あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日! あきまつりピーヒャラおはやしの日!の試し読みができます!
作: ますだ ゆうこ 絵: たちもと みちこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
行事絵本シリーズ最新巻!
まゆみんみんさん 40代・ママ

秋祭り!
私が生まれ育った地域は,お祭りというと…

おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ」 みんなの声

おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ 作・絵:わかやま けん
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1981年8月
ISBN:9784591004470
評価スコア 4.36
評価ランキング 11,199
みんなの声 総数 43
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

43件見つかりました

  • 協力

    とても優しいどろんどろんです。

    蛍と一緒に遊ぶ様子が楽しく描かれています。こうもりから、蛍を守る

    どろんどろんの勇気に感動しました。どろんどろんのお腹の中で蛍の

    明かりを一斉につけた蛍にも感動しました。

    協力すれば、なんとかなるものだと思いました。孫はなぜだか黒色が

    お気に入りなんです。黒の場面がとてもよくでてくるので、うれしい

    みたいです。黒が一番強烈で一番目立つのかもしれません。

    蛍が揃ってつけた、眩しい絵がいいです。ぴかぴかおばけがいいです。

    思いやりのある優しいおばけのどろんどろんならで出来てください?

    投稿日:2008/10/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいいおばけ

    やっとこの絵本に出会うことが出来ました。

    このシリーズの他の絵本を、子どもたちには読んであげていたので
    大喜びでみてくれました。

    今回はホタルたちとのワクワクドキドキのお話。
    こうもりが登場するたび、子どもたちはじっと見守っていました。

    ホタルたちを守るため、どろんどろんのとった行動が
    子どもたちはびっくりして大うけしていました。

    ホタルが少しの間しか、光っていられないことなど
    大切なことも書かれていて
    ホタルの時期になったら、また読んであげたいなって思いました。

    投稿日:2008/02/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像力がふくらみます!

    どろんどろんはやさしいおばけです。やさしいおばけとほたるが主人公のこの絵本は子供達も怖がることもなく安心して聞いていられるところがいいと思いました。
    絵本は色合いがパステルの少し落ち着いた感じがとてもかわいらくしく感じられました。
    出てくるこうもりも悪役なのですが、かわいらくしく描かれています。

    投稿日:2007/03/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんどろん

    おばけのどろんどろんは、ちょっとこわがりなおばけ。
    でも蛍を狙うこうもりたちを追い払ってしまうんです!

    内容がしっかりしていて、絵もすばらしい!
    おばけがこわいこどもたちも、どろんどろんはだいすきなようです^^

    どろんどろんのおなかの中に蛍が入ってしまうシーンは、
    私的には、ちょっと気持ち悪い:

    でもおすすめです!!

    投稿日:2005/02/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • どろんどろんは優しいおばけ!

    おばけのどろんどろんがほたるの大群と一緒に遊んでいるときに、こうもりからほたるをかばう様子がほのぼのと描かれています。どろんどろんのおなかのなかにほたるたちが入り、こうもりがどろんどろんに襲いかかろうとしたときに一斉に光を放つところはとても印象的です。
    どろんどろんは優しいおばけで、おばけが怖いものというイメージを拭い去りそうな絵本です。

    投稿日:2004/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさと温かさが伝わるよ

    保育園から借りて読みました。
    おばけの話だから、少し怖い感じかな?大丈夫かな?と、少し不安に思いながら息子に読んであげました。
    内容はいい意味で予想を裏切る、なんとも言えない可愛らしい、そして優しいものでした。
    タイトルにある「ぴかぴかおばけ」とはホタルのことなんですね。
    泣き虫で怖がりのおばけのどろんどろんが、ホタルをコウモリから守ってあげたり、ホタルと協力してコウモリを撃退したり…と、とても楽しいお話なのですが、読み進めていくうちに自然とホタルの命のはかなさも伝わってきて、少し切なくもなりました。
    小さい子供にも理解できる簡単なお話でありながら、大切なことをたくさん教えてくれる、とてもいい絵本でした。

    投稿日:2003/11/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • よわむしおばけ

    • 愛也花さん
    • 20代
    • せんせい
    • 愛知県

    こんなかわいいおばけならぜひお友達になりたいわ!!
    とおもうくらい可愛いのv

    蛍を怖がるおばけなんてなかなかいない!?でも、やるときはやるんです!!コウモリの大群をやっつけてしまうんですから!!

    投稿日:2003/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 協力すれば怖いものなし!

    おばけのどろんどろんと、ホタルのお話です。最初どろんどろんはホタルにびっくりしましたが、なかよしに。すると、ホタルを食べようと、こもりたちがやってきました。どろんどろんは、大切なお友達のホタルを、自分の体の中にかくしました。そして、お腹の中で、ホタルはいっせいに光りました。こうもりは驚いて逃げていってしまったんです。お友達を助ける優しさと、協力して、やっつけることのすごさ!
    絵もかわいいし、子供も大好きです。

    投稿日:2002/11/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • とってもやさしいおばけちゃん。

    おばけっていうとどうしても怖いというイメージがありますよね。
    でもこの本にでてくるおばけのどろんどろんは、おばけのくせに怖がりで弱虫なんです。
    でもほんとはとーっても心のやさしいおばけで、ホタルと仲良く遊んだり、ホタルのために一緒にコウモリをやっつけたりするのです。
    一番下の娘は、こんなどろんどろんがとーっても大好きです。
    実は、この本はいつも通っている耳鼻科に置いてあるのですが、そこへ行くと娘は必ずこの本を読んで欲しいと持ってきます。
    そして何度も何度も読んで欲しいと言います。
    ホントに心がやさしくなる絵本です。

    投稿日:2002/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかやまさん

    わかやまけんさんの作品だったのでこの絵本を選びました。とても美しい曲線はさすがわかやまさんの作品だと感心しました。特に主人公の流す涙の形と蛍の群れの描き方が素晴らしかったです。少しの間でも一緒にいられることの尊さを感じられる絵本でした。

    投稿日:2010/10/28

    参考になりました
    感謝
    1

43件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / おふろだいすき / たたかえ恐竜トリケラトプス / おしり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『みずとは なんじゃ?』鈴木まもるさんインタビュー

みんなの声(43人)

絵本の評価(4.36)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット