アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

ひょうたんめん」 みんなの声

ひょうたんめん 作:神沢 利子
絵:赤羽 末吉
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1984年
ISBN:9784033370309
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,180
みんなの声 総数 5
「ひょうたんめん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • さいごはよかったです。

    赤羽末吉の本がおもしろいのでかりてきました。

    おとじろううまごじろうというなまえがおかしななまえでした。

    ひょうたんめんのかおがこわかったです。

    川の中にとびこんで頭をぶつけたのがゆかいでした。

    うまかたやまんばににていると思いました。

    さいごはよかったです。

    やっぱり赤羽末吉の本はおもしろいとおもいました。

    掲載日:2011/01/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絶版なのがおしい

    小澤俊夫さんをして赤羽さんの昔話絵本が日本の最後の昔話絵本と言わしめた赤羽末吉さんの昔話絵本です。

    種子島の昔話らしいのですが、ひょうたんがおばけであるということ、表紙の絵は怖いですが、どこか諧謔味があります。

    赤羽さんの絵本は怖い話であっても、どこかおかし味があります。

    息子は読んでいる途中で『うまかたやまんば』に似ていると言いました。

    確かにそんなところがあります。

    この作品、1984年に出版されました。

    1979年に『つるにょうぼう』を二種類の和紙を使って描き、その後『そばがらじさまとまめじさま』では、八種類の和紙を使われたそうです。

    『みるなのくら』までの昔話絵本は、赤羽さんの中でも集大成とも言うべき作品で、絵もさらに素晴しいのです。

    このような作品を埋もれさせてしまうのは実に惜しいことだと思います。

    一作一作に渾身の思いをこめて作られた作品の数々。

    偕成社からはこの他『てんぐだいこ』『けちんぼおおかみ』『ねずみのすもう』なとが出されています。

    幼年向けの絵本が軽んじられていることから、この昔話絵本を出されたということも赤羽さんのエッセイにはありました。

    が、この本だけが図書館で所蔵されているところが少なく、また絶版でした。

    今の子どもたちは昔話をよく知りません。

    それは大人がよく伝えていないということもあります。

    貴重な文化の継承がされていかないのは、とても残念なことだと思います。

    ぜひぜひ復刊していただきたいと思います。

    掲載日:2011/01/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 種子島の昔話 初めて読みました

    神沢利子さんのお話で 赤羽末吉さんの絵というコンビがいいですね!

    種子島の昔話は私は初めて読みました

    ひょうたんめん なんとも愛嬌のある 表紙の顔憎めませんね

     お化けだから 怖い顔もするのですが・・・・

    おとじろうまごじろうという男の名前もおもしろい名前  なんと塩を食べる ひょうたんめん 辛いだろうにね 

    赤羽さんの絵はいつ見ても 動きがあって 色使いも地味な感じありますが 大好きです!

    お話の展開も 昔話のストーリーが おもしろく語りですればおもしろそうです

    ひょうたんめんの ちょっと間のぬけたところが おもしろくて
    昔話の おもしろさが楽しめるお話です
     
    風呂で ゆだって こぶだらけで赤い顔の ひょうたんめんの顔が 笑えてきます ゆだって ぐんにゃり しずかになりました
    やあれ やれ。 
    表現が 豊かでおもしろい!!(ちょっと かわいそうにもなりますが・・・・ね)

    語りでお話ししてみたいで〜す

    掲載日:2010/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい日本語

    種子島が舞台の昔話です。
    ひょうたんのおばけがこらしめられるまでの
    よくあるストーリーなのですが
    赤羽さんのすばらしい絵と
    神沢さんのわかりやすい語り口に、
    単なる昔話ではない「味」のようなものが感じられます。
    最後に、釜で茹だったひょうたんの「ぐんにゃり」な状態が
    想像できるような、擬音がいっぱいで、
    想像力が掻き立てられる作品です。

    掲載日:2010/01/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 憎めないひょうたんめん

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    種子島に伝わる昔話です。

    塩を食べるおばけ「ひょうたんめん」がおとじろうまごじろうさんを
    襲います。知恵比べの末、ひょうたんめんはつかまり、村人たちは
    安心して山道を通ることができるようになります。

    こわいおばけひょうたんめんですが、その表情はユーモラスで
    憎めないおばけといった感じです。悪さをするおばけなのに最後はちょっとかわいそうな気さえしてしまいました。

    神沢利子さんと赤羽末吉さんのコンビで「昔話」の世界を満喫することができます。

    手元におきたい一冊ですが、残念絶版です。
    ぜひ、図書館で手にとってみてください。

    掲載日:2009/03/10

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



完売店続出・即重版!終わりのない愛の絵本、好評につきPart2

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット