しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ちいさなサンタさん」 みんなの声

ちいさなサンタさん 作・絵:葉 祥明
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1995年
ISBN:9784333017676
評価スコア 4.47
評価ランキング 7,671
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

  • 素直に頷くことが出来ました

    一面の銀世界が美しく、優しい絵本です。

    「心から願えば、誰でも世界中の仲間を助けることが出来る」

    とてもはっきりとしたテーマですが、
    全く押し付けがましくなく
    素直に頷くことが出来ました。

    だんだんと夜になってゆく描写が、本当に美しいです。

    掲載日:2014/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感謝の気持ちを込めて平和を考える

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子12歳、男の子9歳

    これからの季節に向けて何かいい本はないかと思って見つけましたが
    ファンタジーだと思ったら、全然違いました。

    クリスマスの晩にケーキやごちそうを食べて
    プレゼントがもらえる環境にあるありがたさを、この本を読んで
    子供たちに感じてもらいたいなーと思いました。

    そして、そういう状況じゃない子供たちにも
    何か自分でもできることから行動することの大事さを
    大人の私たちが忘れてはいけないですね。

    可愛い絵に反して、ずしーんと深い内容でした。

    掲載日:2013/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • なにげなく手にとった季節ものの絵本。

    ところが中盤突然、世界中の人たちのおねがいごとが聞こえてきます。
    学校にいけない
    こどもにもっとやさしくしてほしい・・
    世界のこども達の切実なお願い。
    クリスマスにはプレゼント=モノ をと思っている人が多い日本や先進国にて、意外な展開です。

    けど、サンタさんが本当に力を使って配り歩いているのは
    きっとそういうお願いを少しでもかなえる一歩の道筋かもしれませんね。

    クリスマスのプレゼントは、モノじゃなくて何か一緒に考えたりするコトでもいいなぁと思いました。

    掲載日:2013/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に刻んでおきたいお話

    まず、お話が始まる前に、
    “サンタクロースを必要としている 世界中の子どもたちと動物たちに”
    とメッセージがあり、普通の子供向けクリスマス絵本とは違うんだと感じました。

    毎年クリスマスの前には読んでおきたい絵本だと思いました。
    いえ、クリスマスの時だけではなく、いつでも心に刻んでおきたいお話です。

    恵まれている環境で育っている子供の一般的な考えは、
    クリスマス=欲しいものがもらえる=おもちゃ 
    ですよね。
    でも、もっと広い目で世界の子供達を見ると、、、
    家にも帰れず1日働いている子がいる。
    住むところがない子供達。
    おもちゃを求めているのではなく、助けを求めています。

    サンタさんからおもちゃをもらって喜べるのは子供にとって至福の時間。それを奪う気はありませんが、
    それがどれだけ恵まれていることなのか、家族がいるだけで幸せなことなのか、戦争がないだけでどれだけ幸せなのか少しずつ理解して、世界の子供達の幸せをも願えるような子に育って欲しいと思いました。

    掲載日:2013/01/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 平和への祈り

    • あおそらさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子2歳、男の子1歳

    子どもにクリスマスの絵本を探しています。
    息子たちにはまだ内容を理解するには早い内容ですが、いつか読んでほしい絵本だなぁと思いました。
    大人や、世界のことをもっと知るようになった小学生くらいから読むといいかな〜といった印象を受けました。

    クリスマスの願い事と言えば、おもちゃがほしいというのが定番。
    自分の生まれ育ったこの国が、どれだけ恵まれた環境であるか・・・考えさせられました。

    スノードームの中に入り、自分自身がサンタクロースになる。
    こころにねがえば空も飛んでいける。
    発想がすごく面白かったです。
    今までに見たことがなかったクリスマス絵本でした。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本のサンタが届けたものは

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    季節ものの絵本を読みたくて図書館で探してきました。
    葉祥明さんもこんなサンタの本を描いていたんですね〜。
    この絵本に登場するサンタさんはちょっと異色です。
    子どもたちに届けたプレゼントは、作者の後書きを見るまで分かりませんでした。

    しんしんと降る雪景色、トナカイの橇から見た雪に覆われた世界、針葉樹に雪がスッポリかかっているのも、緑や青のベースが多い作者の絵には珍しい色合いでした。

    また、子どもたちからの手紙はズンときました。
    この絵本のサンタが届けてくれた「願い」を受け取った一人一人が大事に育てていけるといいなぁと、思います。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 雪景色や星空は圧巻

    絵がとても綺麗です。大判の絵本なので、画面いっぱいに描かれた雪景色や星空は圧巻です。飾っておきたいくらいです。
    文章は、物語というよりも、メッセージとしての読み物ととらえたほうがいいかな。言葉自体は簡単なので、小さな子でもわかりやすいとは思いますが、語られていることは、奥深く、大人へ向けたメッセージのように思います。世界中のクリスマスを祝えない子どもたちへの思いにあふれています。素敵な絵のおかげで、そのメッセージもストレートに、心に届くように思います。小さい子にとっては、文章だけでは難しいメッセージも、絵を見て少しでも作者のメッセージが心に届くのではないでしょうか。
    日本語のあとに、英文も書かれています。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • サンタクロースに願いをこめて

    葉祥明さんは、世界中の子供たちが しあわせな暮らしが出来ることを願ってこの絵本 サンタに願いを託したのでしょうか?

    リトルサンタ  ツリーに書かれたメッセージは みんな みんな 悲しい思いで生きている 世界中の子供たち 大人の声
    今は まだまだ戦争が起こり  又災害でたくさんの人が命を落としています 
    みんな みんな 生きてきてしあわせに生きられたらどんなに良いでしょう!
    葉さんは いつも 世界の子供や 大人のしあわせを願って絵本を書かれています
    この絵本は そんな葉さんのみんなへのメッセージがこめられた絵本ですね
    サンタに託して・・・・・
    考えさせられる絵本でした・・・
     
    大人も 子供も この絵本を読んでどう感じ どういうふうに生きていくか そんなことを 考えさせられる 少し重い絵本でした。

    掲載日:2011/11/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思いのこもった作品

    10年以上も前の本ですが、
    強いメッセージ性を持った作品です。


    英語の文章がのせられていますし、
    戦争や貧困といったテーマもでてくるので、
    子どもたちには少しむずかしいかもしれません。

    ただ、幼い時に世界は広いこと、このことを何となくしっているだけで、
    その子の成長にどれだけ影響が出るのか。

    知っているのと知らないのと、大きな違いがでるんじゃないかなぁと思いました。
    最後の作者からのメッセージが印象的で、
    ぼく自身も同じような志でチャリティー活動に携わっていますが、
    もう一度気合を入れ直そうと思いました。


    この絵本をよんだら、お子さんも親御さんも心のどこかにある優しい気持ちが大きく膨らむのではないでしょうか。

    掲載日:2011/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人の責任

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    作者の後書きに胸が詰まりました
    今年の3月11日東日本大震災は多くの人々の命を一瞬のうちに奪い去りました
    その中には多くの子供達も犠牲になったのです
    残された(生かされた)子供たちの心には大きな傷が残りました
    このことを各種マスコミが多く取り上げていましたが、あるカウンセラーは「震災前から今の子供達には心の中で震災が起きていたことを知ってほしい」と注目発言をされてました
    我々大人たちは子供の良き見本となっているのだろうか・・・?
    年間自殺者が3万人を超すほど人間を追い詰める社会を築いてしまった大人たち・・・
    リトルサンタは季節を問わず大人に訴えかけていることを、忘れてはならないと、と良く感じました

    掲載日:2011/04/28

    参考になりました
    感謝
    0

31件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「星新一ショートショートえほん」シリーズ<br>画家さんインタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.47)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット