たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

紙芝居 うみにしずんだおに」 みんなの声

紙芝居 うみにしずんだおに 作:松谷 みよ子
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784494074051
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,017
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 四国に伝わる伝説

    • たまっこママさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 女の子14歳、女の子12歳、女の子7歳

    四国にある大きい岩と小さな岩が並んでいる小さな島の伝説の話。
    大昔、土佐地方に嵐で大波が押し寄せたとき、
    勇敢な鬼が村を救ったというお話です。
    この話に出てくる鬼は、とっても心優しくとても思いやりがあります。
    その子供も泣き虫で、ほんとに鬼らしく無い鬼の親子す。
    この紙芝居を読んで、勇気とか思いやりとか、大切なことを考えさせられるお話でした。
    小学校の読み聞かせでも読んでみようと思います。

    掲載日:2008/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • ちょっと悲しいお話です。

    ハッピーエンドではありません。

    悲しいお話が苦手な子にはオススメしません。

    なんとも優しい鬼の親子のお話です。

    鬼の絵がかいてあったので怖いかもと思いましたが

    とんでもない!とっても切ないお話です。

    人間のためにひと肌ぬいで犠牲になる

    鬼にとても胸が痛みました。

    実際のその場所へ行ってみたいと思いました。

    ただ子供にはちょっと理解しがたいお話なので、

    それほど切なさは残らないかもしれません。

    掲載日:2013/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強くて優しい

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、男の子0歳

    大きくて怖いと思われている鬼が
    海が荒れて村人が困っていることをしり
    嵐の日に大きな岩を担ぎ海に出ます
    自分勝手で乱暴で・・という鬼のイメージを覆す絵本です
    「島ひきおに」と似たような意外性を感じ引き込まれてしまいました

    命を落としてまでという覚悟は
    なかなか共感まではしないけれど
    困った人を助けようと勇気を持って行動する強い男として
    息子の目には映ったようで
    何度も読んだ挙句、男は強くて優しくだね!って言ってました

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 3歳児には悲しすぎた?

    • 夜の樹さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    鬼のお話が大好きな3歳の子供が図書館で借りてきました。

    子供は楽しいお話だと思って借りたようです。
    が、読んでいくうちに段々と悲しい結末が予想され・・・。
    ラストは鬼が犠牲になり人間を守ってくれます。

    とっても素敵なお話でしたがうちの3歳児には悲しいイメージの方が強かったようです。
    もう少し成長してからもう一度読み直したいです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 四国の久礼に伝わる昔話

    • やや子さん
    • 30代
    • ママ
    • 沖縄県
    • 男の子6歳、男の子4歳、男の子1歳

    子どもが自分で選んで借りてきた紙芝居。
    私もどういうお話だろう?と思いながら読み聞かせてましたが、優しい勇気ある鬼の親子のお話で、結末には感動しました。
    昔話の口調なので子ども達も珍しく静かに聞き入っていました。
    優しい気持ちが伝わったと思います。

    掲載日:2009/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 昔話☆

    四国の土佐に伝わる、嵐の夜に波から陸を守ろうと自ら海の中に害って行った鬼のお話です。
    子鬼を守りながらも海に入っていく姿に、毎回読んでいてウルウルきてしまいます。。。
    昔話ならではの語り口調が多い紙芝居ですが、3歳〜5歳までの子がすぐにお話に入り込んでいました。
    集中して見ている静けさが印象的な読み聞かせでした。

    掲載日:2008/02/29

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おしいれのぼうけん / バムとケロのさむいあさ / おひさま あはは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『こえだのとうさん』 いとうさゆりさん インタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット