たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

アメリカの数のえほん(2) 100万ドルあったなら [図書館版]」 みんなの声

アメリカの数のえほん(2) 100万ドルあったなら [図書館版] 作:デビット・M.シュワルツ
絵:スティーブン・ケロッグ
訳:須美子・サライン
出版社:文研出版
本体価格:\1,700+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784580820173
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お金の正しい使い方

    この話は魔法使いのおじいさんらしき人物が、子供達にお金の価値を教えて、どうやって使って、貯蓄していったらいいかわかりやすく教えていました。この絵本を聞かせてあげたら自然に貯蓄方向に子供の心が行くような気がします。また小学生になってお小遣いもらうようになったらまた読んであげたいです。

    掲載日:2013/10/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • お金の概念

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    「アメリカの数の絵本」シリーズの1冊。
    お金の概念が上手に盛り込まれています。
    魔法使いのおじいさんらしきマーベラシモが案内してくれます。
    もちろん、アメリカの貨幣単位で解説は進みます。
    日本円の補足もありますが、感覚的に少し難しいかもしれません。
    でも、この価格なら、どのくらいのコインや紙幣がいるか、
    積み上げたら何メートルの高さ、だの、何キログラムだの、
    大体は体感できますね。
    それに、何と銀行の利子についてや小切手についても。
    アメリカでは小学生くらいから本格的な経済の授業があるようです。
    私の高校時代、政治・経済の授業で需要と供給の単元で、
    分かりやすいから、とアメリカの小学校低学年の教科書を使ったことを覚えています。
    たしか、レモネードを売る少女の奮闘漫画のような解説でした。
    この絵本でも、お手伝いでお駄賃をもらう子ども達の姿がたくさん
    描かれています。
    そんな背景も感じ取ってほしいですね。
    算数の好きな我が家の兄弟にも薦めようと思っています。

    掲載日:2008/01/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット