なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ねずみにとどいたクリスマス」 みんなの声

ねずみにとどいたクリスマス 作:ルドルフ・オットー・ヴィーマー
絵:ヨゼフ・ウィルコン
訳:かわなごよしかつ
出版社:いのちのことば社
本体価格:\1,300+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784264025634
評価スコア 3.5
評価ランキング 32,926
みんなの声 総数 1
「ねずみにとどいたクリスマス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 自分の存在感

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子11歳

    星に導かれて、救い主の誕生を目撃したねずみのおはなし。
    有名なエピソードですが、この作品では動物達も集まったとあります。
    ちっぽけな存在と思っていたねずみが、その動物達にも、
    その知らせを伝えた、という、自分への祝福が描かれているように思います。
    子ども達にとっては、身近な動物たちが星に導かれて集まる、というのは
    理解しやすいと思います。
    そのやりとりの中で、救い主の偉大さが増幅されていくのですから。
    そして、小さなねずみが、自分の存在感に喜びを感じる、ところは
    共感できるような気がします。

    掲載日:2007/12/23

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


楽しみながら学べる☆ポカポカフレンズのおしゃべりえほん

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット