ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

ペンギンのルーちゃん」 みんなの声

ペンギンのルーちゃん 作・絵:メラニー・ワット
訳:福本友美子
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784097262565
評価スコア 4.44
評価ランキング 7,729
みんなの声 総数 8
「ペンギンのルーちゃん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛くるしいル〜ちゃん♪

    うわぁ〜、かわいい♪
    3歳の知っている女の子に似てる(^^ゞ

    南極から北極へのお引越し

    ん?

    見開きで
    左のページは
    ルーちゃんの絵なのかな?
    絵と関連のものみたいで
    おもしろい構成です

    絵も名画を参考にしているようで

    お引越しに伴う
    淋しい感じ
    不安な感じが
    うまく表されています

    絵で自分の気持ちが描けるって
    いいことです
    とても繊細な感じ
    上手く言葉で説明出来ない子どもには
    上等なコミュニケーション手段です

    おとうさんとおかあさんの関わりも素敵

    新しい学校は
    ペンギンだけではないところも
    おもしろいんです

    そして
    「あおのじだい」だって!
    なんてすてきなネーミング・・・
    センスがいいなぁ〜

    ルーちゃんの気持ちが
    絵にすぐに表れます

    素敵だよね

    手元に置きたいなぁ・・・
    あれ!?
    この絵本は、買えないのかな・・・
    ほしいなぁ・・・(^^ゞ

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 転校生

    お引越しというよりは転校のお話です。

    北極と南極でのお引越しなので

    環境もまわりにいる動物も全く違います。

    その中での転校生はなかなか溶け込めないと思います。

    それがよく伝わりました。

    この絵本のおもしろいところが右側に絵と文字があって、

    左側には、いろんな絵が描かれています。

    そっち側を見るのもおもしろいと思います。

    掲載日:2013/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • お引越し

    このお話は主人公のペンギン、ルーちゃんがお引越しをするときに、ルーちゃん目線で感じたことを描いたお話でした。うちの子は赤ちゃんの時に引越しをしたので何も覚えていないのですが、このお話を聞きながらお友達やおばあちゃんたちと離れるのって悲しいって言って、ルーちゃんの気持ちに同調していました。人の気持ちを分かれるってステキだなって思いました。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の使い方がユニークです。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    表紙のルーちゃん、じっとこちらを見つめて、何かを伝えたそうな表情・・・、これは読まずにはいられない!と手にとりました。

    引越し、それも南極から北極だなんて、かなりの遠距離です。
    うちの子ども達も何度か引越を経験しましたが、引越って、身近なものが自分の世界すべてである子どもにとっては、ワクワク期待感より不安の方が大きいんですよね。ルーちゃんの不安でいっぱいの切実な気持ちがよーく伝わってきました。

    不安な気持ちながらも、暗い感じがしないのは、カラフルな色使いと、絵のデザインが凝っているからかな。右にお話とそのお話にそった絵、左にルーちゃんを取り巻くグッズ、登場人物など、カード図鑑みたいに描かれていて、その一つ一つがお話の場面をより身近に感じさせてくれます。

    最後は、引越の不安を乗り越えて、北極のお友達や学校で楽しく過ごすとびっきり笑顔のルーちゃんに、読んでいる私も娘もうれしくなりました。

    掲載日:2012/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • お引越し

    新しい所へお引越しするのは、やっぱり新しい環境に慣れるまでがとて

    も不安になるし、新しいお友達が出来るまでもとても不安になるし、不

    安だらけでいっぱいです。その気持ちがよく伝わってきました。

    ペンギンのルーちゃんは、絵が大好きだからお友達との関わり方も絵が

    きっかけになってよかったです。

    画家の名前から、ルーちゃんは名前も名づけられてルノワール。それで

    絵も上手くなれたのかなあって思いました。ルーちゃんの毛並みが綺麗

    で見惚れました。ゴッホ、モネ、ダ・ヴィンチと画家の絵ももとになっ

    て描かれていました。よく見るとわかったのは、「モナ・リザ」だけの

    情けない私でした。孫には、名画に触れる機会もつくってあげたいと思

    いました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい絵も楽しめます。

    • そら☆さん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子3歳

    ペンギンのルーちゃんは南極から北極へお引越し。
    絵の大好きなるーちゃんはいろいろな絵を描きます。その絵が、いろんな名画をパロったもの。ちゃんと何をパロディにしたのか最後に書いてあるので、本物と比べてみるのもいいかもしれません。
    色もとってもきれいだし、読んでいてもほっこりする絵本です。

    掲載日:2009/12/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画のパロディー

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    やわらかなタッチと色で描かれた絵がいいです。
    ペンギンのやわらかな羽毛やかわいらしい表情がなんともいえないです。

    もうひとつの楽しみは、出てくる絵が誰もが知っている名画のパロディーなのです。(中には知らないものがあったので検索しました)
    本物を先に観ているともっと楽しめたかもしれません。

    ほのぼのとしたおはなしですが、転校生の色々な思いが伝わってきます。
    これからの季節(新年度)にぴったりですね。

    掲載日:2009/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名画をもとにした絵が出てきます

    表紙を見た瞬間かわいい!と思って娘と読みました。私はあまり絵画を知らないのですがこの絵本には名画をもとにした絵がたくさん出てきます。モナリザやムンクの叫びなど。本当の絵がどういうものか娘は全く知らないので絵画の絵本と一緒に読み比べるものいいかもしれませんね。かわいいだけじゃなかったのですよ。

    掲載日:2008/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット