しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

はつゆめちょうじゃ」 みんなの声

はつゆめちょうじゃ 作:こわせ たまみ
絵:村上 豊
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年01月
ISBN:9784577033746
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,440
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • この展開は、読めなかった

    タイトルから明らかに正月のお話なのですが、それだけで手にした私は、読んでみて内容も展開も想定外。
    それだからこそ面白かったともいえるのですが…。

    村のお金持ちが村人たちの初夢を買おうとします。
    人の初夢で金持ちになろうと言うのです。
    そのお金持ちが初夢長者かと思ったら全くはなしが違います。
    初夢は人に話さなければかなうという、カバーの説明ですから、話してはいけないのでしょう。
    初夢を見なかったという村人の中で、一人初夢を見たこぞうさんがいました。
    そのこぞうさんの夢が冒険とロマンで楽しいのです。
    願望のような夢。
    鬼を相手に、宝を手に入れたり、二人の長者様の子どもになったり。
    こんな夢を自分も見てみたいものです。
    でも、ラストシーンを見ると、このこぞうさん、目を覚ましたらみんな忘れちゃっているのじゃないかな。

    掲載日:2011/03/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 正月に。

    お偉いさんに、初夢を売ってくれと言われるのだけど、「誰にも教えない」という小僧さん。
    すると小僧さんは無理矢理船に乗せられて海に流されてしまいます。
    そして・・・。
    全く展開が読めなくて「え!?えぇ?」というのが、感想です。
    面白かった、まさかこんなオチとは思いもしなかったので。

    とにかく、初夢は誰にも言うたらあかんよって事ですかね。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなお話もあるのですね

    「はつゆめはひみつ」と、あらすじが似ていたのですが、結末は違ったものに・・・
    二つの家の養子になるという発想は、私の中でなかったことです。
    かといって、拒否感もなく・・・
    お話も絵も、ほのぼのしていたからかなー。
    なんとなく、これもありかぁーと思いました。

    掲載日:2013/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ラストまでだまされた

    だまされた。そうきたか。
    結末に唸ってしまいました。

    初夢について前振りして読むと、子供も入りやすいかな。
    娘もラストまでだまされていたようです。唖然としているうちに、おしまい。その顔がちょっとオマヌケでした(笑)

    大人の読み聞かせにもいいですね。ぜひお正月に。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • お正月に読みたい本

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子9歳、男の子7歳

    はつゆめ 最近、そんなことも言わなくなってしまいました。
    小さいときは、元旦の夜に夢を見るのを楽しみにしていたなあと懐かしくなりました。

    はつゆめを誰にも言わないでいると、それが本当になるなんて、まるで夢みたいだけど、本当になったこぞうさん。

    確か、こぞうさんが初夢を言わなかったのは、単に恥ずかしかったからだと記憶していましたが、この絵本はちょっと違いました。

    たくさん昔話の絵本があるので、自分のお気に入りの一冊が見つかるといいですよね。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • この十年後を想像してちょっと恐かった

     『いもごろごろ』で、村上先生の絵のファンになってしまった私。
     この時期にピッタリの絵本をみつけました。
     
     お正月の2日の晩に見た夢は、初夢と言って、誰にも話さなかったらいつかその通りになるということだよ…。

     という、カバー折り返しに説明が。

     ある村のお金持ちの家。
     正月2日。
     朝からお酒を飲んで、今夜皆が見る夢を一つ一歩で買い取るという。
     そのこころは、良い夢を買って、もっとお金持ちになる魂胆。
     あ〜いやだいやだ!
     欲張り嫌い!
     さて、3日に呼ばれた村の衆。
     み〜んなグッスリ。
     夢など見ていない。
     でも、たった一人家のこぞう(奉公人)さんが、見ていた。
     主人に売ってくれと言われても断ったら…。

     ま〜、なんとも気の毒な運命のこぞうさんと思いきや、なかなかしたたかで賢い子。
     ラストは、こんなにできすぎちゃっていいの〜?
     と、お父さんたちから、やっかみの声があがりそうです。
     私は、この十年後あたりを想像してちょっと恐かった。
     でも、それまでこぞうさん、また良策の夢を見るのかしら?
     
     絵が優しくて、綺麗な色使い。
     とっても可愛いこぞう(初夢長者)さんと娘さんたちでした。

    掲載日:2010/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話はおもしろい

    最初読んだ時、昔話なのか昔話風のお話なのかわからなかったのですが、次に「はつゆめはひみつ」(谷真介)を読んだら、同じ話だったので、昔話ということがわかりました。 

    お正月の三日にお金持ちのご主人が使用人に初夢を聞きます。こぞうさんだけは、お金をつまれても話しませんでした。

    こぞうさんは、舟に乗せられ流されてしまいます。ここを読んだ時、「へえ、そんなかわいそう」と思いました。

    こちらのお話は、こぞうさんの顔が鬼に会った時は青くなりますので、表情がすごくわかりやすいです。こぞうさんは、鬼たちから針をせしめます。

    初夢は人に話しては叶わないのですね。そのことがよく伝わってきました。

    ラストが「はつゆめはひみつ」の方が私の好みだったのですが、こちらは両手に花という感じで終わっています。

    ぜひ読み比べてみてください。昔話はおもしろいです。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初夢は話してはいけない

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    毎年、初夢を楽しみにしているのですが、近年はあまりに疲れて起きたとき覚えていません。。

    初夢を人に話したら縁起が悪いというのは、子どもの頃は知らなかったです。
    初夢が2日の晩に見た夢のことと知ったのも、大人になってからでした。

    このおはなしの男の子は、人に話さないだけではなく、相手をじらしてお宝をゲットしていきます。
    なんて逞しく知恵のある子でしょう。
    だからこそ、しあわせになれたのでしょう。

    お正月に読むにはぴったりすぎるほどの絵本です。
    絵もほのぼのとして、日本らしいところがいいです。
    字体も読みやすかったです。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / よるくま / くっついた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット