うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

もうすぐってどのくらい?」 みんなの声

もうすぐってどのくらい? 作:北川チハル
絵:ひだ きょうこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年05月
ISBN:9784265069781
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,371
みんなの声 総数 12
「もうすぐってどのくらい?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ひださん

    ひだきょうこさんが絵を担当していらっしゃる作品だったのでこの絵本を選びました。タイトルの描き方が独特で特に文字の表情がセンスがあって良いと思いました。”もうすぐ”という言葉の説明の難しさを感じられる絵本でした。お婆さんが主人公を心から愛している事が伝わってくるのが良かったです。部屋のインテリアも素敵でお婆さんの着ているふわふわのスカートも素晴らしく可愛らしかったです。シリーズで読みたい絵本です。

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    2
  • 娘もよく言っていた言葉

    絵がとてもおしゃれでかわいいです。

    もうすぐってどのくらい?幼稚園児のころ、娘がよく言っていた言葉で、
    読みながら、懐かしい気持ちになりました。
    ごはんの準備をしてるとき、遠出するとき、
    まだ?
    もうすぐよ。
    もうすぐってどのくらい?
    こんな会話が繰り返されます。5分もたたないうちに
    まだ?   と。

    よく考えれば、状況によって『もうすぐ』って5分だったり、1時間だったり、3年だったりしますよね。
    突き詰めれば難しい言葉なんだなと思います。

    主人公のポポちゃんがとってもかわいらしいです。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時間は伸び縮み

    「ちょっと待ってて」「もうすぐだから」
    すぐに子どもに向かって使ってしまうセリフだけれど
    もうすぐってどうのくらい?って思いますよね。
    子どもじゃなくて大人だって思うものね。
    だけど、もうすぐって思ったほど、なかなかやってこない。
    そうしてもうすぐってことを忘れると、すぐやってくるもんです。
    そう、秘訣は忘れること(笑)。
    でも、ほんとは、ポポちゃんに会いに来たおじいちゃんの
    考え方の方が好きです。
    「もうすぐ」って思いながらそれを楽しみにすること。
    待つ楽しみ、ですね。
    楽しみにして待とうねって子どもにはなかなか難しいかな?
    どうかな?

    掲載日:2011/05/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • もうすぐの長さ

    ついつい「もうすぐだよ・・・・」って使ってしまう言葉に、期待しているだけに長く感じてします。おじいちゃんのように魔法の呪文をかけないで、もうすぐ、もうすぐと愉しみながらに参考にしようと思いました。でもおじいちゃんも待つ身になると、「もうすぐかいな?まだかいな?」とポポちゃんがお昼ねから起きるのをそわそわ待っているので、
    待たす方はいいかもしれないけど、待つ身になって気をつけたいし、「もうすぐだよ・・・・」と言うのも気をつけたいと思いました。
    ポポちゃん家族もなんら人間に家族と変わらないのが、とても微笑ましく好印象でした。

    掲載日:2011/03/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 時間の感覚

    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子9歳、女の子7歳

    大人が言う「もうすぐ」っていう時間は、
    子供にとってはどのくらいをいうのかな〜と、
    改めて考えてしまうお話でした。
    そういえば私も「もうすぐ」とか「もうちょっと」という
    言葉を使うけど、
    時間の感覚っていつの間にか身についているものですよね。
    子供たちにもそのうちわかるようになるんでしょう。
    うたた寝をしているうちに時間がたってしまい、
    時間が本当にすぐにたってしまったように感じていた女の子の気持ちも
    よくわかりました。

    掲載日:2010/06/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • もうすぐって・・・難しい!

    「もうすぐ」って言葉よく使いますよね。
    それによって「もうすぐ」の時間が違うことは
    大人ならわかるけど
    そう、子供には理解しにくいですよね。
    この絵本を見て初めてそのことに気付きました。

    ポポちゃんは、周りが言う「もうすぐ」の言葉に翻弄されます。
    みんなの「もうすぐ」は早くて
    自分だけ遅くくるんじゃないか・・・とか。

    なかなかおもしろい視点のお話だと思います。
    でもやっぱりうちでは「もうすぐ」をうまく説明できませんでした。
    息子にもつい言っちゃう言葉なので
    どういう理解のさせ方なのか興味があったんですけどね。

    もう少し読み込んで
    この本のおもしろさを知って欲しかったのですが
    この特徴ある顔が苦手のようで
    一度しか見てくれませんでした。
    色使い、とってもきれいで
    そういう感性も磨けるかと思ったので残念です。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素朴な疑問

    みんなから“もうすぐ”と言われるポポちゃんのお話です。

    絵本のタイトルにもあるように、「もうすぐってどのくらい?」と言う子どもの素朴な疑問をテーマに描かれている所が面白くて良いなぁと感じました。
    確かに“もうすぐ”という言葉は抽象的なので、子ども達には分かりずらいだろうなぁと思いました。
    この絵本を通して、なんとなくですが“もうすぐ”という感覚が分かるのではないかと思いました。

    素朴な疑問を解決する手立てになるオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドキッとしちゃいました。

    私もそうですが、子どもたちに「あとどれくらいで〜するの?」
    と質問されると、大人は決まって「もうすぐ(もう少し)」って
    答えてしまいますね。でも、子供にとって
    『もうすぐ』って時間でいうとあとどれくらい?
    っていつも感じるようです。
    そんな子どもたちの疑問を代弁してるかのようなお話しで
    一緒に読んでた息子は「わかる。わかる。そうなんだよな〜」
    ポポちゃんの気持ちがしっかりとわかるようです。
    そして、その「もうすぐ」を子どもたちにも伝わりやすいような
    お話しで綴っていて、息子にいつも「もうすぐっあと何分?」
    と聞かれてる私の言いたいことも代弁してるようでうれしい!

    ポポちゃんの最後の台詞も、お話しを通すとしっかりわかってきたのか
    息子もクスッと笑ってました。

    掲載日:2008/09/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちっともこないの

    みんなの「もうすぐ」はいそいでやってくるのに、どうしてわたしのところにはちっともこないの、とまほうのつえをふりまわす、ポポの気持ちがよくわかります。「もうすぐ」って、待っているとなかなかこないものなんですよね。

    「あっというまに大人になれるよ」という言葉は、おばあちゃんならではだなと思いました。子どもの頃は一日が長く感じられたのに、大人になると一年があっというまです。

    楽しい絵で描かれた、元気いっぱいのポポがほほえましいです。お話も愛情にあふれていてほっとします。
    大人と子どもの時間の感じかたを、おもしろく描いている楽しい絵本です

    掲載日:2008/01/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子供は共感

    まほうつかいのポポちゃんシリーズの一つだそうです。
    初めて読みましたが子供の素朴な疑問をうまく突いた絵本だと思いました。
    おじいちゃんが家にくるのを待ちわびているポポちゃん。
    「もうすぐ来るよ」とおばあちゃんに言われるけれど
    なかなかおじいちゃんは来ない。
    それからいろんな人から“もうすぐ”という言葉を聞かされるポポちゃん。
    もうすぐ、もうすぐ・・・・って何にも起きないじゃない!!と半ばキレぎみ。

    そのものズバリの言葉をよく娘から聞きます。
    「遊びに行こうよ」という娘に
    「もうすぐお掃除が終わるからそのあとでね」と私がいうと
    「もうすぐってあとどれくらい?」と聞いてきます。
    そしてしまいには「もうすぐ、もうすぐばっかり言って!いつ遊びに行くのよ!!」と娘に叱られてしまうのです^^;
    確かに“もうすぐ”っていう言葉を親は頻繁に使うけれど
    人によって状況によって“もうすぐ”の長さはマチマチですよね。
    その辺のいいかげんさを素直に疑問として投げかけてくる子供って
    時にはクドイよ〜と思うけれど凄くスルドイ指摘だなーと思っていたのでこの絵本には親の私も共感です。

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    1

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ハッピーなおやすみのえほん!

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット