庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

ちいさなサンタさん」 みんなの声

ちいさなサンタさん 作・絵:葉 祥明
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784333017676
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,115
みんなの声 総数 28
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ほっこり★

    • M.Oさん
    • 30代
    • その他の方
    • 滋賀県

    単純にサンタクロースの話だと思って、正直、少し軽い気持ちで読んでみたのですが、子供たちが書いたメッセージカードのくだりで、ググッときました。
    戦争、紛争の絶えない国があるということを私たちは忘れがちですよね・・・。つらい思いをしている子供たちのために、サンタクロースが駆け回るなんて、素敵な話だと思いました!!

    また、子供たちがこの本を読んだら、たぶん、最初はメッセージカードの意味がわからずに、そのままスルーしてしまうような気がします。もし大人が読み聞かせるのであれば、補足説明が必要かもしれませんね。

    掲載日:2011/01/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 込められた思い

    立ち読み企画で息子と一緒に読ませていただきました。

    葉祥明さんらしい、幻想的で素敵な挿絵。
    そしてそのなかに込められている平和への思い。
    ひしひしと感じることができました。

    スノーボールのなかの小さなおうち。
    雪が降り積もるそのおうちの中には、世界中の子ども達の切実な願いがたくさん込められていました・・・。

    この時期、日本の街角ではクリスマスツリーが飾られ、オモチャ屋さんにはたくさんのオモチャが溢れ、テレビでは購買意欲をそそるCMが流れ・・・
    そんな商業的なクリスマスとは一線を画したクリスマスが、この本の中にはあります。

    一人ひとりでできることはほんの小さなことかもしれません。
    でも、一人ひとりがそう思って行動すること。
    それが、いずれは世界を動かせることになればいいな。
    と思わずには居られません。

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • クリスマスのまえに・・・

    私は、この本を購入してからは、毎年クリスマスの前に自分で読んでから、子供達に読んであげいます。内容は、世界中の子供達と動物達から大人へのメッセージです。男の子が、小さなおうちに入ると、クリスマスツリーに沢山のカードがぶら下がっています。そのメッセージを読んで男の子は、僕がサンタさんになれたらあと思うのです。その僕は、この本を読んでいる私達なのかもしれないと思います。クリスマスといえば、プレゼントやパーティーのことばかり考えている自分でしたが、この本によって、本当のクリスマスの意味を考えさせられました。少しの勇気で、全ての大人がリトルサンタになれるのではないでしょうか・・・・・。

    掲載日:2002/11/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • リトルサンタクロースになれる

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子19歳

    葉祥明さんが描く、平和メッセージのこもった作品。
    主人公の男の子が、サンタクロースからもらったスノーボールを眺めていて、
    不思議なサンタクロース体験をするのです。
    そのきっかけになったのが、世界中の子どもたちの不幸な現実。
    まずそのことを知ること、そして行動を起こすことの大切さが伝わってきます。
    子どもたちの幸せのため、という視点がうれしいです。
    そのためのリトルサンタクロース。
    クリスマスの意味もそっと考えさせてくれますね。

    掲載日:2015/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人へのメッセージ!

    柔らかく可愛らしいタッチの絵に惹かれ,我が家の4歳の娘が読んでと。
    娘と一緒に読みましたが,4歳児にはお話の内容は難しかったようですが,きれいな絵とスノーボールやクリスマスツリーにうっとりしながら真剣に聞いていました。
    空や水平線,本当にきれいな絵で見応えがありました!

    お話の内容は,大人へのメッセージのように私には思えました!
    クリスマスツリーに飾ってあったカードには,子供達からの助けてのメッセージが。
    ひとりぼっちだったり,戦争で悲しい思いをしていたり,貧乏で学校に行けなかったり,子供の労働だったり,虐待だったり。
    子供達からのメッセージにはただただ胸が痛みました。
    この絵本の中の小さなサンタさんは,子供達の願いを届けます。
    それは子供達からのSOSが解決に向かうようにとの願いでしょう。
    クリスマスとは,世界のみんながやさしくなる日。
    とても深く,そして大人がきちんと問題に向き合わなくてはと思わせてくれる絵本でした。
    たくさんの大人達に読んでもらいたい絵本です!

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い絵の、小さなサンタさんのお話かな?。と、読んでみたら、とんでも無い!!

    小さな子供が、色んな国のお友達(子供たち)の願いを知り、自らサンタクロースになり、幸せを届けようと駆け回るお話です。

    お友達は、戦争や貧困に苦しむ子供たち。そんな皆の願いは、平和な日常や家族との静かな生活・・・。ただ、毎日を笑顔で過ごしたい。ささやかな事なのです。

    平和に暮らせていること。家族と一緒にご飯を食べ、当たり前のように学校へ行き、友達と遊び、言いたい事を言え、笑ったり泣いたり怒ったりを当たり前のようにできる日々。
    そんな毎日がどれだけ幸せで大切かを、優しい言葉で教えてくれ、皆が幸せに暮らすには、どうしたら良いのかを、自然と考えるようにしてくれる、そんな絵本です。

    小さな子供には、少し難しいかもしれませんが、読み聞かせながら、自然と理解していってくれたら・・・。
    現代社会を学ぶ前に、ぜひ、子供に読ませたい一冊です。

    掲載日:2014/05/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • たすけを求めるこどもたち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    助けを求めるこどもたちの声が痛いです。
    飢餓や戦争で苦しんだりするこどもたちの声って意識しないと聞こえない…と私なんかは思ってしまうのでこういった本を読むと考えてしまいますね。その時だけ考えて終わり…というのも悲しいですが。
    だれでもサンタになれるというのは本当にそうだなーと思いました。
    英文もついているので英語で読めるのもいいですね。

    掲載日:2014/05/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に頷くことが出来ました

    一面の銀世界が美しく、優しい絵本です。

    「心から願えば、誰でも世界中の仲間を助けることが出来る」

    とてもはっきりとしたテーマですが、
    全く押し付けがましくなく
    素直に頷くことが出来ました。

    だんだんと夜になってゆく描写が、本当に美しいです。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感謝の気持ちを込めて平和を考える

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    これからの季節に向けて何かいい本はないかと思って見つけましたが
    ファンタジーだと思ったら、全然違いました。

    クリスマスの晩にケーキやごちそうを食べて
    プレゼントがもらえる環境にあるありがたさを、この本を読んで
    子供たちに感じてもらいたいなーと思いました。

    そして、そういう状況じゃない子供たちにも
    何か自分でもできることから行動することの大事さを
    大人の私たちが忘れてはいけないですね。

    可愛い絵に反して、ずしーんと深い内容でした。

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにげなく手にとった季節ものの絵本。

    ところが中盤突然、世界中の人たちのおねがいごとが聞こえてきます。
    学校にいけない
    こどもにもっとやさしくしてほしい・・
    世界のこども達の切実なお願い。
    クリスマスにはプレゼント=モノ をと思っている人が多い日本や先進国にて、意外な展開です。

    けど、サンタさんが本当に力を使って配り歩いているのは
    きっとそういうお願いを少しでもかなえる一歩の道筋かもしれませんね。

    クリスマスのプレゼントは、モノじゃなくて何か一緒に考えたりするコトでもいいなぁと思いました。

    掲載日:2013/11/22

    参考になりました
    感謝
    0

28件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / ピヨピヨ スーパーマーケット

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(28人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット