おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ぼくとじいちゃんのハンバーグ」 みんなの声

ぼくとじいちゃんのハンバーグ 作:吉村 健二
絵:藤本 四郎
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2000年7月
ISBN:9784577021293
評価スコア 4.72
評価ランキング 1,054
みんなの声 総数 17
「ぼくとじいちゃんのハンバーグ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • じいちゃんと孫の絆♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子17歳

    じいちゃんとゆうすけくんの、とても素敵なお話です。

    いっしょに自分が食べたこともないハンバーグを作ることによって、孫との距離がぐっと・・・

    簡単に済ませれば・・・、とか、今はなんでも購入さえすれば・・・という考えがあって、そうすることで、手を掛けず、心も掛けずに済ませてはいないでしょうか?

    味噌が入っていたり、こげちゃったのはじいちゃんの皿にあるようですし、悪戦苦闘ぶりが、伝わってきます。でも、一緒に、一生懸命の姿はゆうすけくんだけでなく、読み手にも伝わってきます。

    でも、散らかしっぱなしの台所は、ばあちゃんが片付けるのかな?(^^ゞ

    最後の字がないページのお風呂のシーンが、とってもいいです。

    食育にもいいですね。

    掲載日:2009/11/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • おじいちゃんはきっと…

    • てんぐざるさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子7歳

    「おじいちゃん」って、大概どこのうちも孫と打ち解けるのに、なかなかうまいこといかなかったりしてませんか?
    少なくとも、我が家の子どもた達はおじいちゃんと、少し距離があるような気がします。
    もちろん、おじいちゃんとしては「孫と仲良くしたい」というオーラーを出しているのですが…(^^;)

    この絵本の主人公ぼくも、おじいちゃんがちょっと苦手なようでした。ところが、預けられた田舎の家で、ママも、おばあちゃんも用事で出かけてしまい、おじいちゃんと二人っきりになってしまうんです。
    「ゆうごはんはじいちゃんにつくってもらってな」という、おばあちゃんの伝言で、おじいちゃんと二人、ぼくの好きな「ハンバーグ」を作ることに。
    このハンバーグ作り、傍から見ていると、ちょっと具が怖いのですが、出来上がりは満点だったようです。

    こんな風に、田舎の家でおじいちゃんとお料理ができたら、とっても素敵ですね。
    おじいちゃんとぼくとの距離もグーンと縮まって、ぼくも最高の夏休みになったみたいです。
    うちの子たちは、田舎らしいところのおじいちゃんおばあちゃんの家があることが、羨ましかったそうです。

    掲載日:2007/09/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 田舎とおじいちゃん☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子7歳、女の子3歳

    うちも両親はともに田舎住まいなので
    懐かしく、こうあったらいいなーという思いでよみました。

    ハンバーグといえなくてハンパク。
    ハンバーグを好きな形にするとか
    面白いですね。
    おじいちゃんがどんどん打ち解けていく様は
    主人公じゃなくてもほっとします。

    作り方を指示する主人公の頼もしいこと。
    娘におじいいちゃんとハンバーグ作るときは
    絵本みたいに教えてあげてね!と言ったら
    「きっとうちのおじいちゃんは作れるよ〜う」
    お料理上手なんですよね・・・

    掲載日:2016/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おじいちゃん、最高!(^▽^)

    図書館から借りてきて、5歳と10歳の娘たちと読みました。

    田舎のおじいちゃんおばあちゃんの家に泊まりに来たゆうすけ。
    お母さんも、おばあちゃんも出かけてしまい、家にはおじいちゃんとふたりきり。
    夕飯を2人で作ることになり、ゆうすけがリクエストしたのはハンバーグ!
    ハンバーグを知らないおじいちゃんとゆうすけが力を合わせて頑張ります!!

    まず子供たちに大ウケだったのが、「ハンパク」!!(笑)
    ハンバーグを知らないおじいちゃんが、
    ハンバーグのことを「ハンパク」と呼ぶたびに、
    「ハンパク〜!!(^▽^)」と、かなりケラケラ笑っていました。

    このおじいちゃんが、すごくいい味出してるんです!
    私のお気に入りは、「うまいんだったらみそも入ってるな、きっと」というおじいちゃんの一言!
    おじいちゃんらしくてすごく気に入ってます(^^)♪
    フライパンから油がはねれば、「ゆうすけ、さがってろ」。
    孫のこと、ちゃ〜んと守ってあげてるんですもん♪

    ちょっと苦手だったおじいちゃんとゆうすけの距離がぐんぐん縮まるのがよくわかりました。
    おじいちゃん、最高(^^)♪

    最後にゆうすけとおじいちゃんが2人でお風呂に入るシーンも大好きです!
    今はなかなか見かけなくなった木のお風呂に子供たちは興味津々でした。
    散らかりっぱなしの台所にもみんなで笑いました(^^)☆

    最初から最後まで、心温まるお話で大好きになりました。
    田舎の感じもすごくいいです。

    こげちゃったハンバーグはおじいちゃんのお皿にのってたり、
    トマトときゅうりは豪快にお皿に盛られてたり…と、
    隅々まで堪能してほしい一冊でした!!

    掲載日:2014/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 敬老の日にもぴったり

    • Azさん
    • 30代
    • せんせい
    • その他
    • 女の子9歳、女の子7歳

    敬老の日が近づいて来たので幼稚園で読みました。
    やはりおばあちゃんと二人で過ごすことが出来る園児も
    おじいちゃんと二人というのは少しだけ緊張するようです。
    ゆうすけ君の気持ちがみんなの心をとらえていました。

    最初はハンバーグを知らないじいちゃんを笑っていたのに
    「丸じゃない形にしよう」というところでは大ウケ。
    みんなすっかりじいちゃんのハンパクに魅了されていました。

    じいちゃんとの距離がグッと縮まったあとの二人の顔は
    絵本の最初のページとは比べ物にならないほど柔らかい表情で
    チャーミング。愛情にあふれています。

    掲載日:2014/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 笑った、笑った!!

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子3歳

    みなさん!お勧めします。
    じいちゃんがおもしろいです。
    聞いてる娘より私のほうがケタケタ笑って読めなくなるほどでした。

    だって、ハンバーグを知らないじいちゃんが
    「うまい」と聞いて「うまいなら・・みそがはいってるな」
    って勝手な解釈。自分の嗜好に合わせて作る。
    隠し味になっていいのかもしれませんが・・・。
    とにかくじいちゃんが・・・
    書きながらも思い出して笑っちゃいます・・・・

    掲載日:2010/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 敬老の日にちなんで

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    図書館の特設コーナーにてお勧め絵本として展示してあったので、借りてきました
    なかなか親しみにくい、田舎のおじいちゃんも実は孫が大好きで、ある時二人で留守番をきっかけにハンパク(ハンバーグ)を作ることに・・・
    共同作業をすることで親しみもグ〜ンとアップするもの!
    できたら年配の方々にもお勧めですね
    最終ページの「パパバーガー」の作り方も参考になりますよ!

    掲載日:2009/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小2の子どもたちに読み聞かせしました。ハンバーグを知らないおじいちゃんが、何度も「ハンパク」と言い間違えるところがとてもおもしろかったようです。でも、孫のために一生懸命にハンバーグを作る姿がとてもほのぼのとしてあったかいものを感じさせてくれる本でした。

    掲載日:2009/09/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ハンパクはスペシャルな逸品

    • ちょし★さん
    • 30代
    • ママ
    • 熊本県
    • 男の子10歳、男の子9歳、男の子8歳

    ママもばあちゃんもいなくて、苦手なじいちゃんと二人きりになってしまったゆうすけくん。おまけに 晩御飯を二人で作ることになり、「何が食べたい?」「ハンバーグ!」「ハンパク?」・・・。

    タイトルは「ぼくとじいちゃんのハンバーグ」ですけど、これは「ぼくとじいちゃんのハンパク」でも良かったんじゃないかな〜?って思うほど、二人が作ったハンパクはスペシャルな逸品です。

    ゆうすけくんは「じいちゃんはちょっとにがて」と言ってますが、きっとじいちゃんの方も ゆうすけくんへの接し方に戸惑っていたのかなぁ?もしかすると、ばあちゃんが 二人を仲良くさせるために仕組んだ作戦だったのかもなんて・・そんな描写はどこにもありませんが、想像を膨らませてしてしまいました。


    涙を流しながら玉ねぎを刻む二人の姿が、なんともいえず微笑ましいです。

    読み聞かせには、幼児から小学校中学年くらいまでかな、と思います。

    掲載日:2008/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 孫のために頑張るおじいちゃん

    孫の為に頑張るお爺ちゃんが大活躍する素敵な絵本でした。ハンバーグの発音もままならないお爺ちゃんが孫の為だからと必死にただ一心にハンバーグ作りに励む様子がとても感動しました。特にお爺ちゃんと初めて出かける主人公と御爺ちゃんの後姿が心地よかったです。帰ってきたお婆ちゃんがお爺ちゃんと孫が奮闘して料理した台所を見る姿も印象的でした。お爺ちゃんと孫の距離が深まるハンバーグ作りは素敵だなと思いました。お爺ちゃんも知ったかぶりせずに”教えて”と素直に言えるところがとても素敵な性格だなと思いました。このハンバーグ作りはお爺ちゃんと主人公にとって一生の宝になるだろうなと思いました。

    掲載日:2008/05/22

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.72)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット