あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

月へミルクをとりにいったねこ」 みんなの声

月へミルクをとりにいったねこ 作:アルフレッド・スメードベルイ
絵:垂石 眞子
訳:菱木 晃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1996年2月29日
ISBN:9784834012927
評価スコア 4.58
評価ランキング 3,880
みんなの声 総数 23
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ほしいものを手に入れるには・・・

    月がきれいな季節。月にちなんだ絵本を探していて見つけました。
    こねこたちのために、ミルクを求めて月に向かうお母さんネコのおはなしです。
    途中、いろんな動物たちに出合って一緒に行くことになりますが、みんな月にいくのを諦めて帰ってしまいます。でもお母さんネコだけは諦めません。
    「ほしいものをてにいれるには、しんぼうがだいじなのよ。とちゅうでくたびれたり、こわがったり、いらいらしてはいけないの」というお母さんネコのセリフにドキッとしました。
    ラストには素敵な展開が待っていて、さすがお母さんねこ!とうならずにはいられませんでした。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 北欧にはお月さまのお話が多いですね。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    作者はスェーデンの児童文学作家です。
    スェーデンなど、北欧の国々には「お月さま」が登場するお話がとても多い気がします。
    やはり、地理的な関係で長い「夜」を過ごさなくてはいけない人々が、星空を見上げながらそれにまつわるお話を考えてしまうのでしょうか?

    最初はこの作品の絵もてっきり北欧の人、もしくは作者自身が描いているのだと思っていました。
    でも作品を読み終えて、よくよく読むと、挿絵は「垂石眞子」さんが描かれていたんですね〜。猫や猫と一緒にお月さまめざして駆けだす動物たちが生き生きとしていて、可愛らしくて、文章からくるイメージにとても合っていました。
    特に4匹月期に向かって野原を駆けていくシーンは素敵でした。
    手前に描かれている森のリスやウサギの仕草も、月の光で伸びる4匹の影も、いい感じでした。

    可愛らしくて楽しいお話なので、「お月さまがよく見える」この季節にぜひ子どもたちに読んだり紹介したりしたいですね〜。
    4,5歳くらいから小学校中学年くらいのお子さんたちにお薦めします。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • “月が木に腰をおろす”

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    はじめに感想を言っちゃうと・・・本当に素敵な絵本でした!
    子猫たちに飲ませるミルクがなくなってしまったとき、『月に行けばミルクがある』と教えてもらい、月へと向かって懸命に走り続ける母猫のお話。
    “月が木に腰をおろす”という表現が、私はとっても気に入りました。一間擬人法かと思いきや、読んでいると分かります、母猫は本当に月が木に腰をおろしていると思っているのです。夜空の月、目の前には大木、猫の目線で見上げると(人間の目線でも同じ)、確かにそう見えますよね。木に登っていくと、月は逃げてしまうし・・・。
    母猫の懸命な姿を、月の神秘的な輝きがより一層引き立たせてくれています。
    そして最後の最後、夜明けまで頑張った母猫の努力はしっかり実りました。
    その結末も、ちょっぴり可笑しいけれど、「よかったね!」って心から思えます。読後感がなんとも心地よい絵本です。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ミルクをください!

    めうしのミルクが出なくなったので、子猫たちのために月にミルクをもらいにいこうとする猫。豚、おんどり、子牛、が4匹で月に向かいます。

    でも、豚は眠くなり脱落。
    おんどりはキツネの声で怖がって逃げ出す。
    我慢できないからと子牛も帰ります。

    猫は一生懸命、木から腕を伸ばし、月のミルクをもらおうとします。届かなくて、一生懸命、月を追いかけて朝まで走っていきます。

    すると、小屋にミルクがたっぷりとあります。 別の農家の小屋でしたが。そこのおかみさんが、引っ越してきて、ねずみをとるならミルクはあげるというので子猫ごと引っ越しします。

    めでたしめでたし。

    しかし、母親猫が必死で一晩走ってつく遠いところに、よく、子猫たちがこれたなあと思います。ちょっと疑問なところもあるけど、まあいいと思います。

    これを読んだあと、娘は月をみて、おじいさんとおばあさんがミルクを運んでいるように見える、と言っていました。感化されやすいですね。

    掲載日:2015/12/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の思い

    子どもにミルクを飲ませたい母の思いがつまっています。月の中の絵がミルクをたっぷりいれた入れ物をもつ夫婦になっているので、日本の餅つきをしているウサギとは異なって面白かったです。みんな探すのを諦めたけれど、猫だけは諦めません。子ども達を想って行動したら、ちゃんと神様はみてくれていました。おつきさまにミルクがあるってことを信じているというところが好きです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • スウェーデンの作品と日本画家のコラボ

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    この作品は、スウェーデンの文学者アルフレッド・スメードベルイが、1908年に発表した作品に、垂石眞子さんが絵を描き1996年に発刊したもの。
    表紙の絵に魅せられて読んだのですが、この絶妙なコラボレーションこそ、この作品の大きな魅力と言えそうです。

    物語は、かあさんねこと4匹のこねこが、仲睦まじいく暮らしているシーンから始まります。
    ところが、住んでいる農家の雌牛の乳が出なくなってしまったから、さぁ大変です。
    困り果てたかあさんねこ。
    犬がミルクのある場所を教えてくれるのですが、何と月。
    月でおじいさんとおばあさんが運んでいる桶の中身が、ミルクだと言うのです。
    日本で月に住むのは、餅をつくうさぎと相場が決まっているのですが、やはり所変わればというところなのでしょう。
    かあさんねこは、どこまでも月を追い駆けるのです。
    道すがら、ぶた、おんどり、こうしも一緒に行こうとするのですが、みんな途中で諦めてしまいます。
    やはり、母強し。
    その子を想う気持ちに、揺るぎは微塵も感じられません。
    何度も高い木に登ったり、走って追い駆けたりを続けるのです。

    結局、かあさんねこの勘違いではありますが、ミルクにありつけることができ、とてもほのぼのとした気持ちで読み終えることが出来ました。
    良く出来たストーリー展開で、長く読み続けられることに納得出来る作品だと思います。
    一寸文章が多めなので、読み聞かせよりは小学校低学年生が自ら読むのに適している作品かも知れません。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供のためにあきらめない

    子猫のためにミルクを探す、かあさん猫。
    月を目指して走ります。
    みんながあきらめても、かあさん猫はあきらめません。
    そして、ついにミルクを手に入れることが出来たのです。

    子供のために頑張る、ママの姿が見られました。
    きっと、お子さんがいらっしゃる方ならば共感できるのではないかと思います。
    かあさん猫を、応援する気持ちになりました。

    結局、月ではなく思いがけない場所で、ミルクが手に入るのですが、あきらめなければ実現するということが、よくわかるお話だと思います。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の思いは月まで届く

    子育て中のお母さんネコがミルクに困って月にミルクを取りに出かけます。
    いくら言っても月には届かない。
    途中で豚やおんどりや子牛が仲間入りしますが、月は果てしなく遠い。
    豚が去り、おんどりが去り、子牛もあきらめても、お母さんネコはあきらめません。
    やがて月が沈んだ先に見つけた牧場。
    なんてチャーミングなお話でしょうか。
    木に登って月を取ろうとするお母さんの思いは、なんともすごさを感じさせます。
    月の模様がミルク桶をもつ人間たち、その人間たちが優しくこちらを見つめているなんてなんて素敵なんでしょう。
    低学年向きかもしれませんが、家族してなごみました。

    掲載日:2011/09/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • がんばった甲斐がありました!

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    4匹の子猫の母猫が、ミルクを手に入れる為にがんばるお話です。
    ミルクが無くて困っていると、犬から『ミルクは月に行けばある』と
    教えてもらい、月に向かって走って走って・・・・
    どんなに頑張っても月にたどり着くわけないですよね。
    でも、母猫は子猫たちの為にあきらめません。
    さすが、親というものは、子供の為ならどんなことでもがんばれるんですね!
    母親猫の愛情の深さを感じる作品です。
    小学生の娘も面白いと何度も読み返していました。
    ミルクが手に入ったかは、読んでからのお楽しみにして下さい!

    掲載日:2010/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • このお話はスエーデンの作者のお話で絵は日本のたるいしまこさん

    4ひひきの子猫がかわいい! お母さんは幸せそうに子供たちを見ている絵が とても平和で 心が和みますね!

    雌牛のお乳がでなくて ミルクを探しに行くお母さん 子猫のために!

    お月様にあると教えられて・・・・ えっ?
    お月様に? でもお月様の中には おじいさんとおばあさんが ミルクを運んでいるのが見えるのです
    スエーデンでは そのように言い伝えられているんだ・・・・

    月にミルクを取りに行くなんて・・・ でもお母さんの願いは強い!
    我が子のためなら がんばれるのが母親!

    人間も 猫も同じですよね!   ぶたや にわとり こうしもついて
    くるけれども すぐに諦めるの でも 母猫は 決して諦めません!

    遠くのお月様に手を伸ばす 母猫の つからず良い顔はどきっ!とさせられますね・・・


    この諦めない心が ミルクを子猫にあげることができるのですね

    すごい!

    のうかのおかみさんの優しい顔 たるいしさんの優しさがにじみ出ているようです!
    子猫たち 良かったね 母に感謝! そんなことは 大人になるまでお預けの言葉・・・

    美味しそうに ミルクを飲んでいるのを見ている母猫の 満足そうな顔が いいですね!

    めでたし めでたし おつきさま 有り難うと 母猫は 言っている ラストの絵が 共感できますね

    掲載日:2010/04/08

    参考になりました
    感謝
    0

23件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(23人)

絵本の評価(4.58)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット