雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

「怪盗スパンコール」 みんなの声

怪盗スパンコール 作:佐々木 マキ
出版社:(不明)
本体価格:\0+税
評価スコア 3
評価ランキング 0
みんなの声 総数 1
「怪盗スパンコール」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 佐々木マキらしさがよく出ています

    月刊「おおきなポケット」に掲載されたものに新作を加えたものだそうです。漫画なので、子どもと読むには時間がかかりました。

    「怪盗スパンコール」というきらびやかな名前とは対象的に、佐々木マキらしくどこか間の抜けたキャラクターです。助手のラメはパリ生まれなのですが、なぜか関西弁で、とぼけたキャラクターです。

    いつも億万長者のゴールドリッチのお宝を狙うのですが、宝は盗み出せるものの、必ずアクシデントに遭遇してしまうのがおかしいです。

    息子がよく「佐々木マキのお話っていいことがないよね」と言うのですが、今回のお話もその期待を裏切りません。

    ラメがちょっとお茶目なので、お宝の一部だけはいつも手に入れられるのが笑えます。

    ラメへの質問「このマンガをどう思う」に「おもしろいやん。そやけど、わてらアホでんなあ。」と答えてますが、その言葉がこの絵本のすべてを物語っている気がします。

    佐々木マキの絵本をいろいろ読みましたが、漫画という手法の方が、佐々木マキらしさがよく出ていると思います。

    掲載日:2007/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット