だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

紙芝居 ぶたのいつつご」 みんなの声

紙芝居 ぶたのいつつご 作・絵:高橋五山
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1968年05月
ISBN:9784494076086
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 繰り返す楽しさ

    枚数自体は少ないです。

    でも読み方をいろいろ変えることができます。

    紙芝居の扱い方という注意書きもあります。

    同じように見える子豚をしっぽで見分けます。

    次はどんなしっぽかな?と想像しながら読みます。

    正解しなくても楽しいです。

    もう一回やる楽しみがありますから。

    正解したらしたで、またやりたくなるんですけどね。

    掲載日:2013/02/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 考えたり思い出す事ができる

    とってもシンプルで可愛らしいブタさんの絵です。
    最初に、「よーく聞いて、よく見ないと・・・」と注意を促すような言葉が出てくるので、息子なりにしっかり聞いて、しっかり見なきゃという心構えをして聞いているようです。
    なぜか、「ぶうぶう」というブタの鳴き声のところでおもいっきり笑うのがこちらもおもしろいです。
    一度読んでしまうと、次からはすぐ答えがわかってしまっているので、何度も読んでいるうちに飽きてしまうこともあると思いますが、今のところ毎日読んでとせかされています。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『illuminature(イルミネイチャー)』 編集者 竹下純子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット