているおじいさんとおばあさんが、福の神に追い出されそうになっているこの貧乏神を助けてあげるお話でした。助けたことによって福の神の打ち出の小づちも手に入れることができて、貧乏神は福の神になりました。このどんでん返しのストーリーがうちの子は面白かったって言っていました。

    掲載日:2016/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • こころ優しい者には福きたる!?

    • イザリウオさん
    • 30代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子6歳

    この昔話は、私の好きなおはなしのひとつで、思ったとおりの展開と結末で言うことありません。
    まねできないなあと思うのは、出て行くのがいやで泣いている貧乏神の味方をして、せっかく来た福の神を追い出してしまうこと。
    どんな神様でも(神様といわずとも)大事にすれば、幸せになれるということなのかなと思いました。
    昔話は、ハッピーエンドか悪いことの報いをうけるかどちらかですが、やはりハッピーエンドが気持ちが良くて私は好きです。
    子供もこのおはなしは楽しそうによく聞いていました。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大晦日の出来事

    • エミミンさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    日本の昔の民話です。

    お話は大晦日の晩のこと。
    働き者だがいつまでも暮らしが良くならない
    夫婦に家で起こります。

    屋根の上からしくしくと泣き声が・・・

    この家にはびんぼう神が住みついていました。

    私なら早く出て行ってほしいと思ってしまいますが
    この夫婦はなんと!!

    絵は梶山俊夫さんのカラフルで
    ほのぼのとしたやわらかい絵です。

    12月にお話会などでは
    季節的にもぴったりの絵本だと思います。

    掲載日:2007/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ぶたぶたくんのおかいもの / こんとあき / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / はじめてのおつかい / だいじょうぶだいじょうぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット