すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

紙芝居 のっぺらぼう」 みんなの声

紙芝居 のっぺらぼう 絵:小沢良吉
脚本:渋谷 勲
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:1982年10月
ISBN:9784494077526
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,251
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 正当派昔話

    のっぺらぼうと言えば、みんな知っているけれど、
    おはなしの細かい部分はちょっと分からなかったりしませんか?
    子どもたちに語り継いでいきたい気持ちはもちろんのこと、
    自分自身も、民話を味わいたいという気持ちから、
    この紙芝居を手に取りました。

    まず、絵に心をひかれました。

    正統派の「昔話」であることを予感させる、最初の絵を見た瞬間、
    心をわしづかみにされました。

    見ていた子どもたちも、最初の絵から、ちょっと昔の日本の世界に
    どんどんと入り込んでいったようです。
    そして、言葉遣いも、古すぎず新しすぎず、絶妙のバランス。
    子どもたちにもわかりやすく、読み手としても違和感を感じず、
    それでいて、時代を感じる脚本でした。

    子どもたちに民話を読むのはとても難しく、
    リアルさを求めると,子どもたちには内容がわかりにくくなるし、
    わかりやすく表現したものは、なんだか民話の味わいが損なわれていて
    なかなかちょうど良いものがありませんでした。

    この「のっぺらぼう」は、久々に満足した作品でした。
    ある程度の年齢の子どもからおとなまで、みんな楽しめるおはなしだと
    思います。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「オチ」がいいです

    「のっぺらぼう」って・・・
    なんとなくウル覚えのおはなしです
    怖い おはなしって
    子どもって好きですよね
    「怖さ」の加減がいろいろですけど
    程よく、わかりやすくーが
    民話にはあるように思います

    これ、これ・・・
    と、下読みして
    なるほど・・・

    「ど〜ん ち〜ん か〜ん」と似てます

    「のっぺらぼう」に逢って
    逃げて2回
    「こんな顔かい」が続いた後に
    また、「オチ」が待っています

    日本のおはなしのおもしろいところで
    怖さが、吹っ飛んでしまいます

    「小泉八雲」の作品にあるんだぁ・・・
    解説も、勉強になります

    夏に向けて、小学生にいいでしょうね

    掲載日:2017/06/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわい・・・

    絵のタッチもなんとなく不気味なので
    「おばけもの、こわいけど楽しい」みたいにはなりません。
    マジに怖いです。

    もっと怖がらせるためには、演技力でしょうか。
    あと、間をたっぷり取ったり
    逆にぱっと場面を変えたりして緩急をつければ
    ハラハラ感はさらに増すでしょう!!!

    掲載日:2014/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • こわーい。

    学校の読み聞かせで3年生に読みました。
    読み方によっては、かなり怖くなります。
    読む前に「やったー!こわいやつ!」と言ってた子どもたちも、「おいてけ〜」から女が出てくる辺りで、マジ顔に・・・(笑)
    ゆっくり読んで7〜8分です。

    掲載日:2012/11/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • きつねめ〜!

    のっぺらぼうの登場の仕方が古典的でいい!
    向こうからやってきた普通の女。
    「わたしがだれかしりたいかい」
    と、顔をつるんと撫でる。すると…。
    「ぎゃー!」
    命からがら逃げた先で、今遭った出来事を説明すると
    「ほうほう。で、こんな顔していたんじゃないですか」
    「ぎゃーっ!!」

    なかなか怖いです。どきどきします。
    最後に登場のきつねのセリフがまたいい!!
    ごんじゅうろうが聞いたら、きっと
    「きつねめ〜!!」と悔しがるでしょう。(笑)

    緊張のあとの「ほっ!」。娘も釘づけの展開でした☆

    掲載日:2011/06/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • の、のっぺらぼぉぉぉっ!

    絵が良い!
    北斎漫画に通じる様な人間の感情や可笑しさを巧く描いています
    読み手によって、いくらでも表現の幅が広がる面白い紙芝居で、間やセリフの強弱、濃淡で面白さや怖さも違ってくる、読み聞かせマニアの為の作品だと思います
    手に入って良かったぁぁぁぁっ!
    今回、ハローウィンが間近の時期に所属している読み聞かせサークルの10周年で記念に小学校の多目的室でお化けや仮装をテーマに仲間が絵本の登場人物になって絵本を投影しながら読み聞かせや実際に演じながらする飛び出す絵本等の企画の中で小生は上手い仲間とこれを読み聞かせしました
    小生はごんじゅうろう役でホッカムリして小芝居しながらやらせてもらいました
    子ども達も親御さん達も見入って怖がっていました
    色々な所でバンバン使っていきます(^O^)/

    掲載日:2017/12/11

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / あまがえるりょこうしゃ トンボいけたんけん / どこいったん / かにのしょうばい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット