モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

10にんのきこり」 みんなの声

10にんのきこり 作・絵:A.ラマチャンドラン
訳:田島 伸二
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784061323612
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,408
みんなの声 総数 17
「10にんのきこり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • シュール

    • つみさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    10人のきこりが10本の木を1本ずつ切ります。
    「残りは何本?」と楽しく引き算を学んでもらえたらと、読み聞かせました。
    木を切っていくうちに、隠れていたトラが現れてきこりを食べてしまうのですが、日本のお話なら誰かが助けに来そうなのに、この本では食べられておしまいです。
    でも、子供は気に入ったようで、何度も「読んで」と持ってきます。

    掲載日:2011/01/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 数学の世界

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    デザイン性とメッセージ性がともに高い絵本です。
    子どもは単なる繰り返しのおはなしとして楽しむかもしれませんが、大人はもうちょっと深読みして楽しめると思います。
    そして何よりこの絵本がユニークなのは、「0の概念」を取り扱っているところ。
    数を教える絵本はたくさんありますが、0が出てくるのってなかなかない気がします。
    インド人の世紀の大発見。ゼロ。
    楽しみながら数学の世界に触れられる素敵な絵本でした。

    掲載日:2010/10/25

    参考になりました
    感謝
    1
  • こ、こわい・・・

    結末を知ってビックリ!!!
    食べられて終わりって!そうなの????

    絵本の紹介を見て、納得。
    「ゼロ」を発見したインドのお話で算数の絵本だったんですね〜
    な、なるほどー

    子供向けの絵本にしてはかなりシュールです。
    内容は簡単なので年中くらいでも理解できるのではないでしょうか。
    1年生の息子には簡単すぎましたが、
    「これって怖いよーー」と1度読んだだけでした。

    掲載日:2014/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0との遭遇

    インド式算数の世界ですが、きわめて刺激的な絵本です。
    森の木を切りに行った10人のきこりたちが、一人一本づつ木を切っていきます。
    木が一本づつなくなっていきます。
    10人全員が木を切ったところでトラが現れて、みんな食べられてしまって、きこりは0。
    でも、トラのお腹に10人のきこりが入っているので、森の木がもっとあれば、また新しいきこりたちが登場すれば、2匹めのトラが現れるまで、森の木を数えることが出来ます。
    トラを登場させたところが重要な要素ですが、自然保護と0の重要性を掛け合わせて表現しているのだと思います。
    さすがインドと思える絵本でした。

    掲載日:2014/03/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 足して10になる数字

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の息子と一緒に読みました。

    内容は単純で10人のきこりがどんどん木をきっていきます。最後にトラに食べられてしまって衝撃的に「ゼロ」の観念が登場するのですが、この本のもう一つの特徴は、「足して10になる」という概念です。つまり、残りの木の数を数えさせることで、自然と足して10になる数の組み合わせに慣れることができます。ゼロを知ることよりむしろこのことの方が利益になりそうです。

    絵本として繰り返し読むかというと、息子の場合はそうではありませんでした。

    掲載日:2013/10/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 0の発見

    • けいご!さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子13歳、男の子9歳

    10人のきこりが10本の木を1本ずつ切っていきます。1本ずつなくなっていくので、10が9、9が8と、数字の変化を楽しむことができます。と同時に、木がなくなる=自然がこわされていくというイメージを感じ取ることもできます。木を切ることによって、どのような状況が起こるのか。手に汗にぎる場面も用意されているこの絵本に、奥の深さを感じました。
    数字を覚えたばかりの子どもたちにもぴったりだし、環境問題を考えるようになった子どもたちにもぴったりだと思います。もちろん、大人にも。0について考えるよい機会が得られました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子で楽しめました!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳

    10人のきこりと、10本の木があって、
    一人一本ずつ、木を切っていくお話。

    のこりは何本でしょう?となるのですが、
    足して10になる数の組み合わせを覚えているらしき6歳の息子には
    ちょっと簡単すぎた。。。

    と思ったのですが、
    きこりが着てる数字つきの服がビブスみたいで可愛らしく、
    また最後「ゼロ」になる展開がこれまたとっても意外で、
    簡単だったけど親子で最後まで楽しめたいい一冊でした!


    掲載日:2012/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独自の世界がクセになる、インドの数遊び絵本

    • ランタナさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子8歳、男の子5歳

    表紙の虎のデザインの美しさに魅かれて手にとりましたが
    まさか、満腹で寝ているところだとは思いませんでした。
    最後、虎のお腹の中で透けて見えるきこりたちの絵に
    「本当に食べられちゃうなんて」と呆然とした私の横で
    息子は冷静に「1,2,3・・・」と、ちゃんと10人いるか数えていたのでした。

    違い探しも楽しい、とぼけた味わいの10人のきこりたち、
    繰り返される「まだ、ある。」というフレーズ
    楽しい引き算の数遊び
    徐々に現れる虎とあっけない結末「ゼロ」。
    他の本にはない、独自の世界がクセになり、何度も読んでしまいます。
    そして、森の木を全て切り倒したきこり達の顛末に、
    私に自然と文化を守りたい、という作者のメッセージが確かに伝わってきました。

    シンプルで深いお話、数の面白さ、一度見たら忘れられないインパクトのある絵が魅力的なインドの数遊び絵本、
    年中さん位から小学校低学年のお子さん、大人の方にもおすすめです。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 引き算を習い始めた息子に・・

    • 10月さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳

    小学校の算数で引き算を習い始めた息子にぴったりだわ〜と
    選んでみました。

    どこかエキゾチックでくっきりした絵が見易くて、
    息子もぐっと惹きつけられて読んでました。
    10人のきこりが10本の木を一本づつ切っていき、
    「まだ○本ある」と、その繰り返しなのですが、
    木が減るにつれ、何かがじわじわ姿を現してきます・・。
    そう!最後に現われたのは大きなトラ!
    そのトラに10人のきこりが食べられてしまい、残りはゼロ!

    最後にびっくりがあって、面白く終わりますね。
    そして10の概念や0の感覚が子供にも分かりやすい!

    ・・・と、思いましたが、こちらのほかの方のレビューを読んで
    環境についてのテーマも隠されていたのか!とあらためて気づかされました。
    「算数の助けに〜」なんて浅い理由で絵本を選んでしまった自分にも気づき・・。
    読み終わってからもこうやって別の視点も得られるのがまた楽しいですね♪ありがとうございます。

    掲載日:2011/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • のこるのは?

    • Naoはるいちごさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子17歳、男の子13歳、女の子9歳、男の子7歳

    息子が小学校に入ったから数の勉強になるかも、と思い買いましたが、絵が面白くて、内容も楽しいので、お勉強向けと考えなくて、充分楽しめます。

    ひげの形がバラバラのきこりのおじさんたちが、10本の木を1本ずつ切り倒していきます。1本切れば、「のこりは9」というように、お話が展開、でもある動物が見えてくるんですね。さあ、大変!

    訳者あとがきの裏に「0ゼロ」があるのを、お忘れなく!

    掲載日:2011/07/17

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット