だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ティモシーとサラの絵本 5 サラのやくそく」 みんなの声

ティモシーとサラの絵本 5 サラのやくそく 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1994年07月
ISBN:9784591045749
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大事にしよう!!

    約束ってとっても大事ですよね!!ちゃんと約束を守ろうとする姿がとってもけなげで、でも、子供にとっても読んであげていい絵本だと思いました。自分が病気になっても友達の事を思いやるってとっても素敵なストーリーだって思いました。

    掲載日:2013/01/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • まっすぐ

    毎回、ティモシーとサラの絵本のレビューを書くと、書いていることだと思うのですが…

    やっぱりこのお話も実にまっとうです。
    まっすぐ直球、ストライクゾーンど真ん中。
    一対一で、真正面からゴールキック!という感じです。
    とうのたった大人が読むもんじゃないよなあ…なんて思っていたのですが、
    不覚にも、最後では、感情が高まってしまいました!
    息子の大好きなこのシリーズ、もう何冊も読んでいるのですが、
    慣れというのはおそろしいもんだ、と思いつつ、
    子どもといると、「まっすぐ」な物に触れる機会が多いので、つい感化されるのかな、とも思います。

    双子とマギーの心の交流は、子どもにとってはおそらくリアルだったと思います。
    サラに風邪をひかせてしまったマギーの後悔、
    約束を守れないサラのつらい気持ち。
    そして…
    優しく抱擁して慰めてくれるサラのお母さんの温かさは、絵本を読んだ者に、ダイレクトに伝わるのではないでしょうか?

    私が感極まったラストには、息子も大喜びで、「すごーい!」と言っていました。

    掲載日:2006/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 出会って、すぐ友達になれる

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子11歳、女の子5歳

    サラとティモシーが冬の公園で知り合ったのは、旅をしながらのマジックショーをやっているマギー(マギー自身はまだ、お父さんのお手伝いをしているだけ)でした。
    たった一日遊んだだけで、サラとマギーはとっても仲良くなってしまいます。
    子どもって、余計なことは考えずに、遊んでて楽しいと思える相手となら、すぐに打ち解けられてしまいますよね。このパワーはすごいと思います。

    マギーはショーを終えて、また旅立っていってしまったけれど、二人の友情は、いつまでも続くんじゃないかしら?そんな、素敵な余韻を残してくれるお話でした。

    掲載日:2006/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • お互いを思いやる心

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子6歳

    娘が幼稚園から小学校低学年の頃、ティモシーとサラのシリーズにはまりました。
    このお話は、ティモシーとサラ、サラとマギー、お互いを思いやる気持ちがたくさんあって、とても温かい空気が流れています。
    絵がとても愛らしくて、サラやマギーの洋服がとても可愛らしいので、丁度着せ替え人形遊びが好きな頃の女の子にとっては、絵を見るだけでも嬉しくなってしまう絵本です。

    掲載日:2006/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • せつない気持ちに・・

    双子のこねずみのティモシーとサラのシリーズの1冊です。
    公園で、サーカスで手品をしているマギーと出会います。 マギーは明日のショーでまた別の町に行きます。
    サラは必ず見にいくと約束したのですが風邪をひいて行かれなくなってしまいます。
    サラのやくそくを守りたい気持ち・マギーがサラの風邪を
    知って自分のせいではないかと思う気持ち。
    両者を思いやる気持ちにせつなくなりました。
    最後のお別れのシーンも素敵です。


    掲載日:2004/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しい気分になります。

    • ぽぽろんさん
    • 20代
    • ママ
    • 長野県
    • 女の子3歳、男の子2歳

    このシリーズ、絵がとっても暖かくて、シルバニアファミリーみたい。まだ難しいかな?と思ったけど、主人公たちのかわいらしさが気に入ったみたい。小さいけれど、約束を信じててとってもジーンときます。

    掲載日:2003/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • すてきなマジックショ−

    • ぼのさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子9歳、女の子7歳、女の子2歳

    ふたごのこねずみティモシ−とサラの、小型本シリ−ズです。
    ティモシ−とサラは、公園でマギ−という、お父さんと手品をしながら旅をしている女の子と、友達になります。次の日、手品のショ−を見に行く約束をしますが、サラは熱を出していけません。
    出会いと別れを繰り返して、旅している少女のせつない気持ちが伝わってきて、ジ−ンとします。

    掲載日:2003/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでいたら暖かい涙がながれちゃった

    双子のこねずみのティモシーとサラのおはなし。二人は、公園で新しいお友達マギーに出会います。マギーは、ショウをやっているおとうさんとともにあちこちを転々とすごしている女の子です。明日のショウがおわるとみなみへまたいってしまうことになっていました。ティモシーとサラは、明日のショウを見に行くことを約束しました・・・が、その夜からサラは、熱を出してしまいいけなくなってしまいます。約束を破ってしまうと気が気ではないサラ。それをきいて、自分のせいで風邪をひいたのではと悲しくなってしまうマギー。二人の繊細な思いが手にとるように伝わってきます。最後のお別れのシーンもとても素敵です。この繊細な気持ちにかわいらしい絵、小学校にあがった女のお子さんにはたまらないかも。特に女の子におすすめします。

    掲載日:2002/07/29

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット