たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

くつくつどんなくつ?」 みんなの声

くつくつどんなくつ? 作:エリザベス・ウィンスロップ
絵:ジョイス・ウィリアム
訳:なかがわ ちひろ
出版社:冨山房 冨山房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1994年
ISBN:9784572003362
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,356
みんなの声 総数 12
「くつくつどんなくつ?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • リズム感のある翻訳

    ぶかぶかのくつ、きつきつのくつ、ゴムの長靴、ふかふかの靴・・・。たくさんの靴が出てきます。
    子どもにとって身近な存在である靴がこれだけバラエティ豊かに出てくるのですから、楽しくて仕方ない様子です。
    さらにこの絵本のすごいところは翻訳!
    まるで日本絵本のように、美しいリズム感のある文章が次々と展開されます。翻訳にありがちな違和感は全くありません。さすがです。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもがいろんなくつはいてるのがおもしろい
    竹馬 きつつきがつついているわらえる〜

    パパのスリッパの中に入って歩くのよくやるよね、子どもって
    外国でも日本でもどこの子どももこの発想は同じなのですね

    いろんなくつがあって 子どもたちが遊んでいるのが楽しい!
    プール・スケートぐつ・バレーのトーシューズ・
    子どもたちは 遊びの天才ですね

    そして・・・  クイズのよう   さあ、なあんだ?
    オチの は・だ・し!
    なんてったって これが いちばん!
    最高のオチです!

    おもしろい絵本で〜す

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感があって楽しい靴の絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子17歳、女の子12歳

    靴を履いてお外へ遊びに行くことが楽しくなってきた年頃のお子さんたちに、一番お薦めしたいです。
    登場している子どもたちの表情や行動がとっても楽しいそうです。
    なかがわちひろさんの邦訳が日本語として読みやすく、音読みしたときのリズムがよく、読みやすかったです。

    この作品の最後で『は・だ・し!やっぱり これが いちばん!』
    という終わり方を見て、
    そういえばうちの下の子も幼稚園くらいの頃ははだしが大好きで、ちょっと目を離すとすぐはだしになって外を走り回るので、よく足のうらを怪我していたのを思い出しました。

    まぁ、多少怪我をしても、はだしで直にいろいろなものに触れて感じるというのもいいことですよね〜。
    「くつくつ…」というタイトルでありながら、意表をついたこういう終わり方を選択した作者に、思わず「やるな」と思ってしまいました。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなくつ!!

    いろーーーんなくつが登場します。
    こんなくつがあるんだーーーと,
    感心しながら読んでしまいました!
    でも一番いいくつは・・・
    ぜひ読んで確認してみてくださいね♪

    掲載日:2011/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • リズム感のある絵本

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子12歳、男の子6歳

    ボタンの靴、ペタンコの靴、乗馬の靴、長靴、スケート靴等など沢山の靴が出てくる絵本です。
    竹馬とかスキー板とか水中用の足ヒレとかは靴?という感もあるんですが、履くものという範疇で考えて良しとすべきなのでしょう。

    とにかくそれぞれのシーンの絵は、綺麗で楽しいもの。
    登場する子供の楽しい姿に、我が身を投影できるはずです。
    それとリズム感のある文章のマッチングが良く、テンポ良く読み聞かせできる作品だと思います。
    最後のオチも納得もの。
    靴に履きなれてきた頃に読み聞かせするのが、ベストの作品です。
    関心を持って聞いてくれることは間違いありません。

    掲載日:2011/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳4ヶ月の息子に読んでやりました。いろいろな靴がたくさん登場します。靴は息子にとってもとても身近なものなのでとても実感がわくらしく、逆に家の中でも靴をはく習慣のページには違和感。よくわかったねーと褒めてやれることができます。そういういろいろな感じ方を大切にしながら、やっぱり「靴がない、素足が気持ちいい!」で終わるところがすっきり感です。家の中では冬でも滑るからと素足にさせているので、最後の最後まで身近なストーリーと受け取れるのでしょう。

    時々、これも靴として分類していいの?と思うような「靴」も登場しますが、まあ足に履かせるからいいやとそこは深く考えず、子どもと一緒に色々な靴を楽しんでください。靴に慣れ親しんだ頃読んでやると子どもがよろこぶ一冊だと思います。

    掲載日:2011/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • なぞなぞ大好きな子どもたちにおすすめ

    • バオバブさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子10歳、男の子8歳、女の子6歳、女の子1歳

     たくさんのくつが小さい子どもにも分かりやすく紹介されたあと、一番いいのは何だか知ってる?となぞなぞ開始。6歳の娘は自分の一番好きな「ブーツ」と答えました。
     その後少しずつヒントが出される長い長いなぞなぞです。一文毎に知っている限りの靴を答える娘。答えを見たら「なあんだ」と納得、気分良く読み終えた絵本でした。
     なぞなぞ大好きな幼稚園児から低学年が喜びそうな絵本です。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークな靴の紹介の仕方にセンスを感じました。世の中には私が認識している以上の靴の種類があって驚きました。主人公達が愛嬌たっぷりに楽しんで靴を紹介してくれるのが良かったです。最後のなぞなぞはとても的を得ていて感動しました。自らの足がどれだけ素晴らしかを感じられる絵本でした。自分の体に対して感謝の念が自然に湧く絵本だと思いました。

    掲載日:2009/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 裸足

    なるほど、「はだし」って、漢字で書くと「裸足」なんだと感心してしまい納得してしまいました。いろいろ靴の紹介があって、最後にクイズ形式だからドキドキしてしまいました。残念ながら、「裸足」には、気がつきませんでした。裸足が一番気持ちがいいけれど、靴を履く習慣になれてしまいました。子供は裸足が大好きだと思いました。いろいろな靴を楽しめました。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気持ちのよい絵本です

    色々な靴が、次から次と出てきます。スリッパも竹馬もローラースケートの靴も、それぞれの形容詞とともに。
    私たちの周りにはこんなに沢山の種類の靴があるんだ!と再確認しました。同様にいろいろな衣装で登場する4人の子どもたちも愉快でかわいいです。

    しかし!
    なんといっても最後が素晴らしい!! (ぜひ実感していただきたいので詳細は省略します。ぜひ読んで下さい。)私も同感です。
    読んでいてさっぱり、すっきり気持ちのよくなる絵本だと思いました。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

12件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット