いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です
そよかぜはなさん 40代・ママ

なぜいっことさんこ?!
リズミカルに読み進められる本です。 …

のんびりこぶたとせかせかうさぎ」 みんなの声

のんびりこぶたとせかせかうさぎ 作:小沢正
絵:長 新太
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:1979年
ISBN:9784591009147
評価スコア 4
評価ランキング 23,428
みんなの声 総数 1
「のんびりこぶたとせかせかうさぎ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 足りないものを補いあえる良い関係

    私が最近気になっている小沢正の児童書です。

    最近読んだ「あしたにいったねずみたち」の舞台となったアニマン市に住むこぶたとうさぎのお話です。

    のんびりしたこぶたとせかせかしたうさぎは同居しています。初めせかせかしたうさぎは私で、のんびりしたこぶたは夫かななんて思っていたのですが、よく考えてみると私にものんびりしたところはあるので、一人の中にどっちの気持ちもあるのかな?なんて思いました。

    自然体で無理せずに生きているこぶたに比べると、人間に近付きたいと大好きなにんじんを食べないで、トーストを食べています。

    うさぎが自己卑下してしまう場面も出てきますが、今日よりも明日こそはよくなりたいと思ううさぎの気持ちっていきすぎるとよくないけれど、必要なのではないかなあと思います。

    相互補完という言葉がありますが、こぶたとうさぎはお互いに足りないものを補いあえる良い関係なのだろうなと思います。

    ラストのこぶたの行動に「こぶたってなんて優しい子なんだ」と感動してしまいました。

    掲載日:2008/06/22

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちが大好きなお店がいっぱい!楽しい「おかいもの」絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット