ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

おばあちゃんのさがしもの」 みんなの声

おばあちゃんのさがしもの 作:越智 登代子
絵:ひがしなな
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2000年03月
ISBN:9784265006182
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 痴呆

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    痴呆というものについて考えさせられました。
    いきなり家族が痴呆になってしまったら、大人でも戸惑ってしまうかなと思います。
    戸惑いながらもあたたかい家族の様子が描かれていてよかったです。
    いつまでも元気でしっかりしていてほしいとは思うけれど。

    掲載日:2016/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 痴呆について考えるきっかけに

    • ともっちーさん
    • 40代
    • ママ
    • 佐賀県
    • 女の子7歳、男の子3歳

    小1の娘が学校で借りてきたのですが、読み終わってから
    「人は年を取るといろんなことを忘れたり子供みたいになったりするの?」と聞きに来ました。
    実祖父母も含め身近に痴呆のお年寄りはいません。
    全く知識がなかった中でこの絵本を読んだことが、痴呆について考えるきっかけになったようです。
    物語も寂しさは感じられますが暗すぎることはなく、家族のおばあちゃんへの温かい思いやりが感じられる内容なので、子供でもあまり抵抗なく読めるのではないかと思います。
    巻末には痴呆についての説明もあり、どんな症状があるのか、どんなことに気を付けたらいいかなど子供にもわかりやすく書かれています。
    ある程度の年齢になったら読んでほしい絵本だと思いました。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読んでよかったです。

    私自身がおばあちゃん子だったので、おばあちゃんの載っている絵本は読みたくなります。
    この絵本もそうでした。
    この絵本は痴呆症になったおばあちゃんのお話で、子どもたちには
    どうだろう?って心配でした。
    下の2人はあまり理解できていませんでしたが、
    上の長男は、「おばあちゃん、こんなんなったらどうしよう…」って
    泣いていました。
    お話が終わったあとに、痴呆症の説明がされていて、それを読んであげると、少しは納得したようでした。
    私には、まだ、身内が痴呆症になるという経験はないですが、
    今後あったら…と考えるきっかけを与えてくれた本でした。

    掲載日:2011/04/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 御婆ちゃん

    優しそうな御婆ちゃんの描かれた表紙が素敵だったのでこの絵本を選びました。痴呆になった御婆ちゃんに対する家族の態度が優しさに溢れていて感動しました。特に主人公のお母さんが主人公に状況を説明する時に分かり易い言葉を使っている姿が愛嬢に溢れていて素敵でした。この絵本の御蔭で痴呆症に関して勉強する事ができて良かったです。家族の愛こそが最良の薬なのだと思いました。

    掲載日:2009/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット