だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ばばばあちゃんのくいしんぼうカルタ」 みんなの声

ばばばあちゃんのくいしんぼうカルタ 作・絵:さとう わきこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1990年
ISBN:9784834061017
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3種類の遊びができます

    おじいちゃんからプレゼントしてもらいました。
    ばばばあちゃんの絵本は何度も読んでいるので、子どもはとてもうれしそうにしていました。
    読み札の内容が全部「食べ物」「食べること」に連動したものであるところがおもしろいです。
    あとは、かるた以外にぼうずめくりができるようになっていて、そこもポイントが高いです。また添付の説明書によると、ぼうずめくり以外に、神経衰弱もできるようです。
    1つのカードで3つの遊びができるのはお得ですね!!

    掲載日:2015/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑えます

    昨年の幼稚園のクリスマス会でのプレゼントでした。

    当時3歳の娘にとっては、はじめてのカルタ。
    思いっきりはまり、毎日何度も遊びました。

    くいしんぼうカルタの名前の通り、とにかく食べ物に関するものばかりです。
    「かくした おかし かびだらけ」とか、「しりもち ついても はなさぬ おかし」などなど、笑えるものがいっぱい。
    読んでいて楽しいです。

    ばばばあちゃんの絵本は読んだ事がなかったのですが、これをきっかけに読むようになりました。
    今では、シリーズのほとんどを読みました。

    ちなみに、くいしんぼうカルタから入っただけに、最初はおりょうりシリーズからでした。

    文字札に描かれたマークを使って、カルタとり以外の遊び方をする事もできます。

    掲載日:2007/12/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット