ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

歯いしゃのチュー先生」 みんなの声

歯いしゃのチュー先生 作・絵:ウィリアム・スタイグ
訳:内海 まお
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1991年
ISBN:9784566002906
評価スコア 4.81
評価ランキング 231
みんなの声 総数 42
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ
  • ユーモアとドキドキが交ざったお話

    ウィリアム・スタイグの『みにくいシュレック』や『ロバのシルベスターとまほうの小石』、『ピッツァぼうや』などの作品が大好きです。こちらもまたユーモアとドキドキが交ざった楽しいお話でした。
    食べられてしまうのでは?と心配しながらも、天敵のきつねの歯の治療をするねずみのチュー先生。対して、治療が終わったら先生を食べてやろうと考えているキツネ紳士。そのやりとりが笑えます。
    治療を受ける側に共感する絵本はありそうですが、先生側の気持ちになって読めるというのが楽しいなと思いました。
    子供たちも私もパパも、お気に入りの絵本です。

    掲載日:2014/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • チュー先生は、 はしごを使ったり 馬さん・ウしさんの歯を治してあげるとき クレーンのように宙づりになって 治療してあげるの!
    すごい!
    こんなに親身に治療してくれる歯医者さんはなかなかいませんよね

    その歯医者さんの看板に 「ネコやその他のきけんな動物はおことわり」と書いてありました

    だって ネコはねずみを食べるしね・・・・

    あら、きつねも、だましてねずみを食べるかも?
    それでも 歯が痛くて困っているキツネを治療してあげることに
    ここが チュー先生夫婦の優しいところですよね

    やっぱり きつねは 治療してもらったのに・・・  食べようという本能が頭をよぎるのですね(やっぱり、ずるいな〜)

    ところが チュー先生夫妻は、考えました!(がんばれ!と応援したくなりますよ!)
    なかなか Goodな知恵が浮かんだのですね! やったー
    「これは 私たちが つい最近 発見した、かっきてきなくすりです・・・・」
    きつねはもちろん塗ってもらいます
    結末は読んでの お楽しみに!
    スタイグさんの絵はなかなか 細かくて隅々まで楽しめますね
    最後の 階段は 大きいのと 小さいのこれも優しさですね!

    チュー先生たち これからも仲良く歯医者さんがんばってね!

    掲載日:2010/09/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子ども達の物まねに笑っちゃいました。

    • 西の魔女さん
    • 40代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子15歳、男の子11歳

    1〜3年生に読み聞かせしました。

    チュー先生夫婦が 
    キツネに食べられちゃうんじゃないかとハラハラしながらも
    次の場面を予想する声が聞こえました。
    「どうかな?」なんて相槌を打ちながら読み進めました。
    こんなコミュニケーションが楽しめました。
    そして最後の場面…
    チュー先生が身を守る為にキツネに施した治療に
    みんなクスクス。
    キツネの最後のセリフも大ウケ。
    歯を食いしばりながら みんながキツネの真似をし始めてしまい
    私も笑ってしまって なかなか終われませんでした。

    楽しい読み聞かせタイムになった1冊です。

    掲載日:2009/11/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • お話の展開がおもしろかったです!

    私自身も口腔ケアや歯の健康について関心があり
    大事にしているのでこの絵本も興味がありました。
    歯磨きや虫歯に対する絵本は数多くありますが、
    歯医者さんの立場、それも小動物のねずみ。
    自分より大きな動物の治療の方法が
    絵本でありながら興味深い。
    すごい発想ですね。
    自分が食べられるかもしれない動物の
    治療を頼まれたら。。。
    それもすごい話です。
    ユーモアとドキドキハラハラ。。
    頭のいい歯いしゃのチュー先生さすがです。
    とてもおもしろいストーリーだと思いました。

    掲載日:2016/07/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • チュー先生おみごと

    キツネの歯の治療をするネズミのチュー先生と、ネズミを食べようと思う患者のキツネの関係にハラハラドキドキしてしまう、面白いお話です。
    ネコの治療はしないというチュー先生ですが、大きな動物たちの治療を行うチュー先生に、なんと悪いキツネでしょうか。
    それだけに、チュー先生の最後のどんでん返しには拍手喝さいです。
    先んじて、山根基世さんの朗読を聞きました。
    それぞれのチュー先生、チュー先生の奥さん、キツネの表現がはっきりしているだけに、読み聞かせにピッタリの絵本だと思います。

    掲載日:2016/07/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 設定がおもしろい!

    4歳の息子と読みました。

    まずは設定がハチャメチャでおもしろかったです。
    ネズミの歯医者さんなので、大きい動物の歯をみるときの
    道具や器具類など、よく考えられていますし、
    大きな動物たちの口に入って治療をするという場面、
    「危険な動物お断り」看板も、クスっと笑ってしまいました。
    また、患者のキツネがネズミの先生を食べようと思ってしまうところなど。

    息子は興味津々で、チュー先生ご夫妻を応援していました。

    こういう設定のおかげでベタな展開にならず、
    とても新鮮に読めました。
    私も楽しかったです。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 食べないでね

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    スタイグさんのお話を何冊か読んで面白かったのでこちらも読んでみました。
    歯を治してもらっているのにも関わらずねずみのチュー先生を食べようとするきつね。
    恩知らずだなー、と言っても本能にはやはり勝てないのでしょうか。
    自分を食べようとしている存在の口の中に入って歯を治療する先生がまたすごいですね(←先生はしっかりときつねの食欲に気づいています)。
    このままでは食べられてしまう先生がとった行動は…?
    痛快なラストです。

    掲載日:2014/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名医のネズミ

    このお話は、腕のいい歯医者のねずみの夫婦のお話でした。うちの子はねずみが一生懸命に治療している姿がかわいいって言って楽しそうに見ていました。でも、キツネが患者としてやってきて食べられそうになるのを何とか試行錯誤して回避していたのが面白かったです。

    掲載日:2014/02/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白い!!

    「ロバのシルベスターとまほうの石」を書かれた作者だったので、読みたいなと思って借りました。

    チュー先生はねずみの先生。なので、大きな患者さんにははしごに上って治療。もっと大きな患者さんには宙吊りで患者さんの口に届く特別設備で治療。奥さんに手伝ってもらってですけどね。絵を見るだけで姉妹で笑っていました。

    ねずみなのでネコなど危険な動物は治療できません。そこにキツネが。このキツネとの知恵比べが始まります。それが楽しい。

    そしてこのねずみ先生夫婦ってとっても素敵なんです。あと、次女は歯磨き嫌いなんですが、この絵本で歯医者さんがよくわかったようで、ちゃんと歯磨き頑張るようです。

    オススメ絵本ですよー。

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯医者のチュー先生は名医でとても人気があるのですが、なんせねずみですから、見に危険が及ぶような動物の歯は診ません。当たり前ですよね! でも、哀れに思ってきつねを診てやることになったのですが... という話ですが、実に、センスのよい話でした。

    チュー先生が大きな動物に対して治療をする時に、長靴を履いて口の中に入るとか、ロープを腰に巻いて宙吊りになって治すとか、一体どこからそのユーモアがでてくるのでしょう! そして、よこしまな考えにとりつかれたキツネを最後にギャフンと言わせる妙案、本当にあっぱれです。

    とても楽しい本でした。息子とお互いに半分半分の読みあいをしたのですが、久し振りに、先が読みたくなる話でした。とてもお薦めです。

    掲載日:2012/08/21

    参考になりました
    感謝
    0

42件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(42人)

絵本の評価(4.81)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット