庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

パンプキン」 みんなの声

パンプキン 作・絵:ケン・ロビンズ
訳:千葉 茂樹
出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784776402572
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • カボチャの生育と、おばけランタン

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子13歳

    地味な写真絵本ですが、
    カボチャの生育や、ハロウィンでおなじみのおばけランタンの作成の様子を追った
    写真絵本。
    科学絵本としても、行事絵本としても使える優れものです。
    おばけランタンは写真で見たのは初めてで、
    その迫力にびっくりです。
    定番の三角目玉だけでなく、なかにはひょうきんな表情のランタンも。
    小学校のおはなし会で読みましたが、子どもたちも興味津々でした。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • うってつけ!

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳

    ハロウィーンを前に 大きなカボチャが気になる母と娘です。

    かぼちゃのチョウチンはよく目にするけれど

    それを作るための かぼちゃのことがなんだかとってもきになっていた我が家の娘には 

    うってつけの1冊なんです☆

    とてもていねいに

    どんなふうに このかぼちゃは育って
    どんなふうな 花が咲いて
    どんなふうに実がなって
    どんなふうに 大きくなって
    どんなふうに 種となるのか

    5歳の娘も10歳の娘も 二人とも真剣に読んでいる1冊です。

    掲載日:2009/09/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きなかぼちゃ

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子4歳、男の子1歳

    かぼちゃが大好きな4歳の息子。
    「ぼくかぼちゃの種をまきたい」とよく言っています。

    ハロウィーンも近く、
    ある本でお薦めもされていたので
    図書館で借りて読んでみました。

    かぼちゃがどんな風に育つのかも分かり、
    ハロウィーンのジャック・オ・ランタンも作り方も分かり、
    勉強にもなります。

    でもやっぱりいいのは、
    日本ではなかなか見られない
    大きなかぼちゃがたくさん見られることです。

    掲載日:2016/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「おばけランタン」作ってみたいな〜。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    ハロウィンも近いし、カボチャ関連の作品が読みたいな〜と、探してきました。
    まさにタイトル通り、すべてがカボチャの写真絵本です。
    アメリカの「パンプキン品評会」はスケールの大きなカボチャがたくさん出品されるんですね(^^)〜。
    写真を見ると笑っちゃうくらいかごちゃだらけでした。
    一度こんな風景を自分の目で見てみたいです。
    後半にはハロウィン用の「「おばけランタン」の作り方まで載っていて、遊び心も満載です。
    こんな大きなランタンを作ったら楽しいでしょうね〜。

    字が大きくて読みやすいですし、写真もはっきりしていて、遠目も利きますので、ぜひ、たくさんの子どもたちのいるお話会や学校などの読み聞かせで紹介してほしい1冊です。
    5,6歳くらいからいかがでしょうか?

    掲載日:2013/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンのカボチャ

    このサイトの「ハロウィン特集」でオススメされていたので、読んでみました。
    オレンジのカボチャがゴロゴロと畑に転がっている様子は、日本では見られない珍しい光景でしたね。
    収穫の後は、もちろんランタン作りです。

    感じに振り仮名があれば、子供が一人で読むことができただろうと思いました。

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィンシーズンに

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子11歳、女の子6歳

    すっかり日本でも御馴染みになったハロウィーンシーズンの読み聞かせにお勧めの一冊です。実写で、オレンジ色の大きなかぼちゃが収穫されたり、Jack-’o’-lantarnになる姿も、わかり易く、他文化を知るのにとても良い絵本です。

    掲載日:2012/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真絵本

    かぼちゃの写真絵本です!

    大好きなかぼちゃとあって孫の真剣に眺めていました。

    難しいことは、わからなくても「凄い!凄い!でっかい!」と、しきり

    に驚いた声が響きました。

    大きなかぼちゃに、やっぱり驚いてました!

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハローウィンにオススメ

    ハローウィンの絵本を探すのはなかなか難しかったのですが、いいのを見つけました。日本のかぼちゃとはちょっと違うハローウィン用の「パンプキン」がどんな風に育つのか、そしてどんな風に楽しむのか?を写真で教えてくれる絵本です。
    広い畑にゴロゴロと大きなオレンジ色のカボチャが生っている様子は圧巻です。そして楽しいハローウィンの様子も描かれています。最後のページのたくさんのランタンが並ぶ姿は、とっても楽しくてかわいくて、親子で見とれてしまいました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • かぼちゃがメイン

    タイトルの通り、かぼちゃがメインの本です。

    科学絵本といってもいいのかな。栽培から収穫までとハロウィーンの時のことも出てきます。

    パンプキンをバッグにした写真のとてもきれいなこと。

    日本では見られないようなビッグサイズのパンプキンは圧巻。450キロだと人間の手で抱えるなんてことは無理ですもんね。

    季節的にはハロウィーンの時期に読むのがいいのかな。
    なんだ!かぼちゃだけと思わずに手にとって見るとおもしろいですよ。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハロウィーンにピッタリ!

    ちょうどハロウィーンなので借りてきました。

    写真絵本なので、あまり見ることのないカボチャの花や
    成長過程が分かりやすくて良かったです。

    カボチャも大きいですが、
    カボチャを積んでるトラックの荷台もこれまた大きい!
    やっぱりスケールの大きさを感じずにはいられません。

    ハロウィーンのカボチャって日本のカボチャと違うんですよね。
    私もおばけランタンを作ってみたいです!!
    (スーパーに売ってたハロウィーンのカボチャが高くて断念・・・)

    息子はいろんな顔のおばけランタンを珍しそうに見つめてました。

    掲載日:2011/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット