雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

エジプトのミイラ」 みんなの声

エジプトのミイラ 作・絵:アリキ
訳:神鳥統夫
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2000年12月
ISBN:9784751519820
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,603
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ミイラに興味をもったらまずはこの本!

    古代エジプト人はなぜミイラを作ったのか。
    ミイラはどうやって作るのか。
    なぜ腐らないのか。
    葬儀はどうするのか。
    ピラミッドや墓はどうなっているのか。
    なぜあんなに大きいのか。
    などなど、ミイラに関するあれやこれやがほぼこの1冊でわかります。

    ミイラを作る際、
    鼻の穴から脳味噌を引っ張り出している挿絵はさすがに衝撃的ですが、シンプルな線画のために生々しさはなく、怖くはありません。

    個人的には、ミイラにかぶせてあるお面は何なのだろうと思っていましたが、
    ミイラが破損した際、魂が自分の体がどれだかわからなくならないように、顔を描いてかぶせたとのこと。納得です。

    短く簡潔な文章で、かつ、わかりやすい語彙のみを使い、
    ここまでの内容を小学校低学年にも理解できるよう説明しています。
    これはお見事です。
    ミイラに興味をもったらまずはこの本です。
    すばらしい本に出会えました。

    掲載日:2017/02/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 寝る前でも大丈夫でした!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、女の子1歳、

    ツタンカーメン好きな6歳の息子と読もうと、
    図書館から借りてきました。

    ツタンカーメンご本人が全く出てこないことに
    やや不満そうな息子でしたが、
    「ツタンカーメンのミイラもこうやってできたんだよ。」というと、
    ちょっと納得。

    鼻から金の鉤を入れて脳みそを取り出し、
    体の左側を裂いて内臓を取り出し、と、
    子供向けだけど内容は結構、刺激的。
    でも挿絵は全然大丈夫。淡々と描かれています。
    それがかえって逆に分かりやすくてよかったです。

    寝る前に読んだけど怖くて眠れないーってこともなかったです!

    そこから、内臓を取り出した体に炭酸カルシウムを入れて・・・。
    へえそうなのか。私も知らなかったので勉強になりました。

    布でぐるぐる巻きにして、
    体に戻ってきた魂が分かるように個人の顔と同じ容貌に
    作った仮面をかぶせて、
    それから、箱にいれて、それをまた箱にいれて、
    またそれを箱にいれて・・・

    なかなか気長な作業。
    ミイラ作りって大変ですね・・・。

    話はそれから、ミイラを安置するピラミッドの話に。
    ピラミッドがお墓だってことはうすうす知っていたらしい息子。
    その奥深くに安置することや、
    荒らされないために中に泥棒対策の仕掛けを作っておくことは
    初めて知ったみたいで、ちょっと引き込まれていました。

    少し長いお話だったけど、最初から最後までの製造工程が
    理由(古代エジプト人の信仰)も一緒に説明されていて
    とっても分かりやすかったです。
    親子で勉強になった一冊でした!

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 分かりやすかったです

    ツタンカーメン展を見に行く予習として借りてきました。

    古代エジプトでは死後も魂は生き続け、時々身体に帰ってくるため
    ミイラを作る必要があったところからお話が始まります。
    そしてミイラの作り方!や埋葬の儀式の様子、埋葬品や
    ピラミッドの中の説明までこの1冊で網羅できました。

    ミイラを作る説明のところで、息子は「痛そう〜〜」と
    言っておりました。内容は理解できているようです。

    イラストも象形文字や実際の壁画から忠実に再現されていて
    色使いも優しく、見ているだけでも十分に浸れます。
    息子もなぜか気に入ったようで何回か読んで〜と持ってきました。

    正直4歳で理解できるか疑問でしたが、
    他の絵本も借りてきているのに1番にこの本を読んでと持ってきたり
    パパに説明していたりするので、おおよそ理解できていた様子。
    少し長いお話なので読むのは大変かもしれません。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



家族みんなでワイワイ遊べるグッズが盛りだくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット