タケノコごはん タケノコごはん
文: 大島 渚 絵: 伊藤 秀男  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
故大島渚映画監督と、抜群のリアリティーを放つ絵本作家、伊藤秀男のコラボレーションでつづる「戦争」と「平和」のメッセージ。

紙芝居 かさじぞう」 みんなの声

紙芝居 かさじぞう 作:松谷 みよ子
絵:まつやまふみお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1973年03月
ISBN:9784494074075
評価スコア 4
評価ランキング 19,975
みんなの声 総数 4
「紙芝居 かさじぞう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 松谷さん

    松谷さんの作品が好きなのでこの紙芝居を選びました。主人公が自分のことよりもお地蔵様のことに機をかけて敬意を払っている姿に感動しました。昔の人がいかに正月を大切にしていたかを感じられるのがよかったです。雪が降る描写が圧巻でした。小さい頃にも読んだことがありますが名作はいつまでたっても素晴らしく色褪せない物だと再確認出来る紙芝居でした。

    掲載日:2010/10/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 優しい語りかけの文が嬉しい

    あまりにも有名で小さい頃から知っている「かさじぞう」です。紙芝居のかさじぞうもいいものだと思いました。松谷みよ子の優しい語りかけの文だから余計に思いました。絵も優しい絵なので、優しい気持ちになれました。

    掲載日:2017/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何度も読んだお話です

    有名なお話なので、自分も子供も

    何度も読んだお話ですが、紙芝居で読んでみたく

    なったので読みました。

    貧乏なおじいさんというのはお金があまりないおじいさん

    という認識が出てきたので、読んでいていろいろ

    感じたようです。

    どうしてお金がないのに、かさをお地蔵さんにあげたのか、

    優しい気持ちは伝わっていますが、不思議だったようです。

    私個人では、手ぶらで帰ったおじいさんを

    優しく迎えたおばあさんを見習いたいt思いました。

    お互いを思いやっていけば、いいこともあるんだと

    感じました。

    掲載日:2014/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古典なのでぜひ読んで欲しい

    読み聞かせ会で読んでもらった紙芝居です。

    日本の古典で誰でも知っているお話なので、ぜひ子供にも一度は読ませたいです。おじぞうさまに見返りを期待せず親切にするとお返しをされる話ですが、地蔵だろうと人間だろうと、他人には親切にしなさいと子供に教えたいです。

    おすすめ!

    掲載日:2011/04/18

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちが大好きなお店がいっぱい!楽しい「おかいもの」絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット