もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ミレドーさんちのこびとたち」 みんなの声

ミレドーさんちのこびとたち 作・絵:ひだ きょうこ
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2007年12月
ISBN:9784774610757
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,578
みんなの声 総数 14
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ひだきょうこさん

    ひだきょうこさんの作品だったので選びました。以前彼女の作品で”きゃべつばたけのオオカミ”というのを読みました。中のサプライズが素晴らしかったのでとても印象に残っていたので他の作品も読みたいと思っていたところに出会えたのでとても嬉しかったです。ストーリーも本当に夢があって可愛らしい独特の主人公と小人たちの世界にすぐに引き込まれていきました。私達が眠っている知らない間にもこの絵本の様な事が起こっていると思うと嬉しくなりました。赤の色の使い方がとても効果的で素晴らしいと思いました。娘は小人たちを気に入ったようでした。

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 不思議なたいこ!

    楽器屋さんのミドレーさんのお店にある不思議なたいこのお話です。
    このたいこの中には7人の小人が住んでいて。
    たくさんの楽器,くつ屋さん,そして小人たち。
    子供が好きそうな要素いっぱいの絵本で楽しかったです。
    モノを大切にしよう〜宝物は実は手元にある〜そんなことを考えさせられるお話でもありました!

    掲載日:2015/10/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 可愛い!

    7歳次女に読みました。ひだきょうこさんの(昔は飛田京子さんだったのかな?)「プンプンぺりーニョ」というお話が大好きで持っているので、見つけて借りてきました。

    ミレド―さんという楽器屋さんの主人のお話です。ミレド―さんのお店の小さな太鼓には、とっても素敵な秘密があったのです。童話のこびとのくつやを思い出しました。

    絵も可愛くて、お気に入りです。

    掲載日:2017/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • まあ可愛い7人の小人の登場です

    芸術の秋とも言いますから、こんな作品もいいな〜って思いました。

    中世ヨーロッパのような雰囲気のあるお話でした。

    町のはずれにあるミレドーさんの楽器店。
    大忙しで楽器の手入れをする暇もないほどです。
    なのに楽器はいつもピッカピカでいい音色。

    なんでだろう?って、思ったら、まあ可愛い7人の小人の登場です。
    そうか、ミレドーさんは知らないけれど、ステキなたいこを先代から受け継いでいたんですね。
    その古ぼけてしまったように見えるたいこを、靴屋のクッツリーニさんに安く売ってしまい、・・・・・・。

    この後、たいこが戻ってきた理由も愉快でした。

    そして、ミレドーさんは、知ってしまうのです。あのことを。

    家訓というか、ご先祖様のいうことは、守らなくちゃいけませんね。

    それにしても、ひいおじいさんは、どうやってこのたいこと巡りあったのでしょうねぇ〜。

    とっても夢のある楽しいいお話でした。

    掲載日:2015/09/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者のこびとたち

    とっても働き者のこびとたちですね。
    それに、働くことが楽しそうに見えます。
    そして、絵が素敵でした。
    お話の雰囲気に、ピッタリでお洒落な感じですね。
    ミレドーさんは、最高のパートナーに恵まれたのだなぁ、と思いました。

    掲載日:2014/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ファンタジック

    ひだきょうこさんの絵本は、
    どれも幻想的でファンタジックで好きです。

    この絵本も、まるで夢の中のような世界が広がっています。
    色彩もお話も、どこかふわふわっとしていて透明感がある。

    たいこを売ってしまった時には
    どうなるのかと少しハラハラしましたが、
    ハッピーエンドで良かったです。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいさんからの代の老舗の楽器やさん

    大繁盛しているのは 訳があったんですね
    ミドレーさんちの楽器はいつもピカピカで 大繁盛
    それは・・・
    こんなひみつが・・・・

    ひだきょうこさんの絵もおはなしも なかなかいいですね

    おじいいさんが 言い伝えていた太鼓の秘密  このことを忘れていた
    ミレドーさん  
    こびとのくつやさんのお話しに少し似ていますが、おじいさんからの秘密に気がついた ミレドーさん  
    不思議な こんなたいこがあったらいいな〜

    掲載日:2013/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議なお話

    古くから残っていた小さなたいこが招いた

    不思議なお話です。

    おもちゃのちゃちゃちゃみたいな、あんな感じ。

    夜中ひっそり起きている不思議な出来事のお話です。

    ミレドーさんという名前もお話を読むと

    納得できます。

    くつやのクッツリーニさんという人がでてきますが、

    これがまたとってもいいキャラクターです。

    赤い鼻でとがった靴はいて、ちょっとがめつい感じが

    笑えました。

    掲載日:2013/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 働き者の小人達に拍手!

    『こびとづかん』の小人もまだまだ人気ですが、こちらの小人もいかがでしょうか。
    みんなが知っているお話『こびとのくつや』に似ていますが、私的にはこちらの方がひねりが効いていて断然好みです。

    ミレドーさんちは老舗の小さな楽器店、連日お客さんでにぎわっています。
    大忙しのミレドーさんは楽器の手入れをする暇もありませんが、不思議なことに楽器はどれもピカピカ。それは、おじいさんから大事にするよう言われていた小さなたいこに住む、小人達のおかげだったのです。
    そんなこととは知らないミレドーさんは、ある日小さなたいこを人に売ってしまい…?

    知らぬこととはいえ、たいこを売ってしまったために巻き起こるドタバタが面白かったです。
    どこに行っても一生懸命働く小人達。でも、やっぱり楽器屋さんにいるのが一番好きなんですよね。

    教訓:おじいさんのいいつけは守りましょう!というところでしょうか(笑)
    ミレドーさんも、この小さなたいこを次の後継者にちゃんと『たからもの』として語り継いでいかないといけませんね。

    最後のページ、並んで眠っている小人達の姿がとても可愛かったです。
    たくさん働いて、お疲れさま。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽器も靴もピカピカ

     楽器やのミレドーさんがうっかり大事なたいこを、靴屋に売ってしまいます。その古い小さなたいこの中には、こびとたちがいるのです。
     うっかりやのミレドーさんですが、なんだかにくめなせん。

     ミレドーさんちのこびとたちは、なんでもピカピカにしていまうのがほほえましいです。靴の裏までピカピカにしたのには、笑ってしまいました。

     夢のようなふわっとした絵は、お話にぴったりです。リラックスできるすてきな絵本でした。

    掲載日:2012/08/24

    参考になりました
    感謝
    0

14件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

みんなの声(14人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット