たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

おにの子こづな」 みんなの声

おにの子こづな 作:木暮 正夫
絵:斎藤 博之
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,450+税
発行日:1991年
ISBN:9784593562299
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,019
みんなの声 総数 2
「おにの子こづな」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 息子大満足!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子1歳

    じさまと暮らしていた娘が鬼にさらわれ、
    男の子が生まれます。
    この男の子がこづな。

    そして娘を探しにでかけたじさまは、
    はたおりの音のする一件の家にたどり着きます。
    そして小さい子供が出てきます。

    この場面で息子は「あっ!もしかして!」と声をあげました。
    そう、こづなと娘と鬼が暮らしている家です!

    昔話があまり好きでない5歳の息子も、
    小さい男の子が主人公で、
    親近感が沸いたのか、
    途中から話に吸い込まれるように絵本に見入っていました。

    そしてこづなの提案で逃げる三人。
    じさまとお母さんを助けるために、
    自分のお父さんである鬼と奮闘しますが、
    お尻を出してペンペンする場面、
    とっても子供らしい作戦で、
    読んでた息子も大満足!

    昔話で絵もとっても昔風なのに、
    今の子供とおなじようなこづなの行動に、
    とっても親近感が沸いている息子。

    読み終わった後は「面白かったねー!」と
    大満足したようでした。

    掲載日:2012/08/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • この本を読んで、他の「おにのここづな」を読んでみたのですが、話がかなり違うのに驚きました。
    そして、やっぱり最初に読んだこの本が一番気に入ったのは、最初の印象が残っていたからでしょうか。
    おじいさんと娘という関係では、こづなはひ孫になってしまうのですが、そんなことはさておいて、斎藤さんの絵がユーモラスで、鬼もあまり悪そうには見えないので、心許してしまいました。
    最後は3人仲良く暮らしましたという、ソフトなエンディング。
    昔話はこんな終わり方が良いですね。

    掲載日:2013/04/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット